第26回世界卓球大会組合せを高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.第26回世界卓球大会組合せを売りたいお客様へ

第26回世界卓球大会組合せは、世界卓球大会の開催を記念して発行された中国の切手です。紀86mが割り当てられており、小型のシートに4枚の切手が収められています。シートの中央にはイラストが描かれ、下部には「1961.4.5-14北京」と、世界大会の開催日程が書かれています。価値が非常に高い中国切手の一つでもあり、買取においても高値が期待できます。

2.第26回世界卓球大会組合せについての解説

1961年に発行されたシート状の切手です。4月4日から中国の北京で開催されるのに合わせ、発行されたと考えられます。発行枚数・現存枚数ともに具体的な数は分かっておらず、切手市場でも高値取引されている切手の一つです。

3.第26回世界卓球大会組合せの歴史

1961年に開催された世界卓球大会は、新しい中国の建国後初の世界大会となりました。大会は中国勢が大活躍して終わりましたが、第26回世界卓球大会組合せにも卓球選手の図柄などが描かれており、当時の中国の盛り上がりをうかがい知ることができます。

4.第26回世界卓球大会組合せの希少価値

第26回世界卓球大会組合せは発行から50年以上が経過しているうえ、切手の処分・消失が進んだ文化大革命以前のものであるため、現存枚数ははっきりと分かっていません。このような事情から、価値が非常に高いプレミア切手に分類されています。小型シートとして発行されたバラの切手は存在しないため、4枚が全て揃っていると高値買取が期待できます。

5.第26回世界卓球大会組合せの買取査定ポイント

第26回世界卓球大会組合せを業者に買取査定してもらう上で、特に重要なポイントはシートの状態です。未使用で、かつ4枚全てが揃っていることが高値買取の前提となります。ただし、シートに汚れや破れ、折れなどがあると買取価格が下がる可能性もあります。
  • 4枚の切手が全て揃っているか(シートから切り離されていないか)
  • シートに汚れや破れは無いか
  • 未使用であるか

6.第26回世界卓球大会組合せの取引相場価格

第26回世界卓球大会組合せは4枚がセットになった小型シートの切手です。コレクター間で取引されているものも、この小型シートが一般的になっています。オークションでの取引相場はおよそ6万円ほどですが、中国切手全体相場の影響を受けるため、時期によっては6万円を下回る可能性もあります。 逆に小型シートから切手が切り離されている場合や、バラになっている場合は価値がほとんどありません。取引相場がなく、業者の査定でも値が付かない可能性があるので注意しましょう。

7.第26回世界卓球大会組合せの買取についてのまとめ

1962年、北京で開催された世界卓球大会を記念し、第26回世界卓球大会組合せが発行されました。当時の中国はオリンピック委員会と断絶していたとも言われており、非常に重要な大会であったことがうかがえます。そんな時代に発行された小型シート切手ですが、発行・現存枚数が明確に分かっておらず、プレミアが付いています。完品であれば高値が期待できるでしょう。