少年たちよ子供の時から科学を愛そうを高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.少年たちよ子供の時から科学を愛そうを売りたいお客様へ

少年たちよ子供の時から科学を愛そうは1979年に発行された中国切手です。発行部数が全体で10万枚ほどしかないと言われており、買取価格・希少性ともに高くなっています。科学をテーマにしていることから、月などが絵柄に使われています。そのため、これまでに発行された中国切手の中では、非常に珍しい絵柄になっており、どこか懐かしさを感じさせるデザインが特徴です。

2.少年たちよ子供の時から科学を愛そうについての解説

少年たちよ子供の時から科学を愛そうは小型のシートになった切手です。発行当時の番号はT41mが使われており、絵柄に子供のイラストが採用されています。なお、少年たちよ子供の時から科学を愛そうは同名のシリーズで別の切手(T41)が6種類発行されていますが、発行部数が多いことからT41mほどの価値はありません。

3.少年たちよ子供の時から科学を愛そうの歴史

少年たちよ子供の時から科学を愛そうが発行された1979年は、経済改革真っ只中で、かつ自由化に向けての過渡期にありました。当時の政府は科学分野にも力を入れており、その過程で発行されたのが少年たちよ子供の時から科学を愛そうです。額面は8分で、両肘を付いた少女の絵柄が採用されました。

4.少年たちよ子供の時から科学を愛そうの希少価値

少年たちよ子供の時から科学を愛そう(T41m)の発行部数は全体で10万枚ほどです。この名称で発行された6種の切手・T41は多数出回っていますが、T41mに関しては流通枚数が極端に少なく、現存枚数も限られていることから、中国切手の中でもかなり希少価値が高い切手になっています。更に保存状態が良いものは希少価値が高くなっており、取引価格も跳ね上がります。

5.少年たちよ子供の時から科学を愛そうの買取査定ポイント

少年たちよ子供の時から科学を愛そうを高値で買取してもらうには、絵柄が大きな分かれ目となります。前述の通り、6種がシートになったT41は発行部数が多いため、バラになっていると価値は高くありません。少女が肘をついた絵柄(T41m)のみが高値の対象です。保管状態や化身の有無も買取価格のポイントとなります。
  • 少女が肘を付いた絵柄(T41m)であるか
  • 保管状態(破れや変色がないか)
  • 消印が付いていないか

6.少年たちよ子供の時から科学を愛そうの取引相場価格

少年たちよ子供の時から科学を愛そうのT41mは1979年当時で10万枚しか発行されていません。現存するものとなれば、更に少ないと考えられており、オークションでの取引相場は非常に高くなっています。あまり出回っていませんが相場は1枚あたり10万円を超えます。ただし、保管状態や需要の増減で相場は変動するため、この価格を下回る可能性もあります。 また、同名シリーズのT41は価値が若干低く、バラのものは一枚数百円ほどで落札されています。しかし、シートが完全に揃っている状態であれば跳ね上がり、10万円前後になることもあります。

7.少年たちよ子供の時から科学を愛そうの買取についてのまとめ

少年たちよ子供の時から科学を愛そうは単体の切手と、6種類がシートになった切手の2種類が発行されています。特に価値が高いのは1979年に発行されたもの(T41m)で、10万枚しか発行されていないことから、取引相場も高騰しています。一方のT41は発行枚数が多いものの、シートの状態なら高値が期待できるため、業者に査定してもらうと良いでしょう。