兵庫県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.兵庫県で骨董品を売りたいお客様へ

兵庫県といえば港町神戸を抱えるだけに、小磯良平や金山平三、川西英らモダンな洋画家、版画家を多く輩出している土地がら。そして北へ上ると志賀直哉の作品であまりにも有名な、城崎温泉など文化の色が濃い土地がら、伊藤清永や加藤美代三といった日本画家たちの故郷でもあるのです。ですから兵庫県は全域に渡って、兵庫県ゆかりの芸術家の作品が、そして様々な美術品が眠っているといえるでしょう。「骨董品・美術品買取コネクト」はそれらの美術品を探しています。
そして、篠山の「丹波焼」や三田の「三田焼」、姫路の「東山焼」、淡路の「珉平焼」といった焼物の産地としても知られているのが兵庫県、近年注目を集めるカラクリの「神戸人形」も忘れてはいけません。これら骨董品も豊富なのが兵庫県。特に江戸期や明治期の品々を「骨董品・美術品買取コネクト」は探しています。他にも銀瓶や鉄瓶といった茶道具や、刀剣や鎧といった武具、金銀の細工といった骨董品全般を、確かな査定力で高価買取するのが「骨董品・美術品買取コネクト」なのです。
そして日本国内のものだけでなく、西洋や東洋の骨董・美術品全般も、私たちは得意としております。特にヨーロッパのものや中国のものは近年、市場価格が上昇中。最新のデータを駆使し、公正な価格で「骨董品・美術品買取コネクト」は査定いたします。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.兵庫県に関連する美術作家・人物

名前:小磯 良平

出身地:兵庫県神戸市

昭和期に活躍した洋画家。
東京美術学校に在学中の1925年に帝展に入賞、翌年には特選となるなど、華々しい画壇デビューを飾りました。卒業後、パリのルーブル美術館で目にしたパオロ・ヴェロネーゼの作品に大きな影響を受け、以後は群像を扱った作品を数多く手がけるようになります。一方で、東京芸術大学の教授を務めるなど後進の指導にも力を注ぎました。兵庫県立美術館には小磯の業績をたたえて「小磯良平記念室」が設けられています。

名前:植松 奎二

出身地:兵庫県神戸市

兵庫県立御影高等学校を経て、1969年に神戸大学教育学部美術科を卒業、その年に個展を開催しました。現在では日本とドイツに拠点を置き、国際的に活躍をしています。近年では、彫刻作品に力を入れており各地の野外展示場やモニュメントで、植松の作品を見かけることもしばしば。ドイツのアート・カイト・ミュージアムや旭川市彫刻美術館、鹿児島県・霧島アートの森、JR山陰本線和田山駅前、兵庫県立美術館などに作品は展示されています。

名前:大松 伸洋

出身地:兵庫県姫路市

故郷の安室中学校を経てイギリスに渡り、現地の高校を卒業、世界各地を点々として過ごしました。帰国後は、宝塚造形芸術大学院で学び淡路島に移住。2010年からは横浜美術大学、2013年からは福岡こども短期大学などで教鞭を取る一方で、自身も九州大学大学院に学んだり、個展や展覧会を国内外で開催するなど精力的に活動を続けています。主な受賞歴として池上賞・大賞や淡路美術協会展・淡路美術協会賞、筑後市美術展・筑後市議会議長賞など。

名前:金山 平三

出身地:兵庫県神戸市

大正から昭和期にかけて活躍した洋画家。
東京美術大学を黒田清輝らに指導を受けて1909年、首席で卒業。1912年よりパリに滞在、1915年に故郷の神戸に戻ると、翌年発表した作品が文展で初入選、かつ特選となる快挙を成しとげました。後に東京や山形で制作を続け、数々の賞を受賞。1957年には日本芸術院会員、1959年には日展顧問に就任。金山の作品は兵庫県立美術館の記念室に展示されているほか、数々の美術館に収蔵されています。1964年、81歳で死去。

