伊藤 博文(いとう ひろぶみ)を高価買取!掛け軸の査定ポイントを徹底解説!

1.伊藤 博文を売りたいお客様へ

伊藤博文は1841年に山口県で生まれた日本の政治家です。幕末期には松下村塾で学び、木戸孝允らに従って尊皇攘夷活動に参加しました。維新後は政治家となり、初代、第5第、第7第、第10代の内閣総理大臣・枢密院議長などを歴任しました。政治家としての顔の他、詩文や書を堪能したと人物としても知られています。 その功績と知名度から多くの方が書や詩文などを集めています。

2.伊藤 博文についての解説

伊藤博文は幕末期、松下村塾に師事していました。その後は木戸孝允、高杉晋作らとともに尊皇攘夷活動に参加。明治維新後は政治家となり、岩倉使節団の副使や初代兵庫県知事などを務めました。大久保利通の死後は政府の中心で政治を主導。1885年には初代内閣総理大臣となり大日本帝国憲法の制定を指導しました。 日露戦争後、初代韓国統監となりましたが、1909年ハルビンにて韓国の独立運動家によって暗殺されました。 日本の近代化、憲法の制定、立憲政治の定着と残した功績は大きく銅像や紙幣にも肖像画が使われました。

3.伊藤 博文の歴史

伊藤博文は1841年周防国熊毛郡(現山口県光市)の百姓の長男として生まれました。家が貧しかったため。1854年に伊藤弥右衛門の養子となりました。幼名は利助、後に春輔と改名。号は春畝(しゅんぽ)のため、春畝公と表記されることもあります。 幕末期は松下村塾で学び、討幕運動に参加。明治維新後は伊藤博文と改名し、様々な要職を歴任しました。1885年、初代内閣総理大臣に就任。44歳での就任は歴代総理大臣の中でも最も若いとされています。その後1889年に大日本帝国憲法を発布。 日清、日露戦争を経て1905年に韓国統監として就任。伊藤博文は韓国の国力や自治力を高めるべく教育にも力を注いだとされます。しかし1909年ハルビンにて韓国民族運動家であった安重根によって暗殺。享年67歳。

4.伊藤 博文の代表作や作者

「憲法義解」           岩波文庫 「伊藤博文 近代日本を創った男」 講談社学術文庫

5.伊藤 博文の買取査定ポイント

伊藤博文は政治家としての活動が有名ですが、書や詩文も嗜んでいたと言われています。重要な査定ポイントは伊藤博文の真作であるかどうかです。知名度の高い人物のため、証明書や鑑定書が無ければ査定額が低いものになる可能性があります。 また保存状態が良いか、箱などがついているかなども査定のポイントとなります。
  • 伊藤博文の真作かどうか
  • 保存状態は良好か
  • 大きさはどれくらいか

6.伊藤 博文の取引相場価格

伊藤博文の作品が市場に出回ることは非常に稀です。真贋鑑定がなされていない(鑑定書がついていない)作品ですと数千円~1万円ほどになります。真贋鑑定があるもので約3万円程とまります。鑑定書がついていればこれよりも高値になる可能性があります。

7.伊藤 博文の買取についてのまとめ

日本の初代内閣総理大臣として知られる伊藤博文。大日本帝国健保の制定や枢密院の設置など、近代国家の枠組みを作りました。また明治天皇の信任が厚く、内外政策に大きな影響力を持っていたと言われています。その功績から、銅像や旧千円札のモデルにもなりました。 伊藤博文は書や詩文も嗜んでいたとされ、作品も残されています。その知名度から贋作も多いですが、真作だと鑑定されれば数万から数十万円(大きさや題材、保存状態による)の値がつく可能性もあります。