リシュブールを高価買取!ワインの査定ポイントを徹底解説!

1.リシュブールを売りたいお客様へ

リシュブールはフランスのブルゴーニュ地方で作られているワインの総称であるとともに、特級畑(グラン・クリュ)の名称です。ヴォーヌ・ロマネ村に8ヘクタールほどの畑がありますが、そこで生み出されるワインは非常に高価で、一本数十万円の銘柄も少なくありません。販売価格が高いことから買取価格も高騰しており、ヴィンテージ次第ではプレミア価格が期待できます。

2.リシュブールについての解説

リシュブールは10人ほどのドメーヌ(生産者)がおり、この畑で作られるワイン全てがリシュブールの名称を冠しています。ロマネ・コンティ(DRC)やアンリ・ジャイエ、ジャン・グリヴォなど有名なドメーヌも多くいます。ブドウ畑ではピノ・ノワールが栽培されており、毎年一定数の赤ワインが作られています。

3.リシュブールの歴史

リシュブールの畑はコート・ドールの丘にあり、総面積は8ヘクタールほどです。詳しい歴史は定かになっていませんが、周辺には多数のグラン・クリュがあり、いずれも古い歴史を持つことから、リシュブールも相応に古い歴史を持つと考えられています。

4.リシュブールの代表的な銘柄

リシュブールの代表的な銘柄は、DRCが作るものと、アンリ・ジャイエが生み出す銘柄です。DRCのリシュブールは年間1万本程度しか作られておらず、一本あたり数十万円で販売されています。一方アンリ・ジャイエのリシュブールは0.3ヘクタールの畑で作られており、希少価値がDRCのものを上回ります。このため、世界で最も高価なワインとも評されています。

5.リシュブールの買取査定ポイント

リシュブールの基本買取価格に関わるのがドメーヌとヴィンテージです。ドメーヌにより希少価値が変わるほか、ヴィンテージが査定に影響します。また、ワインの保存状態や付属品も大切です。特に品質が査定に与える影響は大きく、風味が劣化したものは大幅減額される可能性があります。
  • ドメーヌとヴィンテージ
  • ワインの保存状態
  • 化粧箱や付属品の状態

6.リシュブールの取引相場価格

リシュブールで盛んに買い取りされているのは、DRCの銘柄とアンリ・ジャイエの銘柄です。それ以外のリシュブールは相場が無いため、業者により買取価格が変わる可能性もあります。 DRCのリシュブールは相場が安定しており、一本あたり10万円前後の価格で取引されています。特に2009年・2012年は高騰しており、15万円以上の価格も期待できます。一方のアンリ・ジャイエはどのヴィンテージも高く、50万円前後の値が付くことも珍しくありません。特に1985年の銘柄は70万円近い価値があります。

7.リシュブールの買取についてのまとめ

わずか8ヘクタールの畑から生み出されるリシュブールは、ドメーヌごとに価値が変わるのが特徴です。世界的な知名度を持つのはDRCですが、アンリ・ジャイエのように世界最高級ワインと評されるドメーヌもいます。銘柄ごとではあるものの、一本数万円~数十万円の価格が期待できます。もし眠らせたリシュブールがあるなら、業者に買取してもらってはいかがでしょうか?