而今を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.而今を売りたいお客様へ

而今は三重の木屋酒造が製造する日本酒です。他の有名な日本酒と同じく全国区の銘酒で、東京や大阪で販売が開始されるも、瞬く間に人気が広まった経緯があります。ほのかな甘味とクリアな飲み口が人気を呼んでおり、ワインのような感覚で飲めるのが特徴です。現在はリピーターも多く、ユーザーからの評価も非常に高いお酒となっています。

2.而今についての解説

而今は10種類以上の銘柄が作られていますが、いずれも全国にある特約店でのみ売られています。希少性が非常に高く、入手も困難なお酒です。一部の銘柄には特に希少でプレミアが付いており、販売・買取価格どちらも高騰しています。

3.而今の歴史

而今を製造する木屋酒造は1818年創業の老舗酒造メーカーです。水・米・製法全てにこだわりを持っており、以前は「高砂」という地酒を作っていました。而今は、6代目の蔵元である大西唯克氏が2004年より製造を始めています。

4.而今の代表的な銘柄

而今の銘柄はバリエーション豊かで、それぞれで違う味を楽しめます。特に定番とも言えるのが特別純米の銘柄4種で、中でも「火入れ」は人気が高い一本です。生酒とは違う味を楽しめることから根強い人気があり、販売価格が高騰しています。また、「無濾過生」も代表銘柄です。米は五百万石を100%使用しており、火入れとは違ったクリアな飲み口が楽しめます。

5.而今の買取査定ポイント

而今を業者に査定してもらう場合、瓶やラベルの汚れに注意が必要です。また、製造年月日と保管状態により買取価格が前後しますが、劣化したものは買取不可となる可能性があります。而今は銘柄数も多い反面、買取相場は銘柄により違います。詳しく知りたい方は、一度査定を受けてみると良いでしょう。
  • 瓶の汚れ、ラベルの破れの有無
  • 品質(保管状態)
  • 銘柄により買取価格が違う

6.而今の取引相場価格

而今は全体的に買取相場が高くなっています。平均買取相場は5千円ほどですが、銘柄によっては1万円を超える買取が期待できます。特に高値が付いている銘柄は「純米大吟醸」です。四合瓶で1万4千円ほどの相場になっており、而今の中でも一際高値で取引されています。 次に高値が期待できるのは「特別純米・無濾過生」です。買取相場は、一升瓶で6千円~8千円となっています。ただ、而今は他の銘柄も軒並み高値が付いています。どの銘柄でも、他の日本酒より高値が期待できるでしょう。

7.而今の買取についてのまとめ

2004年に誕生した而今は、販売開始後すぐ人気に火が付き、その勢いが衰える気配は見られません。現在は色んな銘柄が販売されていますが、いずれも高騰しており、買取でさえ一本数千円もの値が付いています。売る価値が高いお酒と言えます。ただし、品質や製造年月日が買取価格に影響するため、保管状態や査定のタイミングには注意が必要です。