黄山風景シリーズを高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.黄山風景シリーズを売りたいお客様へ

黄山風景シリーズは、中国の安徽省にある黄山をモチーフにした中国切手です。黄山は中国を代表する景勝地でもあり、現在は有名な観光スポットになっていることから、毎年多くの観光客が訪れています。黄山風景シリーズは1963年に発行されてから数十年経過していますが、今なおコレクター間で根強い人気を誇る切手です。全てが揃っていると取引価格も跳ね上がるのが特徴です。

2.黄山風景シリーズについての解説

黄山風景シリーズは特57が割り当てられ、額面は4分~50分に分かれています。玉屏峰や清涼台、万松林、そして獅子の林など、黄山の有名な見所がモチーフになっており、計16種類があります。全て水墨画タッチで描かれているのが特徴です。

3.黄山風景シリーズの歴史

中国の黄山は、古くから多くの芸術からが訪れ、様々な作品を生み出した地でもあります。この黄山をシリーズ化した切手が黄山風景シリーズです。1963年に発行されましたが、非常に幻想的な絵柄になっており、未だに人気が高い中国切手の一つです。

4.黄山風景シリーズの希少価値

黄山風景シリーズは発行枚数が分かっておらず、1966年以後に行われた文化大革命時の切手収集禁止などの影響を受け、大半が失われたと考えられます。また、その幻想的な風景画が切手コレクター間で人気になっており、高値で取引されているのが特徴です。特に16種類全て揃っているものは希少価値が高いと考えられ、切手買取においても高値が期待できます。

5.黄山風景シリーズの買取査定ポイント

黄山風景シリーズは価値の高い切手の一つですが、様々な影響を受けて買取価格が変動します。特に査定の際のポイントになるのか、完品か否か、消印の有無、擦れや変色の3つです。16種類揃った完品で、かつ未使用の美品であれば、業者に高値で買い取ってもらえます。
  • 16種類全て揃っているか
  • 消印があるか(使用の有無)
  • 擦れや変色がないか

6.黄山風景シリーズの取引相場価格

黄山風景シリーズはバラのものと、16種類揃った完品の2つに大別できますが、バラの切手は取引量そのものが少なく、確立された取引相場がありません。このような事情から、買取業者によって査定額が変動する可能性もあります。もしバラで売る時は注意したほうが良いでしょう。 一方、16種類全て揃った完品であれば、消印があるものでも1万円前後でオークション取引されています。消印がない未使用の完品であれば、落札相場は5万円前後です。使用の有無で価値が大きく変わります。

7.黄山風景シリーズの買取についてのまとめ

1963年発行の黄山風景シリーズは、玉屏峰を始めとする黄山の景勝地が描かれた珍しい切手です。発行より50年以上経っていますが、今でも根強い人気を誇る中国切手でもあります。16種類が発行されているものの、取引が盛んなものは完品のみです。完品なら数万円の価値がありますが、消印の有無によって価値が変動する点に注意が必要です。