岐阜県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.岐阜県で骨董品を売りたいお客様へ

岐阜県と聞いて焼物好きや骨董好きの方の頭に浮かぶのは、やはり「美濃焼」。志野や織部、黄瀬戸、黒瀬戸などなど、今でも数多くの陶工が、技と工夫を凝らして作品づくりに取り組んでいますし、荒川豊蔵や大野鈍阿、加藤土師萌といった名工たちも輩出しているのが岐阜県という土地がらです。地元であるという縁から、そんな美濃焼をコレクションされている方、骨董品を持っている方はいらっしゃいませんか? 近年は受け継いでくれる人がいないといった理由で、骨董品や美術品のコレクションを手放す方が増えています。そんな場合は「骨董品・美術品買取コネクト」にぜひ、お声掛けください。 美濃焼きだけではなく日本画の世界でも、大橋翠石や加藤栄三といった人たちを生み出していのが岐阜県です。彼らの絵や掛け軸、最近は飾っていないとか。それらも「骨董品・美術品買取コネクト」が買取りいたします。他にも鉄瓶や銀瓶といった茶道具、刀や鎧といった武具、古民芸といわれる物たち。これらは「骨董品・美術品買取コネクト」の専門分野、査定だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。 加えて、西洋や中国の骨董品や美術品も私たちが得意としているものです。これらは現在、市場価格も上昇中。高価買取でお応えします。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4. 岐阜県に関連する美術作家・人物

名前:荒川 豊蔵

出身地:岐阜県多治見市

昭和期に活躍した陶芸家。 1906年に多治見尋常高等小学校を卒業、その後陶器にまつわる職についていた荒川でしたが、本格的に作陶に取り組み始めたのは1930年代、30代半ばごろ。古志野茶碗を目にして、再現を決意したときでした。以降、多治見に窯を開き試行錯誤すること5年、ようやく完成した志野茶碗は賞賛を浴び、1955年には人間国宝に認定されました。その後は個展を開いたり、各地で精力的に作陶に励みました。1985年、91歳で死去。

名前:大野 鈍阿

出身地:岐阜県土岐市

昭和期に活躍した陶芸家。 子どものころから作陶に親しんで育ち、上京したところを、三井財閥の総帥・益田孝に見出され、益田がコレクションした器のコピーの製造を開始。1914年にはその腕前を絶賛されるに至りました。1917年には自身の窯を開き作陶を開始、後に作陶だけでなく茶道を学び、茶室を設けるまでその道に没頭。1934年には世田谷区の等々力に窯を移すなどし、作陶に力を注ぎました。益田を初めとした当時の趣味人に、こよなく愛された陶芸家です。

名前:大橋 翠石

出身地:岐阜県大垣市

明治から昭和期にかけて活躍した日本画家。 幼いころから絵を好み、地元や京都、東京で絵を学びました。1890年ごろから虎を描くことに開眼、ことさら毛並みの描き方に優れていて、移り住んだ神戸でも大評判になりました。そして、1900年からはパリ万博やセントルイス万博、国際博覧会などで優勝金牌を獲得。虎以外にも大橋は、独自の背景表現を確立。各地で展覧会が開かれ、横山大観らと並ぶ画家として評価されました。1945年、81歳で死去。

名前:加藤 栄三

出身地:岐阜県岐阜市

昭和期に活躍した日本画家、弟である東一も日本画家。 1926年に東京美術学校日本画科に入学、在学中、帝展に「夏日小景」で初入選しました。卒業後、日本芸術院会員でもあった、高名な日本画家・結城素明に入門し絵画の腕を磨きます。1936年、文展に「薄暮」で文部大臣賞、1959年には日本芸術院賞を受賞するなど名声は確固たるものとなりました。1972年に、65歳で死去。故郷の岐阜市には加藤兄弟の功績をたたえた「加藤栄三・東一記念美術館」があります。

名前:土屋 礼一

出身地:岐阜県養老郡養老町

岐阜県立大垣南高等学校を経て、1967年、武蔵野美術大学を卒業。加藤東一の下で日本画を学びました。同年に日展に初入選すると連続して入選し、後に日展審査員となります。2007年には「軍鶏」で日本芸術院賞を受賞、2009年には日本芸術院会員にもなっています。母校の武蔵野美術大学で客員教授、金沢美術工芸大学では教授。父親は日本画家、妻は絵本作家、息子はミュージシャンという芸術家一家です。

