菊姫を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.菊姫を売りたいお客様へ

菊姫は石川の菊姫合資会社が製造している日本酒です。吟醸や大吟醸など幅広いバリエーションが特徴で、販売価格が1万円を超える高級銘柄も少なくありません。口に含んだ時の味わいが人気になっており、菊姫を好んで飲む方も大勢います。買取業者も高額査定している日本酒の一つで、保管状態が良好なものは高値買取が期待できます。

2.菊姫についての解説

菊姫は米に最高級と呼ばれる山田錦を使用しています。山田錦を使うことでスッキリした味わいに整っており、日本酒のほのかな余韻も楽しめます。価格帯は高めで、最も安い銘柄でも3千円ほどします。人気度の高さと合わせ、高値で取引されている日本酒です。

3.菊姫の歴史

酒造メーカーの菊姫は、1570年に創業した歴史ある蔵元です。400年以上に渡って自家精米で日本酒を作り続け、1968年に大吟醸の菊姫が発売されました。以来少しずつ銘柄が増え、現在は10種類以上の銘柄を製造しています。

4.菊姫の代表的な銘柄

菊姫を代表する銘柄は「山廃・純米無濾過・生原酒」です。高級な銘柄の一つですが、無濾過で原酒ならではの味を楽しめることから人気があります。冬季限定販売のため、希少性の高さも特筆すべき点です。もう一つの代表銘柄と言えるのが「大吟醸」です。「山廃・純米無濾過・生原酒」と並び、定番の銘柄になっており、長期熟成させることで深いコクを生み出しています。

5.菊姫の買取査定ポイント

菊姫の買取価格を分けるポイントは銘柄の種類です。銘柄によって買取金額が1万円以上変わります。また、製造年月日で買取の可否が決まるため、早めに売ることを心がけましょう。菊姫の保存状態や、瓶の汚れの有無も査定に影響します。保管には注意し、瓶の汚れは拭き取っておきましょう。
  • 銘柄の種類
  • 製造年度
  • 保存状態

6.菊姫の取引相場価格

菊姫は全体的に取引価格が高いお酒です。買取金額が低い銘柄でも千円程度で取引されており、最も高い銘柄の場合は1万円以上の値が付いています。取引相場が高いのは「菊理媛」と「黒吟・大吟醸」の2つです。いずれも一升瓶の相場が1万数千円台になっており、菊姫の中でも特に高値が期待できます。 また、「白吟・超吟」がオークションでも8千円前後で取引されています。「菊理媛」などには一歩及びませんが、人気のある銘柄のため売れやすく、取引相場も安定しています。

7.菊姫の買取についてのまとめ

米からこだわった菊姫は、どの銘柄も取引相場が高騰しており、業者も積極的に買取している日本酒です。「菊理媛」や「黒吟・大吟醸」は特に高値で、プレミアが付いていると言っても過言ではありません。しかし、他の銘柄も千円~数千円で売れる可能性があります。どの銘柄も人気があり、高く売れるのが菊姫の魅力と言えるでしょう。