京都府で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.京都府で骨董品を売りたいお客様へ

数々の歴史的な文化財が残る京都府は、日本文化の象徴ともいえる土地。「粟田口焼」や「御室焼」など「京焼」や「清水焼」といった焼物や、「西陣織」や「京友禅」といった和服などなど、今に伝統工芸も枚挙にいとまがありません。そんな伝統工芸品の古いものが残っているというお家も数多いもの。「骨董品・美術品買取コネクト」は、そんな骨董や古美術を買取りしています。 また長い間、日本画壇の中心地であったのも京都。数々の日本画家が創作の場として京都を選んできました。彼らが残した掛け軸なども「骨董品・美術品買取コネクト」が探しているもの。お家に伝わる古美術品があれば、ぜひお声掛けください。 また丹後地方などを訪れると、いまだに蔵が残るような旧家も多いものです。そんな蔵を壊すとか、お家を建て替えるとか。そんな時に出てきた古道具や骨董品、鉄瓶や銀瓶などの茶道具、刀剣や鎧といった武具、古民具などなど、価値があるのかどうかわからないようなものも「骨董品・美術品買取コネクト」は出張査定いたします。 西洋や中国・朝鮮のアンティーク品も「骨董品・美術品買取コネクト」は得意としています。ご家族が買い集めたコレクションなども、ぜひ買取りさせてください。経験豊富な査定眼を活かし、他にはない多くの販路を活用して、高価買取を実現させます。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4. 京都府に関連する美術作家・人物

名前:池 大雅

出身地:京都府京都市

江戸時代の文人画家。 幼いころから漢文や漢書に親しみ、中でも書は神童と讃えられるほど。柳里恭に文人画を習い、室町のころの洋式や琳派、西洋絵画などを独自に取り入れ画風を確立しました。古人の書と旅を愛し、そこから生まれた作品たちは与謝蕪村とならんで南画の巨人と賞賛を集めています。代表作は高野山・遍照光院所蔵の国宝「山水人物図・老松図」や東京国立博物館所蔵の国宝「楼閣山水図」など。他にも国宝や重要文化財多数。

名前:上村 松園

出身地:京都府京都市

明治から昭和期にかけて活躍した日本画家。 幼いころから京文化に囲まれて育った上村は1887年、京都府画学校に入学。1890年に内国勧業博覧会に出品した「四季美人図」が一等を受賞し話題となりました。幸野楳嶺や竹内栖鳳に絵を、市村水香に漢学を学びながら制作を続け、一貫して女性の目を通して描いた美人画を手がけて賞賛を集めました。1948年に女性として初の文化勲章を受章したことでも知られています。1949年、74歳で死去。

名前:堂本 印象

出身地:京都府京都市

明治から昭和にかけて活躍した日本画家。 京都市立美術工芸学校を卒業。西陣織の図案描きを経て、画家となることを目指し京都市立絵画専門学校に入学。1924年に卒業、在学中に帝展に出展した「深草」で初入選、さらには特選や帝国美術院賞を受賞し日本画家として名声を確立しました。その後、日本画にとどまらず抽象絵画や壁画にも挑戦、国際的にも評価を得ています。1961年には文化勲章を受章するなど、数々の栄誉に輝きました。

名前:川端 玉章

出身地:京都府京都市

明治期に活躍した日本画家。 蒔絵師の家に生まれ、絵の才能に恵まれていたことから、中島来章や小田海僊の下で学びました。1967年には上京、日本最初の洋画家と呼ばれる高橋由一に学び、1877年に内国勧業博覧会で入賞すると、様々なコンクールで賞を獲得、その名を広めます。1890年からは東京美学校で教鞭をとり、1910年には川端画学校を創設、後進の育成にも力を注いだことで知られています。日本芸術院会員、文展審査員。

