愛知県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.愛知県で骨董品を売りたいお客様へ

日本の工業の中心地、愛知県。それだけに昔から陶芸など工芸の生産も盛んな地域でした。中でも加藤民吉や加藤唐九郎といった陶工の作品は、今あらためて注目が集まっており、市場価格も上昇中。加えて無銘でも、江戸時代に作られたような、「瀬戸焼」の骨董品たち。これらも大注目となっています。家を整理したとか蔵を壊したとか、そんなときに出てきた愛知県ゆかりの骨董品、例えばそれの価値がわからなくても、ぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」にお問い合わせください。焼物だけでなく、銀瓶や鉄瓶と言った茶道具、刀剣や鎧といった武具、箪笥などの古民具も大歓迎。経験豊富な査定力で、それらの正当な価値を見出します。 多くの日本画家を生んだ愛知県は、近年では荒川修作や河原温といった現代美術のジャンルでも、数多く有名な作家を輩出しています。彼らの作品がお家に眠っているということはありませんか? 「骨董品・美術品買取コネクト」なら高価買取。私たちならではの豊富な販売チャンネルを活かして、お客様に有利な価格で買取させていただきます。 そして、忘れてはならないのが、日本以外の骨董品や美術品。中国や西洋のアンティークも「骨董品・美術品買取コネクト」は大得意としています。こちらの査定もお気軽にどうぞ。愛知県全域、お声掛けいただければ参上いたします。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.愛知県に関連する美術作家・人物

名前:青山 杉雨

出身地:愛知県江南市

20世紀に活躍した書道家。 従兄弟で中部日本書道会の中心人物だった大池晴嵐や、書家で勲一等瑞宝章を贈られた西川寧の下で書道に励み、1950年代には毎日書道展や日展審査員を勤めるようになりました。1966年には日本芸術院賞を受賞、1970年ごろに日展常任理事や芸術院会員となり、1992年には文化勲章を受章しています。 篆書、隷書、古文など、中国の古い書体を研究、自らも新しい書体を考案しました。1993年、80歳で死去。

名前:川合 玉堂

出身地:愛知県一宮市

明治から昭和期にかけて活躍した日本画家。 四条派や円山派を学び、1890年、17歳にして内国勧業博覧会に入選。上京し日本美術院に参加。1915年には東京美術学校で教授、1917年には帝室技芸員となり、1940年には文化勲章を受章しています。テーマは一貫して日本の四季、代表作に東京国立近代美術館に収蔵の「二日月」や「行く春」、「彩雨」、東京国立博物館に収蔵の「渓山四時図屏風」など。東京都青梅市には「玉堂美術館」が1961年にオープンしています。

名前:荻須 高徳

出身地:愛知県稲沢市

20世紀に活躍した洋画家。 愛知県立第三中学校を経て、1921年に川端画学校に入学、翌年には東京美術学校に入学し卒業した後にフランスへと渡りました。終生、パリを中心に創作を続け、1928年にはサロン・ドートンヌで入選、1938年には個展を開催するなど画家としてのキャリアを積み重ねました。同じくフランス在住で活躍した佐伯祐三との交流でも知られており、パリの街角をテーマに描いた作品を数多く残しています。1986年、84歳で死去。

名前:松井 守男

出身地:愛知県豊橋市

武蔵野美術大学を経てフランスに渡り、アカデミー・ジュリアンやパリ国立美術学校で学びました。現在もフランスで活動を続けており、個展の開催のほか、エールフランスの機内デザインも担当。2000年には芸術文化勲章シュバリエ、2003年にはレジオンドヌール勲章を受章しています。近年はコルシカ島に拠点を移し、豊かな自然を題材としており、2008年には長崎・大浦天主堂で個展が開催されました。一貫して故郷の豊橋筆で制作をおこなうことでも知られています。

名前:荒川 修作

出身地:愛知県名古屋市

昭和から平成期に活躍した芸術家。 愛知県立旭丘高等学校美術科を経て、武蔵野美術学校を中退。1961年に渡米し、公私ともにパートナーとなるマドリン・ギンズと知り合い、共同で作品の制作を始めます。1970年にヴェネツィア・ビエンナーレで代表作「意味のメカニズム」を出品、注目を集め世界的に高名な芸術家となりました。愛知県など中部地方の人々に馴染み深いのは、岐阜県にある不思議な公園「養老天命反転地」でしょうか。2010年、73歳で死去。