名前:笠木 茂

出身地:岐阜県中津川市

岐阜県立中津高等学校を経て東京芸術大学大学院を卒業、伊藤廉や中根寛、デピェールらに師事し、フランス政府主催のル・サロンや、マティスやルオーが活躍したサロン・ドートンヌに出品、ル・サロンでは会員になっているほか、個展も数多く開いています。代表作とされる「恵那山」でもわかる通り、故郷である中津川を主題にした作品が多いのが特徴。中津川市美術家協会の会長を努めるなど、文化の振興に寄与したとして、2012年には岐阜県各界功労者表彰を受けています。

名前:川崎 小虎

出身地:岐阜県

大正、昭和期に活躍した日本画家。 名古屋で浮世絵師や日本画家として活躍した祖父・川崎千虎、次いで千虎の弟子の小堀鞆音に師事。1910年には東京美術学校を卒業し、1914年には文展で初入選、以降、文展や帝展、日展に数多く出品・受賞しています。1943年には東京美術大学の教授を勤め、1967年には武蔵野美術大学の教授。初期の画風は師の大和絵に強い影響を受けたものから次第に変化、晩年には自然をモチーフにした作品を多く手がけました。

名前:北 蓮蔵

出身地:岐阜県岐阜市

1889年、13歳のころ上京、1897年には東京美術学校へ入学。卒業後、展覧会に出品するも納得のいく評価は得られませんでした。後に、師匠である山本芳翠と共に舞台背景画や、日露戦争をモチーフにした戦争画を手がけて名前を上げ、1907年には帝国劇場の背景主任として入社、数々の舞台を飾りました。帝国劇場を退社後、文展や帝展に出品、高い評価も得るようになりました。1949年、74歳で死去。

名前:前田 青邨

出身地:岐阜県中津川市

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 梶田半古の下で絵を学び、1914年には日本美術院の同人となりました。中国やヨーロッパで遊学した後、1951年には東京芸術大学の教授となり、1955年には文化勲章を受賞。中津川市の名誉市民ともなっています。晩年には文化財の保護にも取り組み、法隆寺金堂壁画の再現や高松塚古墳の壁画の模写の総監修も勤めました。1977年、92歳で死去。

名前:村井 正誠

出身地:20世紀に活躍した洋画家。

1921年、与謝野鉄幹・晶子らによって創設された文化学院の美術科に1期生として入学、1930年代には新時代美術展や自由美術家協会、モダンアート協会の設立に参加しています。日本美術展や東京国際版画ビエンナーレなどで数々の賞を受賞。1954年には武蔵野美術大学で教授。代表作に「黒い線」や「うしろ姿」「ウルバン」「CITE」などがあり、日本の抽象画家の草分けと評価されています。1999年、93歳で死去。

5.岐阜県で買取されたお客様の感想

お客様住所:岐阜県中津川市

品名:塚本治彦 「志野茶碗」ほか5点

志野や織部を得意とする塚本先生の作品をまとめて5点「骨董品・美術品買取コネクト」に買取ってもらいました。中には、北斗窯まで直接足を運んで買い求めたのもあったので、買取ってもらうのは少々惜しい気もしたのですが、家族に引き継ぐ者もいないので、しょうがないと思っています。「骨董品・美術品買取コネクト」さんも、私のそんな気持をくんでくれたのか、査定額は思っていた以上のものでした。頑張ってくれたのが伝わってくる査定でした。

お客様住所:岐阜県岐阜市

品名:古民芸家具 「縦長5段箪笥」

由来はわかりませんが、蔵の中から出てきた古い箪笥を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取してもらいました。ガラクタばかり詰め込まれていると思っていた蔵から出てきたものを、全て査定してもらうという非常に手間がかかる依頼だったのですが「骨董品・美術品買取コネクト」は親切・丁寧に仕事をしてくださり、古い箪笥に良い値段を付けてくださいました。他にも古い置物なども、買取っていただきましたからトータルで見ると結構な価格になりました。

