クルボアジェを高価買取!ブランデーの査定ポイントを徹底解説!

1.クルボアジェを売りたいお客様へ

クルボアジェはフランスで製造されているブランデーです。現在はビーム・サントリー傘下の蒸留所になっています。4大コニャックに数えられるほど知名度が高いブランデーですが、かつてのフランス帝国皇帝であったナポレオンが愛したことでも知られています。コニャックのグレード分けの草分け的存在でもあり、現在も多大な影響力を持っています。

2.クルボアジェについての解説

クルボアジェはVSからナポレオンまで、複数のグレードと銘柄に分けられています。日本では販売されていない希少銘柄も多く存在しており、熟成が長いものは高値で取引されています。世界的知名度を持つブランデーのため、ニーズが高いのも特徴です。

3.クルボアジェの歴史

クルボアジェは200年以上の歴史を持ちます。1809年にエマニュエル・クルボアジェとルイ・ギャロワが、パリに設立した企業がルーツです。その後は移転を行ってコニャックの製造を始めましたが、オリジナルの製法をずっと守り続けています。

4.クルボアジェの代表的な銘柄

クルボアジェの銘柄は多数ありますが、特に入門用として人気の高い銘柄が「XO」です。10年~20年以上熟成させた原酒をブレンドした銘柄で、クルボアジェの中でも最高級ランクに位置します。しかし価格は手頃になっており、気軽に芳醇なブランデーの味を楽しめることから人気です。日本でも様々なお店に売られているため、入手しやすいのも魅力と言えるでしょう。

5.クルボアジェの買取査定ポイント

クルボアジェの査定に影響するポイントは、銘柄の種類と化粧箱・替蓋の有無、熟成状態の3つです。銘柄により基本買取価格が変わるため、特に注意が必要です。また、化粧箱や替蓋が揃っていると買取価格がアップします。ただし、品質が劣化したものは大幅減額されるため、熟成状態にも注意しましょう。
  • 銘柄(グレード)
  • 化粧箱や替蓋の有無
  • 熟成状態

6.クルボアジェの取引相場価格

クルボアジェはニーズの高いブランデーですが、流通量が多い「VSOP」や「XO」など、ポピュラーな銘柄は数百円~千円台です。ただし、銘柄ごとの違いがあるので注意が必要です。特に一部の銘柄は高騰しており、高値が期待できます。 例えば「ナポレオン・インペリアルゴールド」はオークションなどで7千円前後の値が付いているほか、「ナポレオン・バカラボトル」は1万数千円台で取引されています。保存状態が良く、更に付属品付きの完品なら相場以上に跳ね上がる場合もあります。

7.クルボアジェの買取についてのまとめ

200年以上の古い歴史を持つクルボアジェは、ナポレオンが愛飲していた実績を持っており、世界的な知名度も高いブランデーです。コニャックの定番銘柄でもあり、日本での需要も多い点も特徴でしょう。買取も盛んなお酒ですが、一部の銘柄はさほど高くありません。しかし、1万円を超える銘柄もあるため、一度査定を受けてみるのが良いでしょう。