バランタインを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.バランタインを売りたいお客様へ

バランタインは日本での知名度が高いスコッチウイスキーの一つです。製造メーカーは古い歴史を持っており、世界的にも有名かつ人気があります。特に「17年」は圧倒的な知名度があり、「魔法のスコッチ」とも呼ばれています。軽やかで丸い甘みを楽しめるウイスキーであり、買取りでも人気の高いお酒です。一部の銘柄については高値が付いています。

2.バランタインについての解説

バランタインは、日本国内で6種類ほどが販売されています。銘柄によっては賞も受賞しており、その実績から世界的な評価を得ていることが分かります。数あるスコッチウイスキーの中でも、特に根強い支持を得ている証拠と言えます。

3.バランタインの歴史

バランタインを製造するジョージ・バランタイン&サン社は、19世紀初頭にジョージ・バランタインが設立した会社が前身です。1895年にはイギリス王室のお墨付きを得るなど輝かしい実績を持ちますが、20世紀以降は幾度か経営権が変わるなど、いくつかの紆余曲折を経て現在に至ります。

4.バランタインの代表的な銘柄

バランタインで最も有名な銘柄は「17年」です。先述の通り魔法のスコッチの名を持つ銘柄で、定番中の定番となっています。その味わいも評価が高く、バニラフレーバーのような香りを楽しめるのが特徴です。「ファイネスト」も代表的な銘柄です。バランタインの中でもベストセラーになっており、熟成された40種類ものモルトをブレンドして作られています。

5.バランタインの買取査定ポイント

バランタインの買取で注意したい点は、付属品と容器の汚れ、中身の状態です。付属品を紛失したり、容器・ラベルが汚れていると買取価格が下がります。また、中身が変色したものも買取価格が大幅ダウンし、目減りなど状態によっては査定で値が付きません。保管状態には注意が必要です。
  • 付属品(箱など)の紛失
  • 容器やラベルの汚れ
  • 中身の変色

6.バランタインの取引相場価格

バランタインの中で、最も高値が期待できる銘柄は「30年」です。熟成期間が一番長い銘柄で、取引相場も1万円前後になっています。保管状態が良く、更に熟成が進んだものはプレミアが付く可能性もあります。なお、「17年・スキャパエディション」も1万円以上の相場が付いています。 他の銘柄は相場も少々下がりますが、「17年」や「21年」などは保管状態次第で数千円台が期待できます。ただ、「12年」のみ買取相場も低く、数百円になっているので注意が必要です。

7.バランタインの買取についてのまとめ

スコッチウイスキーの中でも、古い歴史と圧倒的な知名度を持つバランタインは、日本でも人気が高く、常にニーズのあるウイスキーです。業者も積極的に買い取っていますので、処分に困っている方は査定を受けてみるのも良いでしょう。ただ、買取価格は保管状態などが影響します。特に汚れや品質の劣化は減額査定となるため注意しましょう。