越乃景虎を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.越乃景虎を売りたいお客様へ

越乃景虎は新潟の諸橋酒造が製造しているお酒です。こだわりを持って作られた日本酒で、ほのかな甘味を持ちながらも、日本酒の辛味を感じられる独特の味わいが特徴です。多数の銘柄は販売されており、中には3年以上もの歳月をかけ、超長期熟成された高級銘柄もあります。ユーザーからの評判も良く、特に日本酒ファンの間では人気が高くなっています。

2.越乃景虎についての解説

越乃景虎は仕込み水に杜々の森の湧水を使い、手作りの製法を守り続けているなど、品質に強いこだわりを持って作られています。人気の高い銘柄も多い一方で、銘柄によっては期間限定販売になっており、更に希少性を高めています。

3.越乃景虎の歴史

越乃景虎を製造する諸橋酒造は、1847年創業の古い歴史を持つ蔵元です。様々な銘酒を生み出しましたが、その中の一つが越乃景虎です。青年時代の上杉謙信が「景虎」と呼ばれていたことから越乃景虎と名付けられました。なお、上杉謙信はこよなくお酒を愛したと言われています。

4.越乃景虎の代表的な銘柄

越乃景虎を代表する銘柄は「なまざけ」です。非常にファンが多い銘柄の一つであり、リーズナブルな価格が人気の理由になっています。辛口でスッキリした味わいで、越乃景虎入門にも最適な銘柄です。 「大吟醸秘蔵酒・雫酒」も代表的な銘柄です。期間限定販売の高級酒で、3年以上かけて熟成されています。奥深い味わいが魅力になっており、販売後はすぐ売り切れるほどの人気があります。

5.越乃景虎の買取査定ポイント

業者が越乃景虎を査定する際にチェックするポイントは、保管状態と瓶の見た目です。保管状態が良好で、見た目がきれいな越乃景虎なら上限での買取も期待できます。ただ、銘柄の種類によって基本買取価格が変わるうえ、製造年月日次第では買取不可となる可能性があります。できるだけ早く売ることが望ましいでしょう。
  • 保管状態と瓶のコンディション
  • 銘柄の種類
  • 製造年月日

6.越乃景虎の取引相場価格

越乃景虎はオークションをふくめた取引が少ないためか、一部を除いて相場がありません。相場が確立されているのは「純米大吟醸」で、四合瓶は千円、一升瓶なら2千円前後での買取が期待できます。その他の銘柄に関しては、大半の業者が見積もりを要しているため、まず査定を受けてみるのが良いでしょう。 なお、一般的な日本酒は販売価格の3~4割が買取相場になっています。例えば「大吟醸秘蔵酒・雫酒」の販売価格は2万円ほどのため、6千円~8千円程度が相場と考えられます。購入時の価格を参考に、相場を割り出してみるのも良いでしょう。

7.越乃景虎の買取についてのまとめ

製法にこだわりを持つ越乃景虎はファンも多く、甘みと辛味のバランスが取れているためか人気が高い日本酒です。買取はさほど盛んではありませんが、需要が根強いため売りやすいと言えます。もしお持ちなら買取を検討してみてはいかがでしょうか?ただし、製造年月日が買取の可否を決めるため、査定前に確認してみることをおすすめします。