ジョニーウォーカーを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ジョニーウォーカーを売りたいお客様へ

ジョニーウォーカーは、世界的に圧倒的な知名度を持つスコッチウイスキーです。世界で一番売れているとも言われており、ウイスキーに詳しくない方でも、ジョニーウォーカーは知っている場合もあるほど有名です。3種類のラベルに分類されており、それぞれで異なる味わいを楽しめます。人それぞれで好みの銘柄が変わる、非常に珍しいウイスキーと言えるでしょう。

2.ジョニーウォーカーについての解説

ジョニーウォーカーはレッド・ブルー・ブラックの各ラベルがあります。レッドが一番ポピュラーで、ブルー・ブラックは一部高級な銘柄も作られています。全てを合わせると、年間1億本以上が売れており、更には世界200カ国以上で親しまれています。

3.ジョニーウォーカーの歴史

ジョニーウォーカーは、19世紀中頃にジョン・ウォーカーが販売していたウイスキーが源流です。1857年にジョン・ウォーカーは亡くなりましたが、家族がウイスキーで会社を立ち上げ、孫のアレクサンダー・ウォーカーが現在まで至るジョニーウォーカーの礎を築きました。

4.ジョニーウォーカーの代表的な銘柄

ジョニーウォーカーはラベル別に定番の銘柄が存在します。特に有名なものは、ジョニ黒の愛称で親しまれる「ブラックラベル・12年」です。価格も安く、リカーショップなどでも気軽に購入できます。また、ジョニ青で有名な銘柄が「ブルーラベル」で、ジョニーウォーカーの中では最も高値が付いています。そしてジョニ赤と呼ばれているのが「赤ラベル」で、色んなウイスキーをブレンドしており、価格も一番リーズナブルになっています。

5.ジョニーウォーカーの買取査定ポイント

ジョニーウォーカーの査定で重要なポイントは、ボトルや保管状態と箱などの有無です。容器が綺麗で、かつ適切に保管されたものは買取上限に近い価格も期待できます。ただし、箱などを紛失すると値が下がるので注意しましょう。なお、ジョニーウォーカーは様々な銘柄がありますが、主にラベルによって買取基準が変わります。
  • ボトルのコンディション
  • 箱などの有無
  • ラベルにより買取基準が変わる

6.ジョニーウォーカーの取引相場価格

ジョニーウォーカーの取引相場は、ラベルごとに大きな違いがあります。特に高値を期待できるのは「ブルーラベル」で、一本あたり5千円前後の買取価格が期待できます。ブルーラベルの中でも、「キングジョージ5世」は1万円以上の相場が付いています。なお、旧ボトルであれば更に価格が高騰し、オークションでも人気です 一方、定番銘柄となっているジョニ黒は、元々の販売価格が手頃なためか、買取相場も500円程度です。ジョニ赤も数百円台になっていますので、この2つは他のお酒と一緒に売るのが望ましいでしょう。

7.ジョニーウォーカーの買取についてのまとめ

数あるスコッチウイスキーの中でも、ジョニーウォーカーは世界で最も有名と言っても過言ではありません。販売本数年間1億本以上という実績から見ても、知名度は頭一つ抜けていると言えるでしょう。買取も盛んなため相場も確立されていますが、ジョニ黒・赤は相場が安めです。ただ、他の銘柄は数千円で売れる場合もあるため、査定を受けてみると良いでしょう。