名前:伊藤 清永

出身地:兵庫県豊岡市

昭和期に活躍した日本画家。
本郷研究所で日本画を学び、東京美術学校を1935年に卒業。1936年には文展で「磯人」が特選を受賞すると、主に日展で数々の賞を獲得。1956年からは日展の審査員を務め、1984年には日本芸術院の会員に、1996年には文化勲章を受章しています。また、故郷の豊岡市では活躍を記念して「伊藤清永子ども絵画展」を毎年開催。会場は豊岡市立美術館に併設された「伊藤清永記念館」となっています。

名前:松岡 映丘

出身地:兵庫県神崎郡福崎町辻川

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。
1897年、16歳のころ大和絵の勉強を始め、東京美術学校に入学。1904年に首席で卒業すると、1912年に文展で初入選し、それ以降も政府主催のコンクールを中心に活躍。大和絵の復興に力を注ぎました。松岡は5人兄弟の末っ子で、実兄で民俗学者の柳田國男など、兄弟全てが各界で業績を残し「松岡五兄弟」と賞賛されています。松岡映丘もそれにふさわしい足跡を日本画の世界に残しました。

名前:加藤 美代三

出身地:兵庫県豊岡市

昭和から平成期にかけて活躍した日本画家。
京都市立美術工芸学校を経て、1929年に京都市立絵画専門学校へ進学。1931年に帝展で初入選をはたすと、1946年に日展に入選、以来2010年、98歳になるまでほぼ連続で日展に出品・入選を果たしました。その一方でスケッチを中心とした個展も開催するなど日本画にとらわれない手法にも挑戦、2008年には奈良県立万葉文化館、2011年には故郷の豊岡市立総合体育館で大規模な展覧会も開催されています。2012年、100歳にて死去。

名前:山口 啓介

出身地:兵庫県西宮市

武蔵野美術大学に在学中に銅版画に出会い、池田満寿夫の下で大型の銅版画制作に取組むと、1990年に初個展を開催。その衝撃的なデビューは、いまだに語り草になっているほどです。その後ニューヨークなどに滞在、代表作となる「エノラ・ゲイ」を制作。ドイツに渡りドローイング作品に取り組むなど、山口の創作活動は常に話題性に満ちています。その後、手掛けた作品に1998年に「カセットプラント」、2001年に「花の心臓」、2010年に「アトムと素粒子」シリーズなど。

名前:川西 英

出身地:兵庫県神戸市

昭和期に活躍した版画家。
1915年、神戸商業学校を卒業し、家業を継ぐ一方で版画作品を数多く残した川西が、版画に取り組みだしたのは16歳のころとか。誰の指導を受けるわけでもなく、全て独学でなしたという作風は、地元神戸を始めとして多くの人から愛されています。代表作の「神戸百景」は1933年からの作品、また「新・神戸百景」は1952年からの作品。後に1962年からは「兵庫百景」も手掛けています。1965年、70歳にて死去。

名前:淀井 敏夫

出身地:兵庫県朝来市

20世紀に活躍した彫刻家。
大阪市立工芸学校の後に東京美術学校で彫刻を学び、1948年には「老人胸像」で二科展の特別賞を受賞。1973年に「砂とロバと少年」で内閣総理大臣賞、1977年に「ローマの公園」で日本芸術院賞を受賞しています。故郷のあさご芸術の森美術館に展示されている作品「渚」が制作されたのはこのころです。1994年には文化功労者になると共に、朝来町の名誉町民となっており、2001年には文化勲章を受章しています。

5.兵庫県で買取されたお客様の感想

お客様住所:兵庫県神戸市

品名:林鶴雄 「神戸風景」油彩ほか

昭和のころに個展で買い求めた、兵庫ゆかりの作家さんによる油絵です。描かれている風景も親しみ深いものですし、非常に気に入っていたのですが、生前整理の一環として「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。最初は査定だけのつもりだったのですが、話がはずんで絵だけでなく、他の集めていた美術品全てを買取ってもらうことになりました。「骨董品・美術品買取コネクト」さんのおかげで、ずいぶんスッキリしました。感謝しています。

