磯自慢を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.磯自慢を売りたいお客様へ

磯自慢は静岡にある磯自慢酒造が製造している日本酒です。製造に南アルプスの水を使用しており、フルーツのような甘味が特徴になっています。色は透明度が非常に高く、スッキリとした飲み口に仕上げられています。ファンも多い一本で、特に魚介類との相性が良いと言われています。洞爺湖サミットでも振る舞われた実績があり、一部は買取価格も高騰しています。

2.磯自慢についての解説

磯自慢はイチローを始めとする著名人が愛飲しているお酒で、本数限定の銘柄も存在します。杜氏と蔵人が各年ごとの米の出来栄えや湿度・温度を見極め、徹底した管理の元で熟成を行っています。このように、酒造りへのこだわりの強さが特徴です。

3.磯自慢の歴史

磯自慢を製造する磯自慢酒造は、1830年創業の老舗の酒造メーカーです。それから150年以上を経た1983年、磯自慢の大吟醸が製品化されました。これが磯自慢酒造にとっての大きな転機となり、その後も色々な銘酒を生み出しています。

4.磯自慢の代表的な銘柄

磯自慢の代表銘柄と言えば「大吟醸28・Nobilmente」です。洞爺湖サミットで振る舞われた銘柄で、上品でフルーティな味わいが特徴となっています。山田錦を使っており、じっくり時間を掛けて熟成されています。また、「純米吟醸」も人気が高い銘柄の一つです。あっさりした風味で飲みやすく、特に魚料理との相性が良いと評価されています。

5.磯自慢の買取査定ポイント

磯自慢は、銘柄と瓶のサイズによって基準価格が変わります。特に銘柄ごとの違いは大きいため注意が必要です。また、瓶に汚れがあると買取価格がダウンします。買取前に埃などを拭き取っておきましょう。なお、業者ごとに買取価格が違うため、複数業者に査定してもらうことをおすすめします。
  • 銘柄と瓶のサイズ
  • 瓶の汚れの有無
  • 業者により買取価格が異なる

6.磯自慢の取引相場価格

磯自慢は一部銘柄が高額で取引されています。特に高値が付いているのは「純米大吟醸中取り35・Adagio」です。オークションなどでの取引相場は、四合瓶サイズで2万数千円になっており、保管状態が良好なものはそれ以上の値が期待できます。 他に買取相場が1万円を超える銘柄は「純米大吟醸35」と「大吟醸28・Nobilmente」です。前者は1万7千円、後者は1万2千円ほどの相場になっています。他の銘柄も買取相場が総じて高く、数千円で買取されるものが多めです。

7.磯自慢の買取についてのまとめ

磯自慢はイチローが愛飲したり、洞爺湖サミットで振る舞われたりなど、様々な実績を持っています。発売より数十年が経った今でも人気は衰えておらず、その味わい深さから多くのファンが存在します。買取相場も全体的に高めですので、売るに値する価値があります。特に一部は1万円を超えるため、お持ちなら査定を受けてみてはいかがでしょうか?