シャトーポーレを高価買取!ブランデーの査定ポイントを徹底解説!

1.シャトーポーレを売りたいお客様へ

シャトーポーレはスペインの王室でも愛飲されるほど知名度・実績があるコニャックです。自社でいっさいブドウ畑を保有しないというこだわりを古くから貫いており、他社の厳選された最高品質のブドウだけを使用して製造されています。優れたコニャックの一つであるとともに、数十年熟成させた銘柄もあります。一部銘柄は販売・買取価格が高くなっており、プレミアが付いているものも存在します。

2.シャトーポーレについての解説

シャトーポーレはポピュラーな銘柄から希少価値の高いものまで、多数の銘柄が販売されています。日本でもポピュラーなブランデーであり、特に「VSOP」は評価が高い一本です。どの銘柄もネットオークションでの取引が盛んで、買取のニーズも高いのが魅力です。

3.シャトーポーレの歴史

シャトーポーレは1848年に誕生しました。名前の由来は当時の拠点であった城「シャトー・ポーレ」から取られています。自社のブドウ畑はいっさい所有しておらず、厳選した4地区で栽培されたもののみを使用するなど、コニャック作りに強いこだわりを持っているネゴシアンです。

4.シャトーポーレの代表的な銘柄

シャトーポーレの代表的な銘柄は「ナポレオン・エクストラ」と「VSOP」の2つです。「ナポレオン・エクストラ」は7年~25年以上熟成した原酒を使用しており、深いコクのある味わいが特徴です。一方の「VSOP」は非常に評価が高い銘柄で、同クラスでは人気がある銘柄となっています。どちらもシャトーポーレらしい味わいを楽しめるうえ、世界的な評価を得ています。

5.シャトーポーレの買取査定ポイント

シャトーポーレの買取に影響するのは保存状態と銘柄(グレード)、付属品の3つです。特に保存状態は重要性が高く、良好に熟成が進んだものは付加価値が付く場合もあります。また、化粧箱などの付属品も重要です。紛失していると値が下がるため、全て揃っている状態で売るのが好ましいでしょう。
  • 保存状態
  • 銘柄・グレード
  • 箱などの付属品があるか

6.シャトーポーレの取引相場価格

シャトーポーレはオークションでも頻繁に取引されています。取引相場は銘柄ごとの差が大きいですが、「VSOP」は500円前後、「ナポレオン」各種は千円台の値が期待できます。 一方で取引相場が非常に高額な銘柄もあります。例えば「ラリック・クリスタルデキャンタ」は13~16万円、「ルイ16世・クリスタルボトル」なら5万円近い価格が期待できます。シャトーポーレは全体の取引相場が比較的高めで、「XO」のように、1万円以上の値が付いている銘柄は少なくありません。

7.シャトーポーレの買取についてのまとめ

自社でブドウ畑をいっさい所有しないこだわりを持つシャトーポーレは、製造に重きを置いているのが特徴です。世界的に親しまれているブランデーであり、流通量が多い銘柄もあれば、逆に希少価値が高い銘柄も存在します。家に眠っているシャトーポーレがお宝銘柄の可能性もあります。高値が期待できるコニャックですので、査定を受けてみると良いでしょう。