八幡を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.八幡を売りたいお客様へ

八幡は鹿児島県の高良酒造が製造している焼酎の一つです。非常に小さい蔵元ですが、ここで生み出される八幡は全国的に知名度が高く、一時は入手困難性からプレミアも付いていたほどです。現在もやや入手が難しく、高値で取引されています。買取でも人気が高い焼酎の一つで、状態の影響は受けるものの、銘柄によっては高額買取が期待できます。

2.八幡についての解説

八幡は日本のみならず、世界的にも知名度がある焼酎です。アルコール度数は他の集中より高めなものの、深いコクと焼酎の甘みのバランスが評価されています。水割りやソーダ割りなどの割物はもちろん、ストレートでも飲みやすいのが魅力です。

3.八幡の歴史

八幡を製造している高良酒造は、1907年に創業しました。元々のルーツが神主という非常に珍しい歴史を持っており、家族経営を行っています。小さな蔵元ですが、多数の焼酎を製造しており、八幡もその中のうちの一つです。

4.八幡の代表的な銘柄

八幡の銘柄は様々ありますが、特に人気が高くなっているのが「ろかせず」です。一般的な焼酎は、製造工程の中でろ過し、雑味を取り除くようにしています。しかし、ろかせずは無ろ過のまま瓶詰めしており、焼酎本来の強い香りやコク、甘みを楽しめるのが特徴です。価格も高騰しており、希少価値の高さもトップクラスになっています。

5.八幡の買取査定ポイント

八幡の買取査定で注意しておきたいのが銘柄でしょう。買取価格が銘柄によって異なるため、事前に確認しておきましょう。ただし、保管状態とボトル・ラベルの汚れの有無も買取に影響を与えます。品質が劣化したものや、ラベルなどに汚れが付着したものは減額査定となるので注意が必要です。
  • 銘柄
  • 焼酎の保管状態
  • 汚れの有無

6.八幡の取引相場価格

八幡は買取でもポピュラーな焼酎で、相場が確立されているのも特徴です。現在は焼酎ブームの落ち着きから相場も安定傾向にありますが、他の焼酎に比べて高値が期待できます。買取相場は、通常の八幡(一升瓶)が千円~千数百円、ろかせずの一升瓶が2千円前後です。なお、「古八幡」もろかせずと同等の価値で取引されています。ただし、焼酎は相場が変動することも珍しくありません。もし売却するなら、必ず最新の相場をチェックしておきましょう。

7.八幡の買取についてのまとめ

小さい蔵元が生み出す八幡は、日本での知名度は非常に高いばかりか、海外でも人気があります。焼酎ブームの際には、どの銘柄もプレミアが付いていましたが、現在はある程度落ち着いた価格帯になっています。しかし、人気の高さから高額になりやすい特徴があります。売却を考えている場合は、一度八幡を業者に査定してもらってはいかがでしょうか?