福岡県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.福岡県で骨董品を売りたいお客様へ

筑前、筑後、豊前、筑豊、博多……福岡県と一口にいっても気風も気質も全く違うもの。そんな福岡県だけに、多士済々の人材を生み出しています。特に豊富なのが、北原白秋に代表される芸術家、中でも青木繁や坂本繁二郎、児島善三郎、高島野十郎ら画家は非常に数多いもの。そんな福岡県だけに、郷土ゆかりの彼らの作品が眠っているというお家は多いはずなのです。「骨董品・美術品買取コネクト」は、そんな作品を探しています。もちろん洋画に限りません。冨田溪仙ら日本画も、私たちは最新の美術市場に照らして評価、加えて数々の販売チャンネルを駆使して、高価買取をいたします。
また、大陸と近い福岡県だけに、中国や朝鮮半島の骨董や古美術品も数多く眠っているもの。例えば家をリフォームして古道具がたくさん出てきたとか、そんな場合も「骨董品・美術品買取コネクト」にお声をかけてください。銀瓶や鉄瓶などの茶道具、刀剣や鎧などの武具、キセルや帯締といった彫金・金工細工も、私たちは得意としております。
そして忘れてはならないのが西洋のアンティークたち。高名な作家が手がけたものや、有名ブランドの陶磁器やガラス製品も「骨董品・美術品買取コネクト」におまかせください。決して後悔させない、査定額でお応えいたします。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.福岡県に関連する美術作家・人物

名前:青木 繁

出身地:福岡県久留米市

明治期に活躍した画家。
1882年に生まれ、中学明善校を中退し1899年に上京。不同舎で洋画に取組み、1900年に東京美術学校に入学。在学中の1903年に白馬会に出品した「神話画稿」が白馬会賞を受賞、若くして天才とうたわれるようになりました。1904年の卒業後、千葉県に滞在。そのときに描いたのが、代表作で重要文化財となっている「海の幸」です。1907年に帰郷、翌年から九州各地を放浪した末に、1911年、28歳で死去。

名前:坂本繁二郎

出身地:福岡県久留米市

明治後期から昭和にかけて活躍した洋画家。
1882年に生まれ、10歳のころより絵を学び、神童と呼ばれるほどでしたが、一時は絵をあきらめ、地元の高等小学校で教員として過ごしました。しかし、同郷で同じ歳の青木繁に刺激されて上京。1902年に不同舎に入門すると、1907年に文展に入選。1914年には二科会の創立に関わっています。1921年には渡仏、1924年に帰郷すると、生涯久留米で絵の制作を続けました。1956年に文化勲章を受章。1969年、87歳で死去。

名前:大津 英敏

出身地:福岡県大牟田市

1943年に生まれ、1969年に東京芸術大学大学院を修了、1971年に独立展で独立賞を受賞しています。学生のころは教授を務めていた山口薫を師と仰いでおり、作風も山口の影響が強いものでしたが、1979年にフランスへ渡ったころから作風が次第に変化。家族や娘をテーマとした作品を数多く手がけるようになります。1988年には個展を開催、1989年には多摩美術大学の教授に就任。2007年には日本芸術院賞を受賞しています。

名前:織田 廣喜

出身地:福岡県嘉麻市

昭和から平成にかけて活躍した洋画家。
1914年に生まれ、1939年に日本美術学校西洋画科を卒業。翌年には二科展に初入賞すると、1970年ごろまで二科展を中心に出品するようになり、総理大臣賞や東郷青児賞を受賞しています。1995年には日本芸術院賞を受賞し、日本芸術院会員になると、1996年には故郷に嘉麻市立織田廣喜美術館がオープン。現在も織田の作品を常設展示しています。2003年には勲三等瑞宝章を受章。2012年、98歳で死去。

名前:古賀 春江

出身地:福岡県久留米市

明治期に活躍した洋画家。
1902年に生まれ、1912年に中学明善校を退学し上京。太平洋画会研究所や日本水彩画会研究所で学びましたが、1914年に帰郷。再び上京した1919年、二科展に初入選し画業に専念するようになります。その後、ロートやクレーなどに影響を受けながら、1930年代にはシュールレアリズムの画風へ到達。その一方で精神の状態と体調を崩し1933年、39歳で死去。絶筆となった「サアカスの景」は神奈川県立近代美術館に収蔵されています。

