竹鶴を高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.竹鶴を売りたいお客様へ

竹鶴はニッカウイスキーが製造するウイスキーです。販売はアサヒビールですが、数種類の銘柄がラインナップされています。雑味が少なく飲みやすいと評判で、ウイスキーの入門用には最適です。テレビドラマで人気に火が付いたと言われており、今なお衰える気配がありません。このような事情から一部銘柄は高騰しており、買取でもプレミアが付いています。

2.竹鶴についての解説

竹鶴は原酒を100%使用したピュアモルトで、ニッカウイスキーを代表する銘柄にもなっています。ISCの金・銀各賞を始め、海外で様々な賞を受賞した実績を持っており、世界的な知名度と人気度が非常に高いウイスキーです。

3.竹鶴の歴史

竹鶴は2000年に「12年・ピュアモルト」が販売されました。飲みやすさを追求したピュアモルトを目標に開発され、販売終了品を含め多数の銘柄が製造されています。なお、竹鶴という名称は、当時相談役だった竹鶴威氏が名付けたと言われています。

4.竹鶴の代表的な銘柄

竹鶴を代表する銘柄は「12年・ピュアモルト」ですが、残念ながら2014年に製造が終了されています。現在は複数の銘柄があり、いずれも竹鶴を代表する銘柄と言えますが、人気が高いのは「ピュアモルト(ノーマル)」です。販売価格が最も安く、手頃に買えることから売れ筋銘柄となっています。買取価格も高めで、ニーズの強さがうかがえる銘柄です。

5.竹鶴の買取査定ポイント

竹鶴の査定で見られるポイントは、種類と容器の状態です。種類によって基準価格が変わるほか、汚れの有無で買取価格が上下します。ただし、割れ・欠けがあると買い取りできない場合があります。綺麗な状態で売れば値が下がりにくいため、簡単に掃除して査定を受けると良いでしょう。
  • 銘柄と容器の状態
  • 割れや欠けが無いか
  • 綺麗な状態で売ると値が下がりにくい

6.竹鶴の取引相場価格

竹鶴の取引価格は銘柄による違いが大きく現れています。最もポピュラーな「ピュアモルト」は、一本あたり千円ほどの価格で買取・オークション取引されていますが、製造が終了した「12年・ピュアモルト」は1万円、「17年・ピュアモルト」なら1万5千円程度の価格が期待できます。 熟成年数が長い銘柄ほど高値で取引されており、特に希少性が高い「35年・ピュアモルト」は20万円を超えています。大半の銘柄が高価格で取引されているのが竹鶴の特徴と言えます。

7.竹鶴の買取についてのまとめ

ニッカウイスキーを代表する竹鶴は、様々な賞を受賞するほどの実績を持つウイスキーです。現在でも一部を除いて高い価格で取引されており、大半の銘柄が1万円を超える買取相場になっています。ボトルのコンディションなどには注意が必要ですが、数万円が期待できるものも少なくありません。自宅に眠った竹鶴がある方は、一度業者に査定してもらってはいかがですか?