久保田を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.久保田を売りたいお客様へ

久保田は、新潟の朝日酒造が製造する日本酒です。朝日酒造では洗心という日本酒も製造しています。久保田はいくつかの銘柄が販売されていますが、いずれも朝日酒造を代表する銘柄となっています。高級日本酒にふさわしい味わいで、銘柄を問わず人気があります。買取でも定番の日本酒ですが、一部の銘柄については高値で買取されています。

2.久保田についての解説

久保田は9種類の銘柄が製造されています。販売価格は四合瓶で千円台からとリーズナブルですが、一部に季節限定品や高級銘柄もあります。同じ久保田でも、銘柄によって味が変わるのが特徴で、個人に合わせた銘柄選びを楽しめます。

3.久保田の歴史

久保田の名称は、朝日酒造の旧名である久保田屋の名が冠されています。日本酒の久保田は、1985年に「千寿」と「百寿」の2銘柄が販売され、以後少しずつ銘柄が増えていきました。現在ではいくつかの限定品も販売されています。

4.久保田の代表的な銘柄

久保田は多くの銘柄が存在しますが、代表的な銘柄は「特別本醸造・百寿」です。1985年発売のロングセラーで、現在でも人気が高い銘柄になっています。また、百寿と並んで定番になっているのが「吟醸・千寿」です。こちらも百寿と同時に発売され、柔らかい飲み口が評判です。このほか、「純米大吟醸・萬寿」など高級な銘柄もあります。

5.久保田の買取査定ポイント

久保田の買取価格を決めるものは銘柄と大きさになります。これらによって、基本となる買取相場が変わります。また、お酒の保管状態も買取価格に影響してきます。味が変質したものは値が付かない場合もあるので注意が必要です。他にも、瓶やラベルの汚れが買取価格を左右します。
  • 銘柄と大きさ
  • コンディション
  • 汚れの有無

6.久保田の取引相場価格

久保田の買取相場は銘柄によって様変わりします。最も高値が付いているのは「万寿・無濾過・生原酒」です。希少性が高い銘柄の一つで、一升瓶なら8千円以上の相場でオークションでも取引されています。また、次いで価格が高いのが「萬寿」の一升瓶です。8千円程度で販売されていますが、買取相場は4千円前後になっており、半額程度で買取されています。 他にも久保田は様々な銘柄がありますが、買取相場は低くなっています。詳しく知りたい時は、業者の査定を受けてみると良いでしょう。

7.久保田の買取についてのまとめ

朝日酒造が製造する久保田は多くの銘柄があり、それぞれ異なる味わいを持つのが特徴です。販売価格・買取価格も銘柄により違いますが、万寿・無濾過・生原酒と萬寿の2銘柄は特に高値が期待できます。ただ、日本酒の査定では保管状態や、瓶の見た目もチェックされます。売る予定の方は、保管方法や瓶の汚れなどには気を付けましょう。