飛露喜を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.飛露喜を売りたいお客様へ

飛露喜は、福島県の会津にある廣木酒造が製造している日本酒です。かつての日本酒ブームを引き起こした銘酒の一つであり、現在でもその人気は衰えていません。定価での入手が非常に困難な日本酒で、オークションでも高値取引されています。それに合わせて業者の買取価格も高くなっており、銘柄によっては高値での売却が期待できます。

2.飛露喜についての解説

飛露喜は透明感が高く、スッキリとした日本酒本来の味を楽しめるのが特徴です。テレビの取材によって人気に火が付き、その後の日本酒ブームに合わせて注目されるようになりました。限定本数しか製造されておらず、希少性の高さは他の日本酒に引けを取りません。

3.飛露喜の歴史

飛露喜を製造する廣木酒造は古い歴史を持つ蔵元ですが、一時は廃業寸前にまで追い込まれました。しかし、当時20代だった廣木健司氏が酒造りを受け継ぎ、泉川が誕生してから潮目が変わります。泉川はその後飛露喜へと改名し、その風味が口コミで人気を呼び現在に至ります。

4.飛露喜の代表的な銘柄

飛露喜は吟醸酒や特別純米酒が数種類製造されています。中でも定番化しているのが「大吟醸・26BY」です。最も人気が高い銘柄であり、多くのファンが存在します。また、これと並んで定番となっているのが「純米大吟醸27BY」です。以前は「特撰純米吟醸」でしたが、その後純米大吟醸へと格上げされており、クリアな飲み口が人気になっています。

5.飛露喜の買取査定ポイント

飛露喜を買取査定してもらうポイントは、買取対象の飛露喜の種類と保管状態、ボトルやラベルのダメージの有無です。特に飛露喜は銘柄によって買取価格が変わります。また、汚れも査定に影響しますので、適切な場所で保管し、かつ汚れは拭き取った状態で査定を受けることが望まれます。
  • 飛露喜の種類
  • 日本酒の品質
  • ラベルとボトルの汚れの有無

6.飛露喜の取引相場価格

飛露喜は入手が困難ですが、ファンも多い日本酒の一つであり、軒並み高値で取引されています。最も高値が期待できる銘柄は大吟醸で、一升瓶なら7千円ほどが相場になっています。飛露喜の中では買取相場も高騰している銘柄です。 特別純米と特別純米かすみざけも高値取引されている銘柄です。いずれもオークションで4千円程度の相場になっており、日本酒の需要が高まる時期なら更に高値で売れる可能性もあります。ただし、見た目や品質の影響を受ける点には注意しましょう。

7.飛露喜の買取についてのまとめ

廣木酒造が製造する飛露喜は、入手性に難があることから、販売価格と買取価格ともに高騰しています。人気があるのでオークションでも高く売却できますが、業者の買取でも同等の値で買い取ってもらえます。特に保管状態が良い飛露喜なら、銘柄を問わず高値が期待できますので、飲む予定がないならぜひ売却してみてはいかがでしょうか。