奈良県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.奈良県で骨董品を売りたいお客様へ

古代ヤマト政権に始まり平城京を経て、連綿と文化が紡がれてきた古都・奈良。それだけに骨董品や古美術品に、理解が深い方が多く住んでいる土地がらです。お家に古くから伝わる銀瓶や鉄瓶といった茶道具や掛け軸、刀剣や鎧といった武具、キセルや帯留めといった金工細工がありませんか? また古い納屋や蔵から出てきた箪笥やつづらといった古道具はありませんか? 「骨董品・美術品買取コネクト」はそれらの価値を市場価格から正当に評価、高価買取いたします。 また、豊かな文化を持つ奈良だけに、数々の芸術家を輩出してきたのも奈良県の特徴。富本憲吉や脇田宗孝ら郷土ゆかりの陶芸家の作品は、近年特に価格が上昇傾向にあるものです。また東大寺や薬師寺といった名刹ゆかりの墨跡なども人気が高いもの。清水公照の掛け軸なども奈良ならではの美術品ですね。これらを高価買取しているのが「骨董品・美術品買取コネクト」なのです。 そして、忘れてはいけないのが西洋や中国・朝鮮の骨董や美術品たち。「ラリック」や「ガレ」「バカラ」などガラス工芸品や「マイセン」「リヤドロ」といった陶芸品などは高い人気を持っているものです。それらも「骨董品・美術品買取コネクト」は大得意。連絡いただければお家までうかがいますので、お気軽に査定だけでもご依頼ください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.奈良県に関連する美術作家・人物

名前:井上 武吉

出身地:奈良県宇陀市

昭和期に活躍した彫刻家。 1951年に武蔵野美術大学に入学。在学中に自由美術協会展で初入選、1962年からは現代日本美術展や日本国際美術展でも入選を重ね名声を高めました。1960年代後半からは靖国神社の記念碑や箱根彫刻の森美術館の設計、池田20世紀美術館の設計など公共の場での仕事を数多くこなします。他にも、伊丹市の平和モニュメント、東京都庁にある赤いアーチなど、屋外展示の大規模な作品を数多く手掛けています。1997年、67歳で死去。

名前:絹谷 幸二

出身地:奈良県奈良市

奈良県立奈良高等学校を経て、1966年に東京芸術大学を卒業、昭和期の洋画の大家・小磯良平の下で絵を学びました。1971年よりイタリアでフレスコ画の研究をおこない、1974年に新人画家の登竜門と呼ばれる安井賞を受賞。1993年には東京芸術大学教授となり、後に名誉教授に就任しました。数々のパブリックアートを手がけているほか、個展も活発に開催。2008年からは若手芸術家育成のために自身の名を冠した賞を創設しています。

名前:山本 集

出身地:奈良県五條市

昭和から平成にかけて活躍した画家。 浪華商業高校を卒業、職を転々とした後の1965年、智辯学園高校野球部の監督となりますが退職。1970年からは暴力団・山本組の組長として名を馳せますが、1989年に組を解散。以降、富士山などを題材に絵を数多く手がけました。自身の半生をまとめた「浪商のヤマモトじゃ!」など著作も多く、山本をモデルとしたオリジナルビデオも作品も数多くリリースされています。2011年、71歳で死去。

名前:東樋口 徹

出身地:奈良県生駒郡平群町

京都大学で教鞭をとる建築家の父と、画家である母の下に1975年に生まれ、幼いころより美術に興味を持つと、2000年に東京芸術大学に入学。2004年は同大学院へと進み、洋画と版画を学びました。太い線と原色で単純化された東樋口の作品は、シルクスクリーンで100回以上刷りを重ねたもので、非常に強い存在感を持ち、見る人の記憶を呼び覚ます、もしくは混濁させるような効果を与えます。近年はペインティングでも積極的に作品を発表中。

名前:今井 凌雪

出身地:奈良県奈良市

昭和から平成期に活躍した書家。 15歳のころより中谷釜雙や辻本史邑の下で書を習い、郡山中学を卒業後、1943年に天理語学専門学校を、1949年に立命館大学を卒業。東京教育大学や筑波大学、大東文化大学や中国の教育機関で教鞭をとり、1988年からは大東文化大学書道研究所の初代所長を勤めました。「乱」や「夢」、「まあだだよ」といった黒澤明が監督した映画のタイトルを手がけたことでも知られています。2011年、88歳にて死去。

