鏑木 清方(かぶらき きよかた)を高価買取!掛け軸の査定ポイントを徹底解説!

1.鏑木 清方の作品を売りたいお客様へ

鏑木 清方は幼少期から青年期にかけての経験から、画面構成などの全体的な構図は少し浮世絵のように古さを残し、人物の表情や仕草はモダンで、被写体の心の中の心象風景までも映し出すような作品が魅力です。現代でも常に人気のある作家の一人で、作品は高額で取引されています。

2.鏑木 清方の作品についての解説

明治・昭和の美人画の巨匠として、数多くの美人画や、人々の暮らしを描いた作品を残した鏑木 清方ですが、幼少期に浮世絵師の系譜の絵師に入門したこと、青年期に泉鏡花作品の挿絵を描いたことが根本にあるため、その作品には江戸の情緒と浮世絵の美がかすかに香る独特の魅力を放っています。

3.鏑木 清方の歴史

1878年、東京神田に、ジャーナリストの父親の元に生まれます。1891年14歳の時に浮世絵師の系譜と関わりのある水野年方に入門。翌年には中学を辞め、画業に専念しました。17歳になると父親が経営する「やまと新聞」に挿絵を描くプロの挿絵画家として活躍を始めます。21歳頃から大作を展覧会に出品するようになり、それから美人画・風俗画家としての活動をスタートさせます。1927年、第2回帝展に出品した代表作『築地明石町』が帝国美術院賞を受賞しました。このころから画壇でも大家と評されるようになりましたが、清方はその後も「本絵」制作のかたわら挿絵画家としての活動を続けていきます。群れることを嫌い、自分のやりたいことに正直に生きた孤高の画家は93歳でその生涯を閉じるまで勢力的に創作活動を続けて数々の名画を残しました。

4.鏑木 清方の代表作

「一葉女史の墓」1902年 鎌倉市鏑木 清方記念美術館蔵 「墨田河舟遊」1914年 東京国立近代美術館蔵 「築地明石町」 1927年 個人蔵

5.鏑木 清方の作品の買取査定ポイント

美人絵は非常に人気が高く、高額査定が期待できます。しかし、鏑木 清方としては珍しい風景画もその希少性から高額の査定になることがあります。

6.鏑木 清方の作品の取引相場価格

風景画や美人画などの肉筆の掛け軸は30万円程度の高額査定になります。また、サイズの小さい額装や、明治期に出版された挿絵入りの本なども10万円ほどの高額査定になることがあります。

7.鏑木 清方の作品の買取についてのまとめ

生涯を通じて派閥に入らず、個人の自由を突き詰め、当時の文人たちと交流し挿絵を描く。好きなものを好きなように描き大家となった稀有な画家の一人・鏑木 清方は、その生き様も作品の魅力の一つとして現代で高く評価されています。ご自宅に清方の作品をお持ちの場合はどんなものでも一度査定に出されてみることをお勧めいたします。