名前:河原 温

出身地:愛知県刈谷市

昭和から平成期に活躍した芸術家。 1950年代には日本で、1965年ごろからはアメリカを拠点として活動。河原の作品で最も知られているのが、制作された日付のみがキャンバスに描かれた「Today」シリーズ。日本の公立美術館がこの作品を購入するにあたって、作品が「芸術」なのか・否かという論争が起こったことを記憶している人も多いはず。他に「I READ」「I MET」など、芸術の根幹を問うような作品を数多く生み出しています。コンセプチュアル・アートの第一人者として世界的に有名。

名前:初代・加藤 民吉

出身地:愛知県瀬戸市

江戸時代の陶工。 九州地方の進んだ磁器の製法を学び、当時、最先端だった技術を瀬戸に持ち帰りました。その後、瀬戸染付と呼ばれる磁器の生産を開始、焼物産地として瀬戸を再興させました。鎌倉時代の陶工で、瀬戸市を中心とする陶器産業の礎を築いた加藤景正が「陶祖」と呼ばれていることに対して、加藤民吉は「磁祖」と呼ばれています。加藤民吉の一生はテレビドラマ化や舞台化、オペラ化もされており、多くの人々が知るところとなっています。

名前:加藤 唐九郎

出身地:愛知県瀬戸市

大正から昭和期にかけて活躍した陶芸家。 1914年ごろから本格的な作陶を開始、一方で瀬戸古窯の研究にも打ち込み、桃山時代の陶芸の再現を目指しました。1965年には毎日芸術賞を受章。建物に陶板を埋め込んで作品を造る「陶壁」で特に知られており、愛知県労働者研究センターや、西新橋・安芸路酔心東京本店などで作品を見ることが可能。唐九郎が作陶に打ち込んだ窯場は現在、翠松園陶芸記念館として一般公開されています。

名前:加藤 土師萌

出身地:愛知県瀬戸市

昭和期に活躍した陶芸家。 1926年、岐阜県陶器試験場に勤務しつつ作陶に励み、1927年、帝展に初入選、1937年にはパリ万国博覧会でグランプリを受賞しました。1955年に東京芸術大学に陶芸科が設立されると初代教授に就任。黄地紅彩など色絵磁器の技法を研究、確立し、人間国宝の認定を受けたほか、1967年には東京芸術大学の名誉教授に就任、紫綬褒章を受章しています。教え子には青森県出身の陶芸家・鳴海要など。

名前:加藤 昭男

出身地:愛知県瀬戸市

昭和から平成にかけて活躍した彫刻家。 愛知県立窯業学校、京都工業専門学校を経て、東京芸術大学で彫刻を学び、1974年には長野市野外彫刻賞や中原悌二郎賞優秀賞を受賞したのを始めとして、その後も数々の賞を受賞。加藤の作品は、全国の美術館に収蔵されているほか、松下政経塾アーチ正面や新瀬戸駅前広場などパブリックスペースに数多く設置されていることでも知られています。1994年に武蔵野美術大学教授。2004年には旭日小綬章を受章。2015年、87歳で死去。

5.愛知県で買取されたお客様の感想

お客様住所:愛知県小牧市M

品名:瀬戸焼 「麦藁手梅花形小鉢」

愛知県ゆかりのものということで、以前買い求めた瀬戸焼の小鉢です。江戸後期のものということで、素朴な形と麦藁手の模様を気に入っていたのですが、コレクションの生前整理を考えて「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いしました。連絡してからすぐに家まで来てくれましたし、接客態度も申し分ない。そして買取価格も満足いくものでした。骨董に興味のない家族に譲るよりは、誰か心ある人の手に渡ってくれればと思っています。

お客様住所:愛知県名古屋市

品名:漆芸一后「住吉蒔絵煮物椀」 輪島塗

正月のお雑煮用に奮発して、デパートで購入しました。しかし、あまりにも豪華な品だけに、正月にも使うこともなく長い間、しまったままになっていたものです。それぐらいならば買取ってもらおうかと思い「骨董品・美術品買取コネクト」に査定してもらったところ、充分納得できる価格を出してもらえましたから、納得してお譲りすることにしました。今ごろは、どこかお金持ちのお家の食卓に並んでいたりするのでしょうか? その後を想像するのも楽しいですね。