名前:杉岡 華邨

出身地:奈良県吉野郡下北山村

20世紀を通じて活躍した書家。 奈良師範学校を卒業、辻本史邑や尾上柴舟、日比野五鳳から書を学び、奈良県立高等女子学校で書道師範として勤務するかたわら、京都大学で文学や美学を学び、仏教学者であり哲学者としても高名な久松真一から教えを受けました。専門は平安朝以降の「かな書」。日展や毎日書道展に出展し、かな書の権威としての名声を不動のものとしました。2000年に文化勲章を受章、2012年、98歳で死去。

名前:山村 龍和

出身地:奈良県生駒市

7歳から書に親しみ2000年奈良県立桜井高等学校普通課書芸コースに入学、2003年には三重大学に入学しました。卒業後の2008年、20代半ばで独立しニューヨークに滞在。その期間に女優やモデルとしても活躍中のヘイデン・パネッティーアや、現地で紅浦墨絵学校を設立する画家・山本紅浦らと親交を結びました。2011年からは、自身の書家としての20周年を記念する個展を開催。自らの書を「書アート」として、世界的に活躍しています。

名前:富本 憲吉

出身地:奈良県生駒郡安堵町

昭和期にかけて活躍した陶芸家。 幼いころから絵に親しみ、東京美術学校に在学中の1908年、「モダンデザインの父」と呼ばれるウイリアム・モリスの影響からロンドンへ留学。1910年に帰国し、一旦は会社員になるも退社、民芸運動で有名なバーナード・リーチと出会い、陶芸に興味をひかれ楽焼を制作し始めました。その後、独学で研究と研鑽に勤め、色絵磁器の技法を確立。人間国宝に認定されました。1963年、77歳で死去。

名前:脇田 宗孝

出身地:奈良県

奈良県立畝傍高等学校を経て、1965年に奈良学芸大学を卒業。5年間、伊奈製陶株式会社(イナックス)にてタイルのデザイナーとして勤務した後に、明日香村で陶芸の創作活動に入りました。一方で奈良芸術短期大学や奈良教育大学などで、後進の指導にもあたっています。また、古代陶器研究家としても知られており、飛鳥・奈良時代の陶芸の研究や復元において並ぶ者がいないとか。世界各地の陶芸についての著書や、古代陶器についての論文も多数発表しています。

名前:入江 泰吉

出身地:奈良県奈良市

昭和から平成にかけて活躍した写真家。 東大寺の旧境内で生まれ、古美術や奈良の伝統行事に近い環境で育ちました。1921年に奈良女子高等師範学校附属小学校高等科を卒業、写真をこころざしました。1930年代には写真機材店を営む一方で広告写真を手がけました。文楽人形の写真コンクールで最高賞を獲得したのもこのころです。大戦後、文化財の記録の必要性を感じ奈良の仏像を取り始め、東大寺のお水取りなども取材、奈良を写した代表的な写真家となりました。

5.奈良県で買取されたお客様の感想

お客様住所:奈良県奈良市

品名:書道用品・文房具一式

長年書道をたしなんできた祖母の遺品、中国墨や端渓硯、奈良筆など生前に色々と聞かされてはいました。しかし、その価値がわからない上に、使う人もいなくなってしまいましたので「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いすることになりました。連絡をしたところすぐに来ていただけましたし、接客態度も申し分のないもの。加えて、文房具も査定できるという、幅広い眼識を持っていらっしゃることに感心しました。書道好きの方の手に渡るといいですね。

お客様住所:奈良県生駒市

品名:滝沢眞吾 「長谷寺四季桜風景」洋画

百貨店の展示会や個展などで、奈良に関する絵を探していたところ出会った作品です。気に入っていましたが、最近、別の作品を購入しましたので「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。直射日光に当てたりはせず、状態には気を使ってきた点も高く評価してもらい、思わぬ金額を提示してもらいました。最近は絵を飾る人も増えているし、長谷寺や桜は人気のモチーフだとか。次に所有する方にも大切にしてほしいですね。

