シャボーを高価買取!ブランデーの査定ポイントを徹底解説!

1.シャボーを売りたいお客様へ

シャボーはフランスで製造されているアルマニャックの一つであり、日本ではサントリーが販売を行っています。価格が手頃ながらも人気が高いブランデーで、買取や取引も盛んに行われています。世界的な知名度を持っており、100年以上続く名門メゾンが製造しています。ボトルデザインも独特で、「グースボトル」各種は特に人気がある銘柄です。

2.シャボーについての解説

シャボーはXOやナポレオンなど数種類の銘柄が製造されています。リカーショップなどでも購入できる手軽さが特徴で、特にXOはリーズナブルな価格から人気が高い銘柄になっています。蒸留から熟成までアルマニャックの伝統を守り続けており、バランスの良い味わいが魅力です。

3.シャボーの歴史

シャボーは1828年に創立されました。名前の由来は16世紀に活躍したフランスの海軍元帥、フィリップ・ド・シャボーから取られています。彼の末裔がブランド名にシャボーを冠しました。領地がアルマニャックにあったことなど、様々な繋がりもあります。

4.シャボーの代表的な銘柄

数あるシャボーの銘柄の中で、特に人気があるのは「XO」と「ナポレオン」の2つです。XOは20年以上熟成させた原酒をブレンドしており、長い熟成年数が生み出す刻のある味わいが特徴です。数あるXOの中では、手頃な価格で購入できます。もう一つのナポレオンは最もリーズナブルな銘柄です。買取価格も安いですが、フルーティで軽い味わいが楽しめます。

5.シャボーの買取査定ポイント

シャボーは銘柄によって基本買取相場が異なるため、銘柄には注意が必要です。また、熟成や保存状態が良いものは高値が期待できますが、逆に劣化したものは買取価格が下がってしまいます。ボトル・ラベルの状態も重要です。ボトルが汚れたものや、ラベルに汚れ・破れがあるシャボーは値が下がります。
  • 銘柄の種類
  • 熟成・保存状態
  • ボトルやラベルの状態

6.シャボーの取引相場価格

シャボーは価格がリーズナブルなこともあり、全体の買取相場はさほど高くはありません。しかし、希少性が高い一部の銘柄については高値で取引されています。特に高値が期待できる銘柄は「30年」です。およそ9千円ほどの相場になっています。 また、グースボトル各種の中では、ゴールドボトルの相場が高めです。状態にもよりますが、4千円台~5千円ほどの価格で取引されています。なお、XOやナポレオンなどは数百円ほどのため、他の銘柄ほどの高値は見込めません。

7.シャボーの買取についてのまとめ

200年近い歴史を持つシャボーは、アルマニャックの中でも特に流通量の多いのが特徴です。ポピュラーなアルマニャックであり、価格も手頃なことから、気軽に飲めるのが魅力と言えるでしょう。ただ、販売価格が手頃なため一部を除き買取相場が低めです。もしシャボーを売るのであれば、複数の業者に査定してもらうか、他のお酒と一緒に売るのが良いでしょう。