小野 竹喬(おの ちっきょう)を高価買取!日本の掛け軸の査定ポイントを徹底解説!

1.小野 竹喬の作品を売りたいお客様へ

小野 竹喬の作品は、時代によって大きく変化をし、その時代その時代の作風ごとに愛好家が存在します。現代も毎年カレンダーが発売されるほどの人気の画家小野 竹喬の作品をお持ちの場合はぜひ一度査定に出されてみるのをおすすめで致します。

2.小野 竹喬の作品についての解説

小野 竹喬の描く風景画は、明るい色調の画面に澄んだ空気が張り詰めているような雰囲気を持っており、一年の中である季節の、ある一日のその中での一瞬のひとときを切り取って納めたような、刹那的な輝きがあるのが魅力です。作風もまた自然の情景のように刻一刻と変化を続け、伝統的日本画、セザンヌに代表される印象派に影響を受けた時代、南画への憧れ、最晩年の墨彩画へと移り変わっていくものの、一貫して自然の美しさを描き続けました。

3.小野 竹喬の歴史

1889年、岡山市西本町に幼名永吉として誕生。14歳で瀬戸内海に面した美しい故郷を離れ、京都の竹内栖鳳に師事。その後1911年に京都市立絵画専門学校を卒業。1922年に渡欧。その後も死の床に伏すまでの14歳から85歳の75年間を画家として日本の自然の美しさを描き続けました。

4.小野 竹喬の代表作

「青海」(1927年) – 笠岡市立竹喬美術館 「冬日帖」(1928年) – 京都市美術館 「秋陽(新冬)」(1943年) – 大阪市立美術館 「奥入瀬の渓流」(1951年) – 東京都現代美術館 「奥の細道句抄絵」(1976年) – 京都国立近代美術館

5.小野 竹喬の作品の買取査定ポイント

小野 竹喬の作品には様々なものがありますが、「奥の細道句妙絵」など人気の高いものであれば、肉筆画ではなく木版画などであっても高額査定になる可能性があります。掛け軸も人気が高く、晩年の墨彩画などは高額査定になる可能性が高いです。

6.小野 竹喬の作品の取引相場価格

竹喬の代表作とも言える「奥の細道区妙絵」を例に挙げると、木版画であっても十数万円の価値があります。また有名な作品ではなくても、共箱付きの肉筆画であれば十万円から数十万円の価格がつくことがあります。

7.小野 竹喬の作品の買取についてのまとめ

日本の美しい自然を瞬間的に切り取り、大胆な構図と鮮やかな色彩で描き出す小野 竹喬。生誕120周年を超えても今尚高い人気を誇ります。ご自宅に眠っている小野 竹喬作品がある場合はぜひ一度査定に出されることをお勧めします。