お客様住所:愛知県一宮市

品名:伊東深水 「初秋」掛け軸 他10点

祖父が集めていたという、掛け軸をまとめて「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。数が多いので査定に時間がかかったのですが、担当者の方は嫌な顔ひとつしませんでした。そんな接客態度にもひかれてお願いすることにしたのです。そして一本ずつ丁寧な査定の結果、出してもらった値段にも感激。中でも伊東深水の作品には、驚くほどの買取価格が付いたので心から満足しています。「骨董品・美術品買取コネクト」さん、信頼できる業者さんですね。

6.愛知県の人気の美術館

名前:名古屋市美術館

場所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17-25

川合玉堂や三岸節子、前田青邨ら名古屋市ゆかりの画家の作品を中心に収蔵しているのが「名古屋市美術館」。シャガールやモディリアーニ、ローランサンら20世紀初頭に活躍した、エコール・ド・パリの画家たちの作品や、メキシコ・ルネサンスの作品のコレクションでも有名です。他には、河原温や荒川修作ら愛知県出身の現代美術作家のものも収蔵していますから、こちらも見逃すことができないといえるでしょう。 位置するのは名古屋市の繁華街・栄にあり、豊かな緑で市民に愛されている白川公園。近隣に名古屋市科学館などもありますから、あわせて楽しみたいところ。建物は愛知県出身の建築家として名高い、黒川紀章の手によるものとなっています。

名前:名古屋ボストン美術館

場所:愛知県名古屋市中区金山町1丁目1-1

50万点を越えるという全米有数の所蔵点数で知られ、とりわけエジプト美術やフランス印象派の絵画のコレクションが有名なボストン美術館。そのコレクションを紹介する目的で1999年にオープンしたのが「名古屋ボストン美術館」です。ですから、他の美術館とは異なり自身のコレクションは所蔵していないのが大きな特徴となっています。 注目は、ボストン美術館の豊富なコレクションから作品をテーマ別で厳選・展示している数々の展覧会。オープン記念でおこなわれた「モネ、ルノワールと印象派の風景」からもわかる通り、高い人気の企画ばかりとなっており、他の美術館と比較しても決して劣らない魅力を持っているのです。 立地は金山駅前という、非常に便利なもの。開館以来大勢の人々が訪れています。

名前:メナード美術館

場所:愛知県小牧市小牧5丁目250

マネやルノワール、ゴッホ、マティス、セザンヌといった印象派を中心とした西洋絵画のコレクション。横山大観や尾形光琳、岸田劉生といった近代日本画たち。これらを一堂に集め展示しているのが「メナード美術館」。年間8万人を数えるという多くの来館者を集めているのは、これら充実した所蔵品があってのことでしょう。 愛知県とゆかりが深い作家の手によるものとしては、桃山期の陶芸の研究に尽力した陶芸家・加藤唐九郎の作品「黄瀬戸鉦鉢」。いにしえの技法を再現した作品の様子に、先人の知恵と加藤の努力を感じることができるはずです。 2009年にリニューアルオープンした美術館へのアクセスは、名古屋駅前からも豊富に用意されていますから、気軽に訪れてみたいですね。

7.愛知県の出張買取エリア

名古屋市 / 豊橋市 / 岡崎市 / 一宮市 / 瀬戸市 / 半田市 / 春日井市 / 豊川市 / 津島市 / 碧南市 / 刈谷市 / 豊田市 / 安城市 / 西尾市 / 蒲郡市 / 犬山市 / 常滑市 / 江南市 / 小牧市 / 稲沢市 / 新城市 / 東海市 / 大府市 / 知多市 / 知立市 / 尾張旭市 / 高浜市 / 岩倉市 / 豊明市 / 日進市 / 田原市 / 愛西市 / 清須市 / 北名古屋市 / 弥富市 / みよし市 / あま市 / 長久手市 / 東郷町 / 豊山町 / 大口町 / 扶桑町 / 大治町 / 蟹江町 / 飛島村 / 阿久比町 / 東浦町 / 南知多町 / 美浜町 / 武豊町 / 幸田町 / 設楽町 / 東栄町 / 豊根村 /