名前:佐藤 太清

出身地:京都府福知山市

1931年に福知山実践商業学校を経て上京、日本画家・児玉希望の弟子となります。1943年、30歳にして文展に初入選して画壇にデビュー、1966年に新日展に出品した「風騒」は、花鳥画と風景画を融合した独自の作風によって絶賛されました。その後も日展に出品し続けた一方で、上野公園弁天堂や国連本部などに多くの作品を納めています。1992年には文化勲章を受章。故郷には、福知山市佐藤太清記念美術館がオープンしています。

名前:梅原 竜三郎

出身地:京都府京都市

昭和期に活躍した洋画家。 京都府立第二中学校を中退、聖護院洋画研究所に学び、1908年にパリのアカデミー・ジュリアンでルノワールらに指導を受けました。1913年に個展を開催、二科会や春陽会の設立に参加するなどの活動をおこない、1935年兄は帝国美術院会員、1952年には文化勲章を受章。日本画をベースにパリで学んだ西洋画の技法を融合、独自の世界を創造し日本洋画界の巨人として今も評価が高い画家です。1986年、61歳で死去。

名前:今井 俊満

出身地:京都府京都市

昭和から平成にかけて活躍した洋画家。 1941年に上京、旧制・武蔵高等学校のころから絵に取り組み、1948年には新制派協会展で入選、1950年には東京芸術大学で学び、フランスへ留学、抽象絵画の運動・アンフォルメルの絵画に取り組みました。1979年には紫綬褒章を、1983年には仏・レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ受章。1990年代からは闘病生活が続きましたが、精力的に活動。個展「IMAI サヨナラ展」を開催しました。2002年、73歳で死去。

名前:勝山 正則

出身地:京都府京都市

15歳のころから独学で版画に取り組み始め、1971年には個展を開催、1974年には全関西国画会展で新人賞を受賞しました。1987年からは毎日新聞で版画作品が連載されるなど名を上げ、1988年には日本版画界展に初入選、その後も国内外で様々な賞を受賞し、名声を確立することとなりました。勝山の主題は主に京都府内や琵琶湖の風景など。白と黒だけで遠近や濃淡を表現し切ることから、魔術師の異名をとっています。

名前:川勝 清歩

出身地:京都府京都市

昭和から平成期にかけて活躍した書家。 15歳ごろまで映画館などの看板を手がけていましたが、1949年に歌舞伎の「まねき」を描いていた竹田耕清に見出されて弟子入り。1957年に、まねき独特の勘亭流を習得し独立しました。京都南座の顔見世興行のまねきを揮毫していたのは1996年から死去する前年の2013年まで。竹田の後は兄弟子の佐治永清がおこなっていたものを引き継いだもので、南座のまねきは京都の風物詩として知られています。

名前:清水 卯一

出身地:京都府京都市

昭和から平成期にかけて活躍した陶芸家。 1940年、立命館商業学校を中退し、日本初の人間国宝となった陶芸家・石黒宗麿の下で修行、1951年に日展に「柚子肌釉大皿」で初入選すると、日本陶芸展などで多くの賞を獲得。1970年に京都の自宅から理想の土と釉薬を求めて滋賀県の蓬莱山近くへ工房を移転。以降「蓬莱」と名前が付いた作品を多く手がけます。1985年に人間国宝に認定、1986年には紫綬褒章を受章しています。

5 京都府で買取されたお客様の感想

お客様住所:京都府京都市

品名:京人形、加茂人形ほか 木目込人形10体

叔母がコレクションしていた、高さ数センチの日本人形をまとめて買取ってもらいました。かわいい人形ですし、古いものなのもわかっていたのですが、私の趣味ではないのがつらいところで売却を検討。査定額も予想もしなかった高額になりましたから、大変喜んでいます。「骨董品・美術品買取コネクト」を通して、どなたか大切にしていただける方の手に渡ってくれることを願っています。しまっておくだけでは、人形たちもかわいそうですからね。

お客様住所:京都府舞鶴市

品名:二代目・三浦竹泉 「淡彩石榴果鳥図茶瓶」など

古い京焼の急須など煎茶道具一式を「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いしました。代々商売を営んでいたので、たくさん煎茶道具が伝わっていたのですが、今では使う人もなく、しまってあるだけでした。そこで、価値がわかる人に受け継いでいただきたくて、買取ってもらうことにしたのです。査定結果は納得がいくもの、遠いところまですぐに来てくれましたし、対応も気持ちが良いものでした。他の骨董業者さんにお願いしなくて良かったと思っています。