お客様住所:奈良県大和郡山市

品名:江戸期 「総梨子地本金高蒔絵螺鈿御硯箱」

どう見ても、我が家に不釣り合い。いかにも高級そうな硯箱を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。随分前から片付けたいと思っていたのですが、知っている骨董商もなく困っていたところWebで「骨董品・美術品買取コネクト」さんを知ったのです。連絡をしたところ家にまで来ていただいて、充分と思える査定額を出してくださいました。いつも気を使っていた品だけに、なんだか心の重荷も晴れた気分、とても感謝しています。

6.奈良県の人気の美術館

名前:奈良県立美術館

場所:奈良県奈良市登大路町10-6

大正から昭和期にかけて活躍した画家、版画家・吉川観方は生前より、美術品や人形などの収集家としても知られていました。そんな吉川の遺族が寄贈したコレクションを中心にして1973年に開館したのが「奈良県立美術館」。絵画ならば雪舟の作と伝わる「秋冬山水図」や曾我蕭白「美人図」など、浮世絵ならば東洲斎写楽「松本米三郎のしのぶ」や歌川広重「名所江戸百景・亀戸梅屋舗」など、数々の名画を収蔵。墨蹟では豊臣秀吉の朱印状も収蔵されているなど、ほかにも見どころはたくさんの美術館です。 近隣には、毎年恒例の正倉院展で有名な奈良国立博物館や、興福寺、春日大社など他の名所も盛りだくさん。奈良を訪れたなら、ぜひたずねてみたいスポットです。

名前:入江泰吉記念奈良市写真美術館

場所:奈良県奈良市高畑町600-1

奈良の風景や行事、仏像などを被写体に、数多くの写真を撮影し、高い評価を受けている入江泰吉は志賀直哉や小林秀雄、棟方志功らの文化人と交流を結んだことでも知られています。そんな入江の業績を記念して、急逝した年の1992年にオープンしたのが「奈良市写真美術館」、現在の「入江泰吉記念奈良市写真美術館」です。所蔵しているのは入江の全作品8万点、加えて明治期に写真のパイオニアとして、奈良の文化財を撮影したことでも知られる、工藤利三郎のガラス原版・1025点も収蔵しています。 近隣には新薬師寺や奈良公園、春日大社など名所もたくさんあり、観光には抜群な立地ながらも静かな環境というのも特筆もの。心地よさに思わず長居をしてしまいそうになる美術館です。

名前:桜井市立埋蔵文化財センター

場所:奈良県桜井市芝58-2

数々の古墳や寺院跡が点在し、中でも大規模な宮殿跡や住居跡、古墳群からなる纏向(まきむく)遺跡が注目を集めている、奈良県桜井市で発掘された数々の出土品を展示しているのが「桜井市立埋蔵文化財センター」です。 館内はそれほど広くないものの、埴輪などの土器や銅鐸などの金属器、石器など原始時代から中世までの出土品でいっぱい。中でも纏向遺跡の出土品は充実しており「メクリ地区の木製仮面」や「東田地区の孤文石」「家ツラ地区の孤文板と韓式系土器」といったものは必見。また、出土品は年代別に展示されていますから、古代人の作風の変化をたどるのも面白いもの。古代ヤマトの息吹きを間近に感じる、そんな貴重な体験ができる施設です。

7.奈良県の出張買取エリア

奈良市 / 大和高田市 / 大和郡山市 / 天理市 / 橿原市 / 桜井市 / 五條市 / 御所市 / 生駒市 / 香芝市 / 葛城市 / 宇陀市 / 山添村 / 平群町 / 三郷町 / 斑鳩町 / 安堵町 / 川西町 / 三宅町 / 田原本町 / 曽爾村 / 御杖村 / 高取町 / 明日香村 / 上牧町 / 王寺町 / 広陵町 / 河合町 / 吉野町 / 大淀町 / 下市町 / 黒滝村 / 天川村 / 野迫川村 / 十津川村 / 下北山村 / 上北山村 / 川上村 / 東吉野村 /