千葉県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.千葉県で骨董品を売りたいお客様へ

東京に近い千葉県は昔から、文化の先進地。浮世絵を確立した、菱川師宣は房総半島にルーツを持っていますし、洋画をいち早く学んだ、浅井忠や鋳金工芸作家として知られる、津田信夫や香取秀真・正彦親子も千葉県佐倉市にゆかりがあります。そんな千葉県だけに、浮世絵や鋳金製のオブジェなどをお持ちの方も多いとか。これらが不要になったならぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」にご連絡ください。確かな目と深い経験を持った査定担当者が千葉県全域に出張いたします。 そして千葉県といえば忘れてならないのが伝統工芸品や古民具などの骨董類。特に千葉県は「三味線」や「太鼓」、「篠笛」など楽器生産が昔より盛ん、家族が使っていたけれど今は誰も使わないとか、家を整理したら出てきたとか。そんな古楽器たちも「骨董品・美術品買取コネクト」は査定・買取いたします。もちろん「陶芸品」や「掛け軸」、蒔絵が施された「塗物」といった骨董類も「骨董品・美術品買取コネクト」大得意、こちらもお気軽にお問い合わせください。 また私たちが買取りしているのは日本の骨董品・芸術品だけではありません。西欧アンティークや中国の骨董品なども大得意、近年人気が高いジャンルだけに、最新の相場で正当に査定・評価いたします。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.千葉県に関連する美術作家・人物

名前:菱川 師宣

出身地:千葉県鋸南町

江戸初期の浮世絵師、浮世絵の手法を確立したことで有名。 狩野派や長谷川派といった当時主流であった日本画を学んだ後に、着物の上絵を手がけていましたが画家として独立。学んだ技法をもとに挿絵を手がける一方で、歌舞伎や吉原を題材に風俗画を制作、1672年に「武家百人一首」、1682年に井原西鶴の「好色一代男」の挿絵を手がけて、名前が世に知られるようになりました。代表作の「見返り美人」は切手の図柄にもなっており、あまりにも有名です。

名前:荒木 淳一

出身地:千葉県千葉市

13歳のころから油彩を描き始めましたが、当初の志望は文学。愛知大学文学部フランス文学科を経てフランス・ソルボンヌ大学へ留学しました。1981年の帰国後、本格的に油彩に取り組むことに決め、1989年に示現会展に出品、大内田茂士に学びました。パリやイタリア、ポルトガルといった南欧の風景を取り上げることが多く、主な作品に「西教会の見える風景」や「サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場」、「窓からローマが見える」など。

名前:永倉 江村人

出身地:千葉県佐倉市

明治から昭和の時代にかけて活躍した日本画家。 旧制・佐倉尋常中学を経て、1898年に東京美術大学(現・東京芸術大学)を卒業、福岡県へ美術教師として赴任しました。後に現在は九州大学医学部となっている京都帝国大学福岡医科大学に勤務、人体解剖図の写実に取り組みました。そのことも影響してか、写実的な画風で広く知られています。代表作は「椿と鶯」や「燕」「花」「松竹梅」「琵琶と苺」「無花果」など。1951年、71歳で死去。

名前:香川 松石

出身地:千葉県佐倉市

幕末から明治期にかけて活躍した書道家、書道教育に大きな足跡を残す。 佐倉藩の藩校である成徳書院で書を学び、御家流の影響を受けた後、日下部鳴鶴に師事、そして千葉師範学校の習字科教師となりました。1882年には小学校の習字教科書「楷書千字文」を手がけたのを最初に、文部省の依頼で習字の国定教科書の手本を手がけ始め、亡くなるまでに800冊以上の教科書にたずさわりました。主な著書に「尋常小学習字帖」や「筆法図解 三体千字文」「小学日用文」など。1911年、66歳で死去。

名前:津田 信夫

出身地:千葉県佐倉市

明治から昭和期にかけて活躍した鋳金工芸作家。 佐倉集成学校で学び、1895年に東京美術学校へ入学し鋳金を専攻。日比谷公園に設置されたアーク燈や噴水、日本橋の装飾など公共事業を数多く手がけました。1923年からは金属工芸の研究のためにヨーロッパへ留学、アールデコなど当時最先端だった流行を学び日本へと伝え、1925年のパリ万国博覧会では日本代表の審査員を務めました。芸術院会員、東京美術学校教授、1946年に72歳で死去しました。

