魔王を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.魔王を売りたいお客様へ

魔王は鹿児島県の白玉醸造が製造する芋焼酎です。3Mと呼ばれているプレミア焼酎の一つで、他の銘柄と比べ希少価値の高さが大きな特徴です。特に焼酎ブームで人気に火が付き、それ以来定価を上回る価格で販売されています。ネットオークションなどでも軒並み高値になっていますが、買取も同様に高値傾向が続いています。そのため、高値買取が期待できる焼酎です。

2.魔王についての解説

魔王は黄麹を仕込みに使用しており、癖が少なく飲みやすいと言われています。名称も少々変わっており、熟成時に失われるお酒が天使の取り分と考え、それに関わる天使を誘惑する悪魔に由来して付けられています。その名に恥じず、多くのファンを虜にしている焼酎です。

3.魔王の歴史

白玉醸造は1912年に誕生した老舗の酒造メーカーです。魔王も古くから製造されていますが、2000年代前半に起こった焼酎ブームと、テレビなどで紹介されたことから人気に火が付き、一躍全国的な知名度を持つようになりました。それ以降希少性が高まっており、定価での入手が困難になっています。

4.魔王の代表的な銘柄

白玉醸造では様々な焼酎を製造していますが、現在の魔王は単一の銘柄となっています。このため、魔王自体が定番かつ代表銘柄となっており、人気やニーズが高い銘柄も特徴です。四合瓶と一升瓶がありますが、どちらも希少価値が高くなっています。ただ、過去には「長期熟成古酒」などいくつかの銘柄が販売されており、それらについての需要もあります。

5.魔王の買取査定ポイント

魔王の買取査定に影響を及ぼすのは、瓶のサイズとラベルなどの状態、そして化粧箱の有無です。瓶のサイズで基本買取相場が変わりますが、特に瓶とラベルの状態は重要性が高く、汚れなどがあると買取価格が下がります。また、化粧箱を紛失したものも値が下がりますので、揃えてから査定を受けるのが好ましいでしょう。
  • 瓶のサイズ
  • 瓶やラベルの状態
  • 化粧箱があるか

6.魔王の取引相場価格

魔王は一時期に比べて取引価格も落ち着いていますが、今なお定価以上の価格で販売されている銘柄です。時期により変わりますが、平均買取相場は四合瓶で千数百円、一升瓶サイズで2千円~5千円ほどです。ただし化粧箱の有無などで相場を下回る場合があります。 なお、魔王は他にも数種類の銘柄がありますが、その中で相場が1万円を超える銘柄が「長期熟成古酒」です。希少価値が高いためプレミアが付いており、一升瓶サイズで2万5千円以上の相場が付いています。

7.魔王の買取についてのまとめ

プレミア焼酎である3Mの一つに数えられ、焼酎ブームで一気に知名度を上げた魔王は、今なお高価格で取引されているのが特徴です。他の焼酎と比べても価格が高く、現在も定価での入手が難しい銘柄となっています。それに合わせて買取相場も高騰しており、四合瓶でも千円以上の価格が期待できます。飲む予定がない方は、買取を検討してみると良いでしょう。