名前:児島 善三郎

出身地:福岡県福岡市

昭和期に活躍した洋画家。
1893年に生まれ、福岡県立中学修猷館のころには、絵画同好会を創設するほど西洋絵画に傾倒。一時は薬学部に進学しましたが、絵への情熱が捨てきれずに中退、1914年に上京して独学で画家を目指します。二科展で初入選したのは1921年、翌年には二科賞を受賞し頭角を現わすと、1925年からフランスへ留学。帰国後の1930年に独立美術協会を設立し日本の画壇に大きな影響を及ぼしました。1962年、69歳で死去。

名前:中村 研一

出身地:福岡県福津市

昭和期に活躍した洋画家。
1985年に生まれ、福岡県立中学修猷館に進学し、後に洋画家となる児島善三郎らと絵画同好会を設立しています。1915年に上京し、本郷絵画研究所を経て東京美術学校へ入学すると、1919年に光風会展で初入選を果たします。卒業後すぐに帝展で入選、特選を受賞するなど画家としての地位を確立。1923年からフランスへ留学、帰国後の1931年には36歳の若さで帝展の審査員となると終生、日展を中心に活躍しました。1967年、72歳で死去。

名前:高島 野十郎

出身地:福岡県久留米市

昭和期に活躍した洋画家。
1890年に生まれ、福岡県立明善中学、名古屋市の第八高等学校を経て、1916年に東京帝国大学農学部を主席で卒業する一方で独自に洋画に取り組み、1921年には初個展を開催しています。1929年に渡欧、帰国後は久留米にとどまり活動、その後は東京や福岡、千葉など活動拠点を点々としつつ創作に励みましたが1975年、85歳で死去。高島は中央画壇と距離を置き、生涯無名のままでしたが、死後に展覧会が開かれるなど評価が高まった画家です。

名前:多賀谷 伊徳

出身地:福岡県福岡市

昭和期に活躍した洋画家。
1918年生まれ。1938年に主線美術展で初入選、シュールレアリスムの画家らと交流し、自身も大きな影響を受ける一方で、様々な展覧会に入賞。1954年に渡欧し、現地で個展を開催するなど活躍すると、岡本太郎と交友を結ぶようになります。1958年には、北九州市庁舎の市民ホールの壁画を制作、1974年には自身の生家に、タガヤ美術館をオープンさせるなど、独自の活動を続けました。1995年、77歳で死去。

名前:冨田 溪仙

出身地:福岡県博多市

明治から昭和期にかけて活躍した日本画家。
1879年に生まれ、初めは地元で藩の御用絵師だった人物から狩野派を学び、京都では四条派を学んだ後に、臨済宗の禅僧・仙厓義梵や文人画家・富岡鉄斎から大きな影響を受けました。独自の境地を開くべく全国を旅し、様々な日本画のスタイルだけでなく、西洋絵画も取り入れた作品を制作。横山大観に認められ、1915年には日本美術院の同人に、1935年は帝国美術院の会員となりました。

5.福岡県で買取されたお客様の感想

お客様住所:福岡県久留米市

品名:サンルイ 「コングレス」ワイングラス 6点

昔どなたかにいただいたものと、祖父から聞いておりましたが、家族の誰もお酒はたしなみませんので、ずっとしまってあったグラスセットです。高価なものだと話には聞いていましたし、見た目からもそれは伝わってくるのですが「骨董品・美術品買取コネクト」さんは、ふさわしい買取額を提示してくださったので、その場で手放すことを決意しました。しまっておくぐらいなら、誰かに使ってもらった方が、グラスもうれしいことでしょう。

お客様住所:福岡県博多市

品名:博多人形 三宅隆 「斑鳩の春」

自宅を新築した折に、百貨店で購入したもの。内閣総理大臣賞も取っている、高名な博多人形作家の先生の手によるものです。「骨董品・美術品買取コネクト」は博多人形にも詳しいようで、おみやげ物屋に並んでいる手のものとは違うと、すぐに気が付いてくれ、相応の査定額を出してくれました。それなりに、思い入れがあるものでしたから、うれしかったですね。人形を手に取るときに、白い手袋を着用したのもよかったです。また、ご縁がありましたら、その時はよろしくお願いします。

