旧20円金貨を高価買取!記念硬貨の査定ポイントを徹底解説!

1.旧20円金貨を売りたいお客様へ

旧20円金貨は明治4年(1871年)に公布された「新貨条例」によって流通が始まった金貨で、この金貨の発行によって日本は近代的な貨幣制度を確立したことになります。さて、旧20円金貨は現存する数が少なく1枚あたり最低でも100万円以上の価値があるなど記念硬貨として大変な値段で売ることができます。実家の倉庫に眠っているこの金貨を見つけるなどして手元に大事に保管している方は、大金を手にすることができるかもしれません。

2.旧20円金貨についての解説

旧20円金貨はオモテ面に龍、ウラ面には菊紋や桐花紋、錦の御旗や日章などが刻まれた豪華な造りになっています。品位は金が90%に銅が10%と現在の金貨と比べると金の純度は低めといえます。年度によって発行された枚数に大きな違いがあり、明治13年(1880年)には100枚強しか発行されていません。この年のものは流通用ではなく贈答用や展示用だったこともあり、かなりの高値が付いています。

3.旧20円金貨の歴史

旧20円金貨は明治3年から最終的には昭和63年まで発行されていますが、貨幣法の公布により明治30年には新金貨へと切り替わりましたので、一般にはほとんど流通していません。幕末期に偽造貨幣が氾濫したことを受けて明治新政府は国際的に信用できる金貨の発行の必要性に迫られ、英国人技師を招くなどして国産の金貨製造に取り組みました。旧20円金貨はその一環で製造されたものです。

4.旧20円金貨の希少価値

旧20円金貨は現存する数が少ないこともあり、相当な希少価値のある金貨です。アンティークとしての価値も高く、発行枚数の多い年度のものでも100万以上で取引されています。一部の年度のものでは市場に今でも出てきたことがなく、もしそういった旧20円金貨が手元にあればどれぐらいの値段が付くのか想像することもできません。旧20円金貨にはそれだけの価値がある貴重な金貨ということができるでしょう。

5.旧20円金貨の買取査定ポイント

旧20円金貨の査定は発行年度や金貨の状態によって大きく異なりますので、金貨の状態ももちろん重要なポイントではありますが、まずは複数の業者に査定を依頼して最も価格の高い業者に買い取ってもらうと良いでしょう。
  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • 希少価値の高い年度のものか

6.旧20円金貨の取引相場価格

旧20円金貨は発行年度によって市場での価値が大きく異なります。明治3年銘の旧20円金貨は全部で4万枚以上が発行されているため現存数も比較的多く、それでも海外に流出するなどして大部分が失われた結果1枚で400万円以上の価値があるとされます。明治10年銘のものになると発行枚数は僅か29枚で、本当にこの金貨が現存するかどうかさえ分かりません。取引の前例に従えば最低でも1,000万円の価値があることになります。

7.旧20円金貨の買取についてのまとめ

旧20円金貨は1871年に公布された新貨条例によって発行された金貨です。年度によっては発行枚数が大変少なく、流通用ではなく贈答用や展示用に製造されたものだけが残っているというケースもあります。旧20円金貨は現存する数が少なく、最低でも1枚あたり100万円以上の価値があります。年度によっては1,000万円という価値があるとさえ言われていて、もし実家の蔵などにこの金貨が眠っている場合はそれだけでひと財産を築くことができます。もし、この金貨をお持ちの方で買取を希望するのであれば複数の業者に査定を依頼し、最も高い業者に売ることをおすすめします。