名前:香取 秀真

出身地:千葉県印西市

明治から昭和期にかけて活躍した鋳金工芸作家、工芸家として初の文化勲章受賞者。 1889年より佐倉集成学校に学び、1891年に東京美術学校へ主席で入学、鋳金科へ進み卒業後、「獅子置物」が日本美術協会展やパリ万国博覧会で高く評価され、世界的な芸術家として名を知られる存在となりました。1933年には東京美術学校教授、金属工芸の社会的な地位向上に努め、1953年に文化勲章を受章、文化功労者となりました。

名前:香取 正彦

出身地:千葉県佐倉市

20世紀に活躍した鋳金工芸作家、人間国宝に認定される。 彫金工芸作家の香取秀真を父として東京都に生まれるも佐倉市へと移住し、少年期まで過ごす。現在は東京芸術大学となっている、東京美術学校へ進学。佐倉市ゆかりの津田信夫に鋳金の指導を受け、帝展の工芸部門で3年連続で特選を受賞します。1949年より梵鐘の制作に打ち込み、比叡山延暦寺や広島平和の鐘を手がけ、1981年には通算で100点という数の梵鐘を完成。1977年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

名前:桜田 精一

出身地:熊本県上益城郡益城町

20世紀の洋画家、千葉県美術界を創設するなど活躍。 1933年に日本美術学校洋画家を卒業すると、同年に朝鮮美術展覧会で「早春の博物館」が特選を獲得、名声を高めました。その後、日本美術学校講師となり、1949年には千葉県美術界の創設に深く関係。1976年には千葉県教育文化功労賞を受賞、1982年には野田市文化功労賞を受賞、1991年には地域文化功労者文部大臣表彰を受賞するなど、千葉県の文化の振興に大きな功績がありました。

名前:鈴木 鵞湖

出身地:千葉県船橋市

幕末期に活躍した日本画家、近代美術の基礎を築いたとも評される。 下総国千葉郡に生まれた後に江戸へと移り、谷文晁らに日本画を学びました。その後、時代に埋もれたような存在でしたが、2005年には「鈴木鵞湖研究会」が結成されるなど故郷では、再評価の機運が高まっています。鈴木の実子である石井鼎湖や、孫の石井柏亭・鶴三も日本画家。代表作に千葉県指定文化財「十六羅漢像図」、千葉市美術館収蔵「西園雅集図」など。1870年に死去しました。

名前:濤川 惣助

出身地:千葉県旭市

幕末から明治期に活躍した七宝家。 農家の次男として生まれ陶磁器商となるも、1877年に内国勧業博覧会で七宝と出会い、その世界へ足を踏み入れると七宝工場を買収。1879年には革新的な無線七宝の技法を発明し、絵画的表現を可能としました。その後、海外でも濤川の作品は高く評価され、アムステルダム万博やロンドン万博、パリ万博などで様々な賞を受賞。1896年には帝室技芸院に任命されました。代表作に「七宝貼込屏風」など。

5.千葉県で買取されたお客様の感想

お客様住所:千葉県野田市

品名:南部 保寿堂「霰打鉄瓶」 3点

祖母がお茶を習っていた時に買い求めたという鉄瓶を3点、まとめて「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取りしてもらいました。現在家族の誰もがお茶を習っていませんし、家に置いておいても錆びるなど劣化するだけ、そんな風に思ったので「骨董品・美術品買取コネクト」さんに連絡した所、すぐに家まで来てくださった上に、非常に丁寧な物腰や口調に感激しました。近年は態度がよくない業者さんも多い中「骨董品・美術品買取コネクト」さんは貴重な存在ですね。もちろん3点まとめてということで、高目に付けてくださった買取金額にも満足しています。

お客様住所:千葉県旭市

品名:古伊万里「白磁一輪挿し」

「古伊万里のいいものだ」と家に伝わってきた、一輪挿しを「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。いいものだといってもいつも床の間に飾られていたものですし、共箱もないもの。最初から期待はしていませんでしたが、査定だけでもと思い「骨董品・美術品買取コネクト」さんに連絡したところ、思わぬ高値で査定してもらったので手放すことにしたのです。「共箱がついていれば、買取は倍になったかも?」と担当者さんに聞いて、少々悔しくはありましたが、買取価格だけでも充分な金額、家族で大喜びしています。

