八海山を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.八海山を売りたいお客様へ

八海山は八海醸造が製造している日本酒です。地酒ブームを呼び起こした日本酒の一つで、現在でも知名度の高さは全国トップレベルとなっています。「特別本醸造」など、多くの銘柄が販売されており、いずれも手頃な価格で購入できるのが魅力です。業者による買取でもポピュラーなお酒ですが、銘柄によって買取相場が異なる点には注意が必要です。

2.八海山についての解説

八海山は全部で10種類以上の銘柄が販売されています。山田錦を始め数種類の米が使われており、銘柄ごとに異なる味わいを持つのが魅力となっています。好みの銘柄も人によるため、飲み比べるのが楽しい日本酒としても人気があります。

3.八海山の歴史

八海山を製造する八海醸造は1922年創業の老舗です。新潟では朝日酒造に次いで規模の大きなメーカーで、ビールや梅酒なども製造しています。まだ歴史は浅いですが、1987年に販売された「越乃寒梅」より人気が出始め、現在では定番の日本酒に数えられています。

4.八海山の代表的な銘柄

八海山を代表する銘柄は「特別本醸」と「吟醸」です。特別本醸はまろやかで飲みやすい口当たりになっており、初めて日本酒を嗜むにもおすすめの銘柄です。一方の吟醸は、山田錦や五百万石を使用した銘柄で、上品で日本酒ならではの味わいが楽しめます。八海山は他にも色んな銘柄が販売されており、それぞれが異なる味わいを持っています。

5.八海山の買取査定ポイント

八海山の買取価格を決めるポイントは銘柄にあります。査定してもらう銘柄により相場が変わるため、事前に調べてみると良いでしょう。また、箱などの付属品の有無や、製造年月日により買取価格が変わります。特に製造してから1年を過ぎると買取が難しく、値が付かないおそれもあります。
  • 箱が備わっているかどうか
  • 製造してから1年以内か
  • 銘柄により買取相場が変わる

6.八海山の取引相場価格

八海山の買取相場は銘柄により大きな違いがあります。全体的に千円以上で買取される銘柄が多いですが、特に高値が期待できる銘柄は「純米大吟醸酒・金剛心」です。通常のボトル(800ml)で4千円~5千円ほどの値が付いており、冬瓶(黒ボトル)であれば7千円前後に跳ね上がります。 また、定番銘柄の大吟醸は約3千円、純米吟醸で2千円ほどの相場になっています。八海山は大半の銘柄がオークションでも数千円台で売れるため、飲む予定が無いものは売却を検討してみましょう。

7.八海山の買取についてのまとめ

全国的な知名度を持つ八海山は、銘柄によって全く違う味わいを楽しめるのが魅力です。ファンも多い日本酒である一方、手頃な価格で入手できます。普段からお酒にも適しており、一定の需要があるのも特徴です。買取でも値が付きやすいお酒ですが、銘柄ごとに買取相場が違います。中には高値で売れる銘柄もあるため、一度査定を受けてみてはいかがでしょうか?