獺祭を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.獺祭を売りたいお客様へ

獺祭は山口の旭酒造株式会社が作っている日本酒です。日本酒ファンの間では知名度が高いお酒で、メディアでも取り上げられるほどの人気があります。遠心分離器を使用した独自の製法を導入しており、仕込みから出荷まで非常に長い月日をかけています。銘柄も数種類販売されていますが、一部は高騰しており、更にプレミアが付いています。

2.獺祭についての解説

獺祭は製法にこだわりがあります。洗米や蒸米、麹造りなどに多大な時間をかけており、更に徹底した温度・湿度管理の元で熟成を行っています。こうした手間暇をかけて生まれた獺祭は、世界的に評価される銘酒に仕上がります。

3.獺祭の歴史

獺祭を製造する旭酒造株式会社は、1770年に創業した歴史ある蔵元です。酒造りに強いこだわりを持っており、普通酒はいっさい作っていません。獺祭は焼酎ブームであった1980年代に誕生しましたが、現在旭酒造株式会社ではでは獺祭のみの製造を行っています。

4.獺祭の代表的な銘柄

獺祭を語る上で欠かせない銘柄が「純米大吟醸50」です。最も出荷本数が多い獺祭の代表銘柄で、入門用に最適な一本となっています。また、「純米大吟醸・磨き二割三分」も獺祭の代表銘柄です。品質の高さが最大の特徴で、25%まで磨き上げた山田錦を使用しています。日本酒の芳醇な香りと甘みが一緒に楽しめることから、特にファンが多い銘柄です。

5.獺祭の買取査定ポイント

獺祭の買取額を分けるポイントが瓶などの状態と付属品です。瓶やラベルが汚れていると買取にマイナスの影響を及ぼします。また、付属品がない場合も買取額は下がるので注意が必要です。なお、獺祭は銘柄ごとに相場が大きく変わります。気になる方は、実際に査定してもらうのが良いでしょう。
  • 瓶などに問題が無いか
  • 箱など付属品は揃っているか
  • 製品ごとに買取相場の違いが大きい

6.獺祭の取引相場価格

獺祭の買取相場は、500円~1万円超えと、非常に幅広く分布しています。1万円を超える価格で取引されているのは「磨き・その先へ」です。状態次第では1万3千円前後の価格が期待できます。他の銘柄はオークションでも1万円を超えることも少ないですが、「磨き2割3分・遠心分離」のように、5千円以上の値が期待できる銘柄もあります。 なお、最も買取相場が安いのは「純米大吟醸50」です。ただし、四合瓶で数百円、一升瓶なら千円以上の相場価格が付いているため、他の普通酒よりも高値が期待できます。

7.獺祭の買取についてのまとめ

旭酒造株式会社が作る獺祭は世界的な人気を誇っています。日本酒の中でも特に有名と言って良いですが、一部を除いて価格は手頃で、通販などで入手しやすいのが魅力です。一方、「磨き・その先へ」のように希少性・取引相場ともに高い銘柄もあります。ただし買取価格は銘柄次第ですので、業者の査定を受けてから検討すると良いでしょう。