田酒を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.田酒を売りたいお客様へ

田酒は青森にある西田酒造店が製造する日本酒です。少々マイナーな日本酒ですが、原料である米の風味を最大限活かしており、味は別格と評されるほどの人気を誇ります。販売・買取価格ともに高騰している日本酒の一種で、保存状態が良いものは高値で取引されています。味も良いと評判のため、売る価値が十分にあると言えるでしょう。

2.田酒についての解説

田酒は米にこだわりを持っており、名前の由来も田んぼから来ています。特に「華吹雪」と呼ばれる米を使った辛口のスッキリとした味わいが特徴です。純米大吟醸や特別純米など複数の銘柄を製造していますが、いずれも価格が高騰しています。

3.田酒の歴史

田酒を製造する西田酒造店は1878年に創業されました。以来様々な名酒を生み出しており、特に1974年に誕生した田酒は同酒造を代表する日本酒となっています。なお、他にも喜久泉など、全国的に有名な銘柄を製造しています。

4.田酒の代表的な銘柄

田酒は数種類の銘柄が販売されています。その中でも特に希少価値が高く、価格も高騰しているのが「斗瓶取り・純米大吟醸」です。他の日本酒と比べて買取価格は高めで、状態が良ければ更に高値が期待できます。また、原料に山田錦を使用した「純米大吟醸・四割五分」も人気が高くなっており、入手の困難性と相まって価格が高騰しています。

5.田酒の買取査定ポイント

田酒を高値で売るためのポイントは、コンディションと付属品の有無、売り方の3つです。田酒の瓶に汚れがあったり、ラベルが破れていると買取価格が大幅にダウンします。また、付属品を付けて売ると買取価格はアップしますが、売り方次第で価格が異なるので要注意です。
  • 瓶の汚れやラベルの状態
  • 付属品(化粧箱など)の有無
  • 売却方法(業者利用、オークションなど)

6.田酒の取引相場価格

田酒は買取価格が高いお酒の一つですが、一部はプレミアが付いています。特に高値取引されているのが「斗瓶取り・純米大吟醸」で、買取価格相場は8千円(一升瓶)ほどになっています。人気も高く、どの業者でも高値が期待できる銘柄です。 また、他に高値が期待できるのは「山廃・特別純米酒」と「純米大吟醸・四割五分」です。前者は3千円前後、後者は4千円程度が相場です。「斗瓶取り・純米大吟醸」ほど高騰していませんが、他の銘柄と比べて高値が期待できます。

7.田酒の買取についてのまとめ

西田酒造店が製造する田酒は、どの銘柄も入手が困難になっています。ネットオークションでも取引価格が高騰しているため、業者の買取でも高値が付くでしょう。ただし、日本酒は製造から1年以上が経つと風味が変化し、買取不可としている業者がほとんどです。田酒を売るのであれば、なるべく早めに査定してもらうことをおすすめします。