付け下げを高価買取!着物の査定ポイントを徹底解説!

1. 付け下げを売りたいお客様へ

付け下げは肩を中心に、前後の模様が全て上向きに配置されている着物のことです。訪問着と小紋の中間の格付けになります。未婚・既婚問わずに着用することができます。訪問着よりも模様が少なくシンプルなデザインが多いので、お茶会などの落ち着いた雰囲気の場所にぴったりです。 カジュアルに着物を楽しめることから多くのシーンで使われます。有名作家のものや老舗呉服店のものは人気があります。

2. 付け下げについての解説

付け下げは訪問着をより簡略化した着物です。訪問着より模様が少なく、模様が上向きに配置されているのが特徴です。訪問着よりシンプルなデザインで、未婚・既婚どちらの方でも着用できます。反物のまま染色・絵付けされ、反物のまま販売されることも多い着物です。現代では訪問着より気楽に着物を楽しむために着用されます。準礼装として用いる際には、格の高い名古屋帯などを合わせたり、訪問着に使い柄のものを着用したりします。

3. 付け下げの歴史

付け下げは太平洋戦争中、華やかな絵羽模様の訪問着が禁制品となったことから代用として用いられました。当初は、主に花柳界などの仕事着として着用されていました。昭和30年代に入ると、略礼装として広まります。訪問着に比べて控えめな柄ですが、肩や胸、袖に模様を配置できるため社交用の着物としても用いられました。 現代では訪問着のような柄の付け下げや、付け下げのような訪問着も生産されています。

4. 付け下げの代表作や作者

  • 北村武資
  • 玉那覇有公
  • 羽田登喜男

5. 付け下げの買取査定ポイント

和服はまず状態なキレイなことが大切です。シミやアク、虫食い、カビなどがあった場合は査定額が下がってしまいます。また様々な柄があるのが着物の魅力ですが、あまりに個性的すぎる柄の場合は、価格が上がらないこともあります。 査定額が上がるポイントとしては、老舗呉服店で仕上げたものや、有名作家(人間国宝)が制作したものなどが挙げられます。また加賀友禅などで伝統的な技法で作られたものも人気があります。 代表的な査定ポイント
  • 保存状態は良好か(シミやカビ、汚れなどはないか)
  • 素材は何でできているか(どんな布を使っているか)
  • どんな装飾(刺繍)が施されているか
  • 作者は誰か

6. 付け下げの取引相場価格

和服は老舗呉服店のものであるか、有名作家が制作したものかどうかによって価格がかなり異なります。たとえばたとう紙入り70点(内リメイク品37点)と、草履バックセット全108点は約33万円です。全て正絹で未使用品から糸ほつれなどがあるものまで様々です。 また金彩友禅駒刺繍の付け下げは約17万円です。サイズは 身丈156cm(背の衿下から裾まで)、裄丈66cm、袖丈49cm、前幅26cm、後幅30,5cm、袖幅33cmです。素材は正絹でしつけ付きです。

7. 付け下げの買取についてのまとめ

付け下げは着物の一種で、訪問着よりも模様が少なく、模様が全て上向きになるように配置されています。訪問着よりもさらに略式の礼服とされます。柄が控えめなため、茶人に愛用されることも多いです。既婚・未婚どちらでも着用することが可能です。 元は太平洋戦争中、絵羽模様の訪問着が禁制になったことから代用品として作られました。今ではカジュアルに着物を楽しみたい時や、控えめな柄を合わせたい落ち着いた場所などで着用されます。 状態が良く、有名作家のものや老舗呉服店のものであれば高額査定の可能性もあります。