萬膳を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.萬膳を売りたいお客様へ

萬膳は、鹿児島県の霧島市にある万膳酒造が製造している芋焼酎です。非常に小さな酒造メーカーですが、ここで生み出されている萬膳は高い評価を受けており、3Mに匹敵するレベルのプレミアが付いています。入手そのものが難しい焼酎の一つで、販売価格も定価以上になっています。買取価格も高騰しており、状態次第では高額査定が期待できます。

2.萬膳についての解説

萬膳は黒麹を使用したベーシックな芋焼酎ですが、霧島連山から湧き出る湧き水を使用しており、まろやかでコクがある味わいが評価されています。一方で製法にもこだわっており、特に製法は古くから続く方法を守り続けています。

3.萬膳の歴史

萬膳の製造を行っている万膳酒造は1922年創業の老舗で、霧島山中に小さい酒蔵を構えています。3代目が亡くなってからは酒の製造を停止し、酒の販売のみに注力していましたが、1999年より再開され、その際に萬膳が誕生しています。

4.萬膳の代表的な銘柄

萬膳には複数の銘柄があるものの、やはり定番人気となっているのは一升瓶の萬膳です。黒麹を使用しているため味にコクがあり、芋焼酎が苦手な方でも飲みやすい味わいに仕上がっています。もう一つの定番銘柄が「万膳庵」です。こちらは黄麹を使用している焼酎で、ろ過工程を最小限にしているため、非常に強いとろみを持っています。萬膳と同じく人気の高い銘柄です。

5.萬膳の買取査定ポイント

萬膳の買取価格に影響するのが銘柄と瓶の状態、そして保管状態の3つです。銘柄によって基本買取価格が変わるほか、瓶の汚れなどが査定に影響を与えます。しかし、特に気を付けたいのが保管状態です。変色したものは品質が劣化している可能性が高いため、買取で値が付かない可能性があります。
  • 銘柄
  • 瓶の状態(汚れの有無など)
  • 保管状態

6.萬膳の取引相場価格

萬膳は銘柄ごとの取引相場が大きく異なります。万膳庵は1本あたり千数百円と、さほど高値で買取されていませんが、平均相場は2千円ほどです。ただ、「匠の一滴」のように、買取相場が3~5千円程度の銘柄も多いほか、逆に1万円を超える銘柄もあります。特に高値取引されているのが「宿翁」です。業者によって若干異なるものの、3~4万円ほどの価格が見込めます。萬膳の中でも一際高値で取引されていますが、その分希少性も高いため、お持ちなら査定を受けてみると良いでしょう。

7.萬膳の買取についてのまとめ

霧島連山の湧き水を使用している萬膳は、まろやかで飲みやすい味わいが高く評価されています。一般的な焼酎に比べると高値で取引されており、一部は3Mかそれ以上のプレミアが付いています。ただし、実際の買取価格はコンディションなどの影響も受けるため、相場を下回る場合もあります。業者による違いも考えられますので、複数社から見積もりを貰うのもおすすめです。