お客様住所:千葉県船橋市

品名:浅井忠 肉筆水彩画入り葉書

郷里の美術家に関するものを探した際に、東京神田の古書店街で買い求めた、浅井忠の直筆の水彩画が入った葉書を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに高額で買取ってもらいました。まさか購入時の金額を上回るとは思っていなかったのでびっくり!もっと大きな浅井の作品を狙っているので、その資金の一部にします。話によると、近世の美術品の相場が上昇中らしいですね。そんな近年の相場を反映したという、正直な査定金額に大感謝!!大変嬉しく思っています。

6.千葉県の人気の美術館

名前:DIC川村記念美術館

場所:千葉県佐倉市坂戸631

印刷用のインクや顔料などの製造・販売で知られるDIC株式会社と関連会社が、集めた美術品を公開しているのが「DIC川村記念美術館」。私立の美術館ながら近・現代美術のコレクションとしては日本屈指の規模と成っています。 主な週上品としては、レンブラント「広つば帽を被った男やモネ「睡蓮」、ルノワール「水浴する女」、ジャクソン・ポロック「緑、黒、黄褐色のコンポジション」があげられ、これらの作品を目当てに佐倉市はもとより、県内外から数多くの人々を集めています。 JRや京成電鉄の佐倉駅からは無料の送迎バスも出ているのでアクセスも良好、広大な庭園の中にある美術館へ、ぜひ足を運んでみましょう。ちなみに館名の「川村」は創業者一族の苗字より取られています。

名前:千葉市美術館

場所:千葉県千葉市中央区中央3丁目10-8

中央区役所との複合施設となっている「千葉市美術館」のコレクションは千葉市ゆかりの作家の作品や、日本の近世以降の美術品、そして現代美術品という3つの柱で構成されています。中でも菱川師宣が房総出身ということから浮世絵の収集に力を入れており、版画以外にも肉筆浮世絵も豊富にコレクション。巨大な骸骨が大胆に配された歌川国芳「相馬の古内裏」などの作品が人気となっています。 また美術館の入る建物自体もユニーク、1927年に建てられたネオ・ルネサンス様式を持つ銀行の建築を、新しい建物を包むようにして建てていて保存するという「さや堂方式」を採用、こちらも見どころの一つといえるでしょう。 アクセスは千葉都市モノレール「葭川公園駅」で下車、徒歩5分となっています。

名前:千葉県立美術館

場所:千葉県千葉市中央区中央港1丁目10-1

千葉県にゆかりが深い芸術家の作品を多数コレクションしているのが「千葉県立美術館」。玄関には浅井忠の像があるほか、東山魁夷や石井林響の日本画を収蔵しています。またミレーの「垣根に沿って草を食む羊」やルノワールの「少女像」、日本人に洋画を指導したお雇い外国人アントニオ・ファンタネージの「10月、牧場の夕べ」といった作品たちも人気。多くの人をひき付けているのです。 これらの所蔵品はテーマに沿って頻繁に展示が入れ替えられるので、訪れるたびに新たな発見があるはず。具象画の展覧会「浅井忠記念賞展」も恒例となっています。 JR・千葉都市モノレールの「千葉みなと駅」から徒歩8分、千葉ポートパークや千葉ポートタワーへのアクセスも良好なので、いっしょに楽しみたいですね。

7.千葉県の出張買取エリア

千葉市 / 銚子市 / 市川市 / 船橋市 / 館山市 / 木更津市 / 松戸市 / 野田市 / 茂原市 / 成田市 / 佐倉市 / 東金市 / 旭市 / 習志野市 / 柏市 / 勝浦市 / 市原市 / 流山市 / 八千代市 / 我孫子市 / 鴨川市 / 鎌ケ谷市 / 君津市 / 富津市 / 浦安市 / 四街道市 / 袖ケ浦市 / 八街市 / 印西市 / 白井市 / 富里市 / 南房総市 / 匝瑳市 / 香取市 / 山武市 / いすみ市 / 大網白里市 / 酒々井町 / 栄町 / 神崎町 / 多古町 / 東庄町 / 九十九里町 / 芝山町 / 横芝光町 / 一宮町 / 睦沢町 / 長生村 / 白子町 / 長柄町 / 長南町 / 大多喜町 / 御宿町 / 鋸南町 /