お客様住所:京都府京丹後市

品名:二枚折屏風 「伊藤若冲 鶏之図」模写 江戸末期

伊藤若冲の作品を写したものと、家に伝わってきた屏風を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。よくある贋作と思い、何の期待もしていませんでしたが、人気作家である若冲の非常に質が高い模写、保存状態も良いとの評価をいただき、驚きの買取価格となりました。実家で過ごしていたころは、よく飾っていたのですが、引っ越してからはスペースに余裕もなく、あまり飾ったりしなかったのがよかったのかもしれません。

6.京都府の人気の美術館

名前:京都市美術館

場所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

長く日本画の中心地だった京都らしく、明治期からの近代絵画のコレクションが非常に充実しているのが「京都市美術館」。元は1928年の昭和天皇「即位の礼」を記念して建てられたものだけに、日本の伝統文化が感じられる重厚なたたずまいも大きな見所、長く文展や日展などの公募展の舞台となってきた歴史も、さらに重みを加えています。 収蔵作品は梅原龍三郎や小磯良平、上村松園、宇田荻邨、土田麦僊ら絵画史に大きな足跡を残してきた作家たちのものばかり。中でも第1回の文化勲章を受章した竹内栖鳳のコレクションは20点以上と充実しているのが特徴といえるでしょう。 館の維持のためネーミングライツを公募した結果、近い将来「京セラ美術館」となりますが、生まれ変わる美術館への期待を高めて待つことにしましょう。

名前:京都国立近代美術館

場所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1

京都を中心とした関西の近代美術史に残る、日本画や洋画を数多く収蔵しているのが「京都国立近代美術館」。そのリストに連なる名前は、佐伯祐三や藤島武二、横山大観、岸田劉生、藤田嗣治、梅原龍三郎といずれも劣らぬビッグネーム揃いです。 加えて、パブロ・ピカソの静物画やモンドリアン「コンポジション」など西洋の作家たちのコレクションも見逃せませんし、主に昭和期に活躍し、民芸運動に参加したことでも知られる陶芸家・河井寛次郎の陶芸などの工芸作品たちも、忘れるわけにはいかないでしょう。 また、新館の建物は建築界のノーベル賞とも評される「プリツカー賞」受賞の建築家・槇文彦の手によるもの。貴重な美術作品を展示するのにふさわしい舞台となっているのです。

名前:アサヒビール大山崎山荘美術館

場所:京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3

千利休が手がけた茶室「待庵」、そしてサントリーの蒸溜所、これら京都・山崎の名所に負けない魅力をたたえているのが「アサヒビール大山崎山荘美術館」。建物は関西の実業家・加賀正太郎が所有していた趣深いもの。その館内に展示されているのは、アサヒビールの創業者・山本為三郎が収集した美術品たちです。コレクションは民芸運動に関わる工芸品が中心。その一方で20世紀に制作された海外の美術品も充実。モネの「睡蓮」も複数点所蔵しています。 加えて美術館をより魅力的にしているのはその風景。京都盆地や淀川を一望にできるテラスは現在、お茶を楽しむことができるカフェとして営業中。アサヒビールらしくアルコールも用意されていますから、美術鑑賞の後の一服も最高のものとなるでしょう。

7.京都府の出張買取エリア

京都市 / 福知山市 / 舞鶴市 / 綾部市 / 宇治市 / 宮津市 / 亀岡市 / 城陽市 / 向日市 / 長岡京市 / 八幡市 / 京田辺市 / 京丹後市 / 南丹市 / 木津川市 / 大山崎町 / 久御山町 / 井手町 / 宇治田原町 / 笠置町 / 和束町 / 精華町 / 南山城村 / 京丹波町 / 伊根町 / 与謝野町 /