お客様住所:福岡県嘉麻市

品名:中村琢二 「早春の登別温泉」額装

中村研一の弟としも有名な、中村琢二の油彩です。雑誌「一枚の繪」に掲載されており、地元ゆかりの画家ということもあり購入したのですが、引越しを期に手放すことにしました。そこで、何社かに電話で問い合わせたところ、すぐに家まで来てくれたのが「骨董品・美術品買取コネクト」さん。そのステップの軽さと、担当の方の人柄もあって、買取っていただくことにしました。購入先もよかったのか、査定もスムーズでしたし、もちろん価格も申し分ありませんでした。

6.福岡県の人気の美術館

名前:北九州市立美術館

場所:福岡県北九州市戸畑区鞘ケ谷町21-1

磯崎新が手がけた、巨大な梁が突き出たような外観が目を引くのは「北九州市立美術館」。モネ「睡蓮、柳の反影」や、ルノワール 「麦わら帽子を被った女」、ドガ 「マネとマネ夫人像」といった印象派や、岸田劉生、萬鉄五郎といった著名な国内の画家の作品のほか、ジャン・ミッシェル・バスキアなどの現代アート、そして1,300点もの浮世絵のコレクションも収蔵しています。
また、小倉北区室町の大型複合商業施設「リバーウォーク北九州」5階にあるのは、北九州市立美術館の「分館」。街中にある美術館として市民が気軽に立ち寄ることを目的としており、こちらは企画展を中心に開催しています。
それぞれの特徴が際立つ、北九州市のアートの中心地といえるでしょう。

名前:久留米市美術館

場所:福岡県久留米市野中町1015

ブリヂストンタイヤの創業者として知られる石橋正二郎が、創業25周年を記念して故郷に設立した「石橋美術館」を前身とするのが「久留米市美術館」。元は青木繁、坂本繁二郎、古賀春江、髙島野十郎ら久留米出身の画家の作品を数多く所有していた、石橋の個人コレクションが中心となっていましたが、久留米市が運営するようになってからも、それらの多くは健在。強烈な個性を放つ彼らの作品に興味をもつならば、一度は訪れなければならない美術館となっています。
そして、コレクションに負けないほどの魅力を持つのが、併設される西洋庭園。秋の「バラフェスタ」などイベントも数多くおこなっていますから、絵画鑑賞とあわせて楽しみたいところです。

名前:福岡アジア美術館

場所:福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインリバーサイド7・8F

博多の繁華街のど真ん中「博多リバレインリバーサイド」に立地するのが「福岡アジア美術館」、一番の魅力はキャナルシティや天神といった他の人気スポットからのアクセスの良さ。気軽に立ち寄ってアートに触れるという楽しみ方が可能となっています。
収蔵されているのは中国や韓国、タイといった東アジアの現代アートの作家たちの作品。中でも、方力鈞やタワン・ダッチャニーといったアーティストは世界的にも注目度が上昇中ですから、ぜひ押さえておきたいところです。
また、この美術館は3年に一度開催されるアジアの現代アートの祭典「福岡トリエンナーレ」の会場としても有名。期間中は美術館いっぱいに最新のアート作品が展示されますから、美術ファンのみならず必見といえるでしょう。

7.福岡県の出張買取エリア

北九州市 / 福岡市 / 大牟田市 / 久留米市 / 直方市 / 飯塚市 / 田川市 / 柳川市 / 八女市 / 筑後市 / 大川市 / 行橋市 / 豊前市 / 中間市 / 小郡市 / 筑紫野市 / 春日市 / 大野城市 / 宗像市 / 太宰府市 / 古賀市 / 福津市 / うきは市 / 宮若市 / 嘉麻市 / 朝倉市 / みやま市 / 糸島市 / 那珂川町 / 宇美町 / 篠栗町 / 志免町 / 須恵町 / 新宮町 / 久山町 / 粕屋町 / 芦屋町 / 水巻町 / 岡垣町 / 遠賀町 / 小竹町 / 鞍手町 / 桂川町 / 筑前町 / 東峰村 / 大刀洗町 / 大木町 / 広川町 / 香春町 / 添田町 / 糸田町 / 川崎町 / 大任町 / 赤村 / 福智町 / 苅田町 / みやこ町 / 吉富町 / 上毛町 / 築上町 /