お客様住所:岐阜県多治見市

品名:光則作 「純銀製 湯沸」

蓮の模様があしらわれた、純銀製の湯沸です。叔母がお茶の教室でも使わずに、最後までとっておいたもの「骨董品・美術品買取コネクト」にお願いしたところ、思っていた以上の査定額でした。査定担当者の方の話によると、近年、銀瓶など銀製品の市場価格は高騰中とか、良いタイミングで手放すことができたと喜んでいます。遠いところから、足を運んでいただいて、いい値段まで付けていただいて、本当に「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いして良かったと思っています。

6.岐阜県の人気の美術館

名前:飛騨高山美術館

場所:岐阜県高山市上岡本町1丁目124-1

19世紀末から現代までのガラスによる装飾芸術、現在まで他の美術館がスポットを当ててこなかった、このジャンルを収集しているのが「飛騨高山美術館」。館内で最初に対面するのはガラス工芸家としてあまりにも有名、ルネ・ラリックが手がけたガラス製の噴水。高さ2メートルと他に類を見ないスケールを持つ作品が、これから先に広がるコレクションへの期待を高めてくれるでしょう。 ガラス工芸品の展示はアール・ヌーヴォーからアール・デコ、そして現代へと様式ごとに展示。ラリック以外にエミール・ガレやドーム・ナンシー、ティファニーといった名品たちがずらりと並んでいる様は正に壮観です。 他にもルイ・マレルやウィーンといったテーマに沿ってトータルコーディネートされた部屋も楽しいもの、見どころ豊富な美術館なのです。

名前:多治見市モザイクタイルミュージアム

場所:多治見市笠原町2082-5

陶器の町・多治見市に2016年にオープンし、話題を呼んでいるのが「多治見市モザイクタイルミュージアム」。まるで城壁のようにそそり立つ、土色の外観が非常に目を引く建物です。聞けばこの外観、粘土を採掘する「粘土山」をイメージして、建築家・藤森照信が手掛けたものだとか。それだけでも、訪ねてみたくなる魅力がある美術館なのです。 陶器の町だけに陶器の作品を展示したギャラリーや美術館が豊富な地が多治見。しかし、この美術館がユニークな点はタイルだけにスポットを当てている点。昭和のころによくあった、タイルを用いた流し台や壁の画など、当時の職人が腕によりをかけて作ったであろうタイル作品が、数多く展示されています。

名前:岐阜県美術館

場所:岐阜県岐阜市宇佐4丁目1-22

広大な庭には数多くの彫刻作品、そして豊かな緑。こんな恵まれた「県民文化の森」に立地するのが「岐阜県美術館」。収蔵作品の柱となっているのは、川崎小虎や川合玉堂といった県内ゆかりの日本画家たち。川崎小虎ならば「うどんげの花を植える女」、川合玉堂ならば「深山宿雪」といった、彼らの代表作が収蔵されています。 加えて日本の洋画のコレクションも充実、岸田劉生や山口薫といった、近代日本の洋画界を形成してきた巨人たちの作品も見逃せないところです。海外の洋画家でもゴーギャンやミロ、ルノワール、ムンクといった、あまりにも有名な作家の作品が揃っています。 美濃焼の産地らしく、工芸作品のコレクションも非常に充実しているので、こちらも注目といえるでしょう。

7.岐阜県の出張買取エリア

岐阜市 / 大垣市 / 高山市 / 多治見市 / 関市 / 中津川市 / 美濃市 / 瑞浪市 / 羽島市 / 恵那市 / 美濃加茂市 / 土岐市 / 各務原市 / 可児市 / 山県市 / 瑞穂市 / 飛騨市 / 本巣市 / 郡上市 / 下呂市 / 海津市 / 岐南町 / 笠松町 / 養老町 / 垂井町 / 関ケ原町 / 神戸町 / 輪之内町 / 安八町 / 揖斐川町 / 大野町 / 池田町 / 北方町 / 坂祝町 / 富加町 / 川辺町 / 七宗町 / 八百津町 / 白川町 / 東白川村 / 御嵩町 / 白川村 /