シャトー・ペトリュスを高価買取!ワインの査定ポイントを徹底解説!

1.シャトー・ペトリュスを売りたいお客様へ

シャトー・ペトリュスは、5大シャトーをも凌ぐと言われる希少性と価値を持ったボルドーワインです。ヴィンテージによっては、ロマネコンティに匹敵する価格で取引されており、世界でも特に高価なワインと言われています。流通数が少ないため、販売価格も高止まりしています。買取でも高値が期待できる銘柄ですが、ヴィンテージにより価値が大きく変わります。

2.シャトー・ペトリュスについての解説

シャトー・ペトリュスは約11ヘクタールの畑でブドウを栽培し、ほぼメルロー種を使用しています。しかし、ブドウを間引くなどして限られたものしか使わないため、年間数千ケースしか製造されていません。このため、市場の流通数も極僅かであり、価格が高騰しています。

3.シャトー・ペトリュスの歴史

シャトー・ペトリュスの歴史は定かではありませんが、19世紀の文献には「ペトリュス」の名が登場しています。シャトー・ペトリュスの知名度が一気に広まったのは、1889年に開催されたパリの博覧会がきっかけです。この時に金賞を受賞し、ヨーロッパから更に世界へと広まっていきました。

4.シャトー・ペトリュスの代表的な銘柄

シャトー・ペトリュスの中で特に有名な当たり年が1984年です。世界的に高い評価を得ているヴィンテージで、更に繊細なシャトー・ペトリュスの味を楽しめると評判になっています。また、1989年・1990年に作られたものも評価が高く、ワイン評論家が満点を付けたことから価格が跳ね上がっています。他にも2000年・2002年製造のシャトー・ペトリュスは当たり年と言われており、買取でも高値が期待できます。

5.シャトー・ペトリュスの買取査定ポイント

シャトー・ペトリュスの査定でチェックされるポイントは、ボトルとラベルの状態、ヴィンテージです。特に買取価格を左右するのがヴィンテージでしょう。当たり年に作られたシャトー・ペトリュスと、それ以外では買取価格に大きな違いが現れます。ただし、ラベルの汚れや破れがあると減額されるので注意が必要です。
  • ボトルの状態
  • ラベルの汚れ・破れの有無
  • 当たり年か否か

6.シャトー・ペトリュスの取引相場価格

シャトー・ペトリュスは、他のワインと比べて全体の買取相場が高めです。ネットオークションでは、一本15万円以上の価格で取引されていますが、買取相場は9万円~30万円以上と、ヴィンテージによって大きな隔たりがあります。 最も高値が期待できる1982年製造のシャトー・ペトリュスで、コンディションが美品なら30万円以上の価格が期待できます。また、2002~2004各年のものなら13万円~20万円程度、2005年は20万円以上の価格で取引されています。いずれにせよ、10万円以上の値が付く場合が大半を占めます。

7.シャトー・ペトリュスの買取についてのまとめ

シャトー・ペトリュスはごく少量しか生産されず、どの年度に作られたものでも高価格で取引されているワインです。ボルドーワインの中でも特に高価なワインですが、市場への流通はめったにありません。もし持っている方は、ぜひ業者の査定を受けてみてはいかがでしょうか。売却価値は非常に高いため、特に飲む予定がない場合は買取りをおすすめします。