黒龍を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.黒龍を売りたいお客様へ

黒龍は福井の黒龍酒造が製造する日本酒の一つです。数ある日本酒の中でも圧倒的な知名度を誇っており、あまり日本酒を飲まない方でも名前を知っている場合があるほどです。その知名度と同様に人気も高く、幻と呼ばれるほどの希少性があります。黒龍は様々な銘柄が販売されていますが、どれも人気があるため高値買取が期待できます。

2.黒龍についての解説

黒龍は誕生以降、ファンを徐々に増やしてきた日本酒の一つです。生存本数が少なく、販売価格・買取価格ともに高騰している銘柄もあります。中にはワインの熟成法を応用した銘柄もあり、他の日本酒には無い独特の風味を楽しめます。

3.黒龍の歴史

黒龍を製造する黒龍酒造は1804年に創業されました。200年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵であり、当時から土地柄を生かして様々な名酒を生み出してきました。黒龍は1975年に大吟醸・龍が誕生し、以来多くの日本酒ファンを虜にしています。

4.黒龍の代表的な銘柄

黒龍は複数の銘柄が販売されています。その中でも、黒龍を語る上で欠かせないのが「大吟醸・しずく」です。黒龍を代表する銘柄で、大吟醸酒としては圧倒的な人気度を誇ります。黒龍の名を全国へ広めた立役者でもあります。また、高級銘柄として有名な銘柄には「純米大吟醸・火いら寿」や「石田屋・純米大吟醸」があり、いずれも販売・買取価格が高騰しています。

5.黒龍の買取査定ポイント

黒龍は銘柄によって基本買取価格が変わるため、買取してもらう際は銘柄の種類に注意が必要です。また、日本酒全般は製造から1年が経過すると買取が難しくなります。製造年月日に注意し、早めに売ることを心がけましょう。なお、黒龍は箱が付属している銘柄もあります。付属品の有無が買取価格を左右する点にも注意しましょう。
  • 製造年月日
  • 箱など付属品の有無
  • 種類

6.黒龍の取引相場価格

黒龍は全体的に高値で取引されています。最も人気が高い「大吟醸・しずく」は相場も高値圏です。四合瓶で4~7千円、一升瓶で1万円程度の買取相場になっており、どの業者でも高価買取が期待できます。また、大吟醸・しずくと同様に高値で取引されているのが、「二左衛門・純米大吟醸」と「石田屋・純米大吟醸」です。状態によるものの、買取相場が1万5千円程度になっています。他の銘柄にしても、黒龍は数千円台で取引されているものがほとんどで、オークションでも同じような価格です。

7.黒龍の買取についてのまとめ

全国に多くのファンを持つ黒龍は、日本酒の中でも圧倒的な知名度を持ちます。販売価格も高値が付いていますが、その分買取においても高値が期待できます。一部の銘柄は1万円以上の相場になっており、それ以外でも数千円台で買取されています。いずれの銘柄も高く売れますので、飲んでいない黒龍があれば売却を検討してみましょう。