お客様住所:兵庫県豊岡市

品名:バカラ 「タンブラー、ワイングラス」計18点

非常に古いバカラ社製のものと伝えられてはいたのです。確かに美しいものでしたが、バカラ社製であることを示す刻印も見当たらないもの。どう扱ってよいか、悩んでいました。そこで「骨董品・美術品買取コネクト」さんに査定してもらうと、正真正銘のバカラのものとのこと。思わぬ高値が付きましたから、その場で手放すことに決めました。家にあってもしまっておくだけですし、いつ割ってしまうかヒヤヒヤしているのも、どうかと思いますしね。

お客様住所:兵庫県姫路市

品名:明治期 神戸人形 3体

祖母が「おばけ人形」と呼んでいた、カラクリ人形を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。着色もされていない上に、動きも非常に悪いものだったのですが、明治期の神戸人形は貴重ということで、非常に高く評価していただき驚いています。その土地ならではの骨董に強いので感心しました。洋食器や銀のフォークとナイフなど、古いものもたくさんあるので、次はそれを買取ってもらおうかと考えています。

6.兵庫県の人気の美術館

名前:姫路市立美術館

場所:兵庫県姫路市本町68-25

姫路城の天守閣を間近に望む地にある赤レンガの歴史ある建物、これが「姫路市立美術館」。元は戦時中に建てられた倉庫だったのですが、敗戦後に市役所、現在は美術館として利用しているもので、国の登録有形文化財となっています。そんな重厚な建物に展示されるのは、日本画なら酒井抱一や松岡映丘、洋画なら金山平三や小磯良平、彫刻なら淀井敏夫といった兵庫県ゆかりの芸術家の作品たち。
海外のものならば、姫路市がベルギーのシャルルロワ市と姉妹都市を結んでいる縁で、収集されているベルギーの美術や、ドガやシスレー、モネといったヨーロッパの19世紀に活躍した画家たちの作品が充実しています。ゴヤの「4大連作版画集」と呼ばれる「気まぐれ」などの銅版画コレクションは必見です。

名前:兵庫県立美術館

場所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

神戸市東部の新都心「HAT神戸」に位置し、「芸術の館」のニックネームで親しまれているのが「神戸県立美術館」。郷土とゆかりが深い芸術家たちの作品を収蔵していますが、中でも充実しているのが、金山平三と小磯良平のコレクション。両者とも記念室が設けられ、常設展示がおこなわれているほどなので、特に金山や小磯ファンにとっては見逃せないものとなっています。
また、他の公立美術館同様、日本国内外の近代美術が充実しているのですが、兵庫県立美術館が力を入れているのが、現代美術のコレクション。アメリカならば、ジャスパー・ジョーンズやアンディ・ウォーホル、カンディンスキーら、日本ならば池田満寿夫や長谷川潔といった作品を目にできるのも見逃せないところです。

名前:香雪美術館

場所:兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1

朝日新聞を創設したことでも知られる実業家・村山龍平の個人コレクションを中心に、東洋の古美術を展示しているのが「香雪美術館」。建物は村山の住居を元にしているのですが、美術品や衣装を収蔵する蔵のほか、茶室が2つもあるという豪勢なもの。現在は国の重要文化財に指定されているものですから、これだけでも充分興味をそそるものでしょう。
そして、コレクションにも重要文化財に指定されている貴重なものがズラリ。中でも雪舟の筆による「紙本墨画淡彩山水図」は注目すべき一品といえるもの。また村山は元々、刀剣の収集からコレクターの道に入ったとされるだけに、展示されている「銘吉家作」や「銘正恒」などの太刀も要注目となっています。

7.兵庫県の出張買取エリア

神戸市 / 姫路市 / 尼崎市 / 明石市 / 西宮市 / 洲本市 / 芦屋市 / 伊丹市 / 相生市 / 豊岡市 / 加古川市 / 赤穂市 / 西脇市 / 宝塚市 / 三木市 / 高砂市 / 川西市 / 小野市 / 三田市 / 加西市 / 篠山市 / 養父市 / 丹波市 / 南あわじ市 / 朝来市 / 淡路市 / 宍粟市 / 加東市 / たつの市 / 猪名川町 / 多可町 / 稲美町 / 播磨町 / 市川町 / 福崎町 / 神河町 / 太子町 / 上郡町 / 佐用町 / 香美町 / 新温泉町 /