ローズバンクを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ローズバンクを売りたいお客様へ

ローズバンクは希少性の高さが特徴のスコッチウイスキーです。非常に古い歴史を持ったウイスキーの一つですが、1993年に蒸留所が閉鎖されてしまい、現在は製造が終了しています。このため、現存するローズバンクは限られていると考えられており、販売・買取価格ともに高くなっています。もし眠っているローズバンクがあれば、業者の査定を受けてみると良いでしょう。

2.ローズバンクについての解説

ローズバンクはスコットランドのファルカーク村の蒸留所で作られていました。3回蒸留によって作られており、穀物のような独特の香りと甘み、そして深いコクのある味わいが特徴です。一方で、スモーキーな深く長い余韻も楽しめます。

3.ローズバンクの歴史

ローズバンクを製造していた蒸留所は18世紀の後半に設立されました。創業以後は様々なウイスキーを作っていましたが、1980年代から訪れたウイスキーの供給過多の影響を受け、1993年に廃業してしまいました。今は蒸留所の面影無く、建物も改築されています。

4.ローズバンクの代表的な銘柄

ローズバンクはすでに製造が終了されていますが、ユナイテッド・ディスティラリーズ社がボトラーズ製品をいくつか販売しています。その中でも定番となっているものが、「12年・花と動物シリーズ」です。UD社が販売した限定品ですが、ローズバンクの銘柄の中では知名度も高く、今では希少性に拍車が掛かっています。入手性も非常に困難なため、買取でも高値が期待できる銘柄です。

5.ローズバンクの買取査定ポイント

ローズバンクの買取価格に影響するポイントは、ボトルの状態とウイスキーの品質です。ラベルの破れが無く、ボトルがきれいな状態のローズバンクや、保管状態が良好なものは買取上限金額で買い取ってもらえる可能性があります。なお、ローズバンクは製造が終了しているため、どの銘柄でも高値買取が期待できます。
  • ボトルのコンディション
  • ウイスキーの品質
  • どの銘柄も高値が期待できる

6.ローズバンクの取引相場価格

ローズバンクの買取相場な軒並み高騰しています。オークションでも数万円の値が付いており、業者による買取りでも一部は10万円以上の価格が付いています。平均相場も6万円前後になっており、銘柄によらず高く売れるのが特徴です。 特に買取相場が高い銘柄は「20年・アンブレンデッド・シングルモルト」です。業者の買取でも12万円程度の相場となっています。熟成期間が最も短い「8年・シングルモルト」も5万円台の値が付いており、ローズバンクの買取相場の高さが伺えます。

7.ローズバンクの買取についてのまとめ

非常に古い歴史を持ちながらも、1993年に製造が終了されたローズバンクは、現在プレミアウイスキーの一つになっています。入手が非常に難しく、販売価格は高騰しているためか、全体の買取相場も高値が続いています。もし家庭に眠っているなら、売却を検討してみてはいかがでしょうか。熟成の状態次第では付加価値が付き、更なる高値が付く可能性もあります。