十四代を高価買取!日本酒の査定ポイントを徹底解説!

1.十四代を売りたいお客様へ

十四代は高木酒造が製造する日本酒です。銘柄のバリエーション数が非常に多いものの、いずれも高い人気を誇るのが特徴です。日本酒フリークの間では幻の日本酒とも呼ばれているほどで、販売されている多くの銘柄にプレミアが付いています。お酒の買取でも高値ができるため、もしお持ちなら売却を検討してみてはいかがでしょうか。

2.十四代についての解説

十四代は1年あたりの製造本数が限られており、販売価格が高騰している日本酒でもあります。正規価格での入手は困難を極めており、中には定価の数倍の値が付いた銘柄も存在します。味はスッキリと切れがあり、日本酒本来の味を楽しめるのが特徴です。

3.十四代の歴史

十四代を製造する高木酒造は、1615年より山形県で日本酒を作り続けているメーカーです。それまで朝日鷹と呼ばれていました。しかし、1993年に15代目となる高木顕統へと受け継がれ、初めて作られた朝日鷹が十四代に改名されました。

4.十四代の代表的な銘柄

十四代は20種類以上の銘柄が存在します。その中でも特に希少価値が高いのが「純米大吟醸・龍泉」です。販売価格が高騰した一本で、ファンからの人気の高さも頭一つ抜けています。他にも「純米中取り無濾過」は、ネット通販やオークションなどでも数万円の値が付いています。業者による買取でも高値が期待できる代表銘柄の一つです。

5.十四代の買取査定ポイント

十四代を買取査定してもらう上で重要な点が製造年月日です。製造から1年が過ぎたものは値が付かず、買取拒否している業者も少なくはありません。また、瓶が汚れていると見た目が悪くなり、買取価格を下げる原因となります。保管状態にも注意が必要です。冷暗所以外で保管すると、品質の劣化を招くおそれがあります。
  • 製造した日
  • 瓶の汚れの有無
  • コンディション

6.十四代の取引相場価格

十四代は入手が非常に困難な日本酒ですが、人気の高さを反映してか買取価格も高騰しています。ほとんどの銘柄が1万円以上の買取相場になっており、2~3万円の値が付く銘柄も少なくありません。しかし、その中でも一際目立つのが「純米大吟醸・龍泉」です。保管状態にもよりますが、単体で25万円以上の買取相場になっています。 また、「純米大吟醸・龍月・七垂二十貫」もオークションでも相場が10万円を超えており、「純米大吟醸・龍泉」同様に高値が期待できます。

7.十四代の買取についてのまとめ

幻の日本酒と呼ばれる十四代は、販売価格・買取価格ともに高騰しています。入手の難しさからプレミアが付いており、どの銘柄であっても高価買取してもらえるのが特徴です。一部は10万円以上の値が期待できますが、それ以外でも数万円で買い取ってもらえる銘柄ばかりです。お持ちの十四代があれば、ぜひ査定してもらうことをおすすめします。