金魚シリーズを高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.金魚シリーズを売りたいお客様へ

金魚シリーズは1960年に発行された中国切手です。全部で12種類が発行されており、デメキンやランチュウ、ベニガラシなど様々な金魚が描かれています。額面は4分または8分で統一されており、発行当時の番号は「特38」が割り当てられています。金魚シリーズはプレミア切手の一つでもあり、12種類全てが揃っている場合は価値が一気に跳ね上がります。

2.金魚シリーズについての解説

金魚シリーズは中国切手の中でも珍しく、愛らしい絵柄が眼を引きます。12種類の金魚が色鮮やかに描かれており、それぞれデザイン・構図などが全く異なるのが特徴になっています。印刷には、当時の最新技術でもあったグラビア印刷が使われています。

3.金魚シリーズの歴史

1960年6月1日、中国で金魚シリーズが発行されました。特38で、特編号の中では38番目に発行された切手であることが分かります。当時4分のものが400万枚、8分の切手が800万枚ほど発行されたと言われていますが、現存する枚数は判明していません。

4.金魚シリーズの希少価値

金魚シリーズは希少価値が高い中国切手として知られています。全部で12種類があるため、バラの状態ではそれぞれの希少価値は異なりますが、逆に全部揃っているものは希少性が高いと考えられており、コレクター間の取引価格も跳ね上がるのが特徴です。一方、バラの状態だと11番目に描かれている三色デメキンが一番希少価値があるとされています。

5.金魚シリーズの買取査定ポイント

金魚シリーズは、状態によって価値が大きく変動する切手の一つです。特に買取査定で重視されるのは、12種類揃っているか否かという点です。全て揃っていた場合はプレミアが付き高値が期待できます。そのほか、切手の変色・破れの有無や、使用状態(消印)も買取価格に影響します。
  • 12種類全て揃っているか
  • 変色や破れは無いか
  • 未使用か否か

6.金魚シリーズの取引相場価格

金魚シリーズはプレミア切手の一つですが、未使用かつ12種類揃ったものが最も高価です。全種類揃った未使用の金魚シリーズであれば、落札相場は3万円~5万円ほどになります。仮に全て使用済みのものであっても、数千円~1万円で取引されています。 反対に、全部揃っていないバラバラの金魚シリーズだと、取引価格も少々下がってしまいます。取引相場は、最も高い11版の三色デメキンが3千円前後です。その他の絵柄に関しては取引相場がなく、業者により買取価格が変わる可能性があります。

7.金魚シリーズの買取についてのまとめ

1960年発行の金魚シリーズは、全12種類が揃っていると希少価値もアップするのが特徴です。もし全部揃った金魚シリーズをお持ちなら、切手買取業者の査定を受けてみてはいかがでしょうか。バラの金魚シリーズに関しては、絵柄によって買取価格が変わります。その中では三色デメキンが最も価値がありますので、1枚のみでも売却する価値は十分あると言えます。