宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)を高価買取!仏教工芸の査定ポイントを徹底解説!

1.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)を売りたいお客様へ

仏教関連の芸術品の中でも見逃せないのが、宝塔彫刻です。仏像ほど知名度は高くないものの、一目で仏教世界の空気を感じられるどっしりとした佇まいは他にはない魅力があり愛好家にとても人気があります。

2.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)についての解説

宝塔とは、仏塔の建築様式の一つです。基本的には円筒状の塔身に平面方形の屋根をもつ一重の塔のことを指します。素材は木造や銅などの金属製のものや、石造のものがあり、石造の宝塔彫刻は石造彫刻の中でも主要な分野を占めています。石造の宝塔は日本中の寺の中に建てられています。

3.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)の歴史

中国、朝鮮を経て大陸から仏教が伝来したと同時に、日本での宝塔彫刻の歴史も始まりました。現存する日本最古の石造宝塔は平安時代後期に作られたものです。時代によって塔身の太さが変わったり、塔身に如来や菩薩の姿が描かれたりと様式も様々なのも、宝塔彫刻の大きな魅力です。

4.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)の代表作や作者

「国宝・石造宝塔」(京都市・鞍馬寺) 現存最古の石造宝塔と考えられる。

5. 宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)の買取査定ポイント

宝塔彫刻の査定ポイントをまとめます。
  • 素材が金や翡翠、象牙などで作られていると高額査定の可能性あり
  • 銅で作られている場合はずっしり密度があるものが高額になる可能性あり
  • 時代が古いほど高額査定
  • 素材が高価なものでなくても、珍しいものには高値がつくことも
  • 箱など付属品が揃っていると金額アップの可能性
  • 屋外にあったものなど、保存状態もキーポイント

6.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)の取引相場価格

仏像の取引相場価格は、数万円から十数万円です。素材が高価なものではなくても、希少価値の高い木造の宝塔などは思わぬ価格になることがあります。 石造などで屋外で補完されていて損壊の激しいものや。時代が新しいものは数千円の買取価格になることもあります。

7.宝塔彫刻(ほうとうちょうこく)の買取についてのまとめ

宝塔彫刻の買取についてまとめました。数ある仏教芸術の中でも、他と一線を画す独特の雰囲気を持った宝塔彫刻。ぜひ一度ご自宅の宝塔彫刻の査定をされてみてはいかがでしょうか。まずは「美術品・骨董品買取コネクト」までお気軽にご相談ください。