梅蘭芳舞台芸術を高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.梅蘭芳舞台芸術を売りたいお客様へ

梅蘭芳(ばいらんほう)は中国の京劇俳優で、その舞台芸術を記念して作られた切手が梅蘭芳舞台芸術です。当時中国で非常に人気があった梅蘭芳を絵柄のモチーフにしており、バラの切手と小型シートの2パターンが発行されています。発行から50年以上が経過していますが、数ある中国切手の中でも非常に高額で取引されている切手もあります。

2.梅蘭芳舞台芸術についての解説

全部で8種類が発行されています。バラの切手はそれぞれ発行枚数が異なり、希少価値も変わってくるのが特徴です。8種類が全て揃った小型シートも発行されましたが、発行枚数が2万枚と非常に少なく、バラより価値が高くなっています。

3.梅蘭芳舞台芸術の歴史

梅蘭芳舞台芸術は1962年に発行された切手で、紀94が割り当てられています。額面は当時の3圓で統一されており、絵柄にはいずれも当時人気だった梅蘭芳を採用しているのが特徴です。彼の功績を称えることが発行の目的と言われています。

4.梅蘭芳舞台芸術の希少価値

梅蘭芳舞台芸術はとても価値の高い中国切手です。バラの切手は発行枚数が判明していませんが、いずれもプレミアが付いており、コレクターの間でも高値取引されています。一方の小型シート(紀94m)は流通・現存枚数が非常に少ないと考えられており、バラの切手に比較して更に希少性が高くなっています。未使用品なら、相場以上の値も期待できます。

5.梅蘭芳舞台芸術の買取査定ポイント

梅蘭芳舞台芸術の査定で最も重要なポイントは、バラとシートどちらに当てはまるかという点です。シートのものが価値が高く、数十万円や百万円以上もの値が付く場合もあります。また、切手の状態のほか、消印の有無・日付によって価格が高騰する可能性があるのも特徴です。
  • バラとシートどちらのものか
  • 消印の有無と日付
  • 破れや変色など切手の状態

6.梅蘭芳舞台芸術の取引相場価格

梅蘭芳舞台芸術はとても希少性の高い切手の一つです。合計で8種類発行されていますが、バラのものは種類によって取引価格が異なります。8種類揃っていると数万円の値が期待できますが、確立された取引相場が無い点に注意が必要です。 一方で、小型シートは非常に価値が高いです。バラのものよりも発行枚数が少ないため、状態が良い未使用の極上品であれば、オークションでも100万円以上の価格で取引されています。状態が悪くても70万円前後で取引されていますが、切手取引相場は常に変動しているので注意しましょう。

7.梅蘭芳舞台芸術の買取についてのまとめ

京劇俳優である梅蘭芳を絵柄に採用した梅蘭芳舞台芸術は、中国切手の中でも特に希少性が高い切手の一つです。特に小型シートの場合、1962年の当時で2万枚しか発行されていませんので、現存する枚数は更に少ないと考えられます。バラでも高値買取が期待できますが、取引相場が無いため、買取業者ごとに査定額が変わる可能性があります。