ワイルドターキーを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ワイルドターキーを売りたいお客様へ

ワイルドターキーはバーボンウイスキーの一種です。世界的に最も知名度が高いバーボンで、スパイシーな香りと深い甘みを両立した味わいが魅力となっています。販売価格は手頃な部類に入りますが、1万円を超える比較的高値の銘柄もあります。お酒買取業者の買取でもポピュラーなウイスキーであり、人気が高いことから買取相場も安定しています。

2.ワイルドターキーについての解説

ワイルドターキーは穀物の配合比率などを一切公開していないことで有名です。ライ麦や大麦を多めに使っていますが、実際の製法などは非公開になっており、蒸留所設立当初より独自の味わいを保ち続けています。このようなこだわりが、ワイルドターキーの人気にも貢献していると言えます。

3.ワイルドターキーの歴史

ワイルドターキーを製造する蒸留所は1869年に設立されたリピー蒸留所が母体で、1970年にオースティン・ニコルズ社が買収しました。ワイルドターキーの名称は、1940年代に当時のオースティン・ニコルズの社長が仲間にバーボンを振る舞い、仲間が七面鳥にちなんだ名前を付けたことが由来です。

4.ワイルドターキーの代表的な銘柄

ワイルドターキーを代表する銘柄は「スタンダート」です。最もベーシックなバーボンウイスキーで、6~8年ほど熟成した原酒をブレンドしています。しかし、着色料が使われておらず、ウイスキー本来の味を楽しめるのが特徴です。もう一つの定番が「8年」です。スタンダートよりも熟成年数が長く、甘い香りと深いコクが際立った銘柄になっています。

5.ワイルドターキーの買取査定ポイント

ワイルドターキーを買取査定してもらう時、特に重要なポイントは保管状態です。適切な保管がされていないと、品質が劣化している可能性があるため、買取価格も下がってしまいます。また、ボトルやラベルの汚れ、箱・替え栓など付属品の有無も影響するため、査定を受ける前に確認しておきましょう。
  • ウイスキーの保管状態
  • ラベルなどの汚れの程度
  • 箱や替え栓の有無

6.ワイルドターキーの取引相場価格

ワイルドターキーは相場も安定しています。取引価格は銘柄により数千円~数万円と幅広いですが、比較的高値で売れる銘柄が多めです。数ある資格の銘柄の中でも高値が期待できるものは、「12年・ホワイトラベル」や「15年・トリビュート」です。いずれも5~6万円の買取相場になっており、熟成状態やボトルのコンディション次第では更に高値が期待できます。他にも「12年・ゴールドラベル」や「17年」など、買取・オークション取引相場が2万円を超える銘柄が多数あります。

7.ワイルドターキーの買取についてのまとめ

バーボンウイスキーの中でも、特に知名度があるワイルドターキーは、ニーズの高さも大きな魅力です。どの銘柄も一定の人気があり、業者の買取でも定番ウイスキーとなっています。一部は数万円台のプレミアも付いており、全体的に高値が期待できるのも魅力と言えます。ただし、保管状態なども影響しますので、相場を下回る可能性があることに気を付けましょう。