新潟県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.新潟県で骨董品を売りたいお客様へ

新潟県といえば「小千谷縮」や「塩沢紬」など、様々な伝統工芸で知られる地。昔から手仕事が盛んだっただけに骨董品や古美術でも高い価値を持つものが、眠っているに違いありません。例えば越後三条や越後与板の「打刃物」の祖である日本刀、そして鎧や鐙となど古くから伝わる武具はお家にありませんか? 他には「燕鎚起銅器」や銀瓶、鉄瓶といった茶道具や掛け軸、花瓶などなど「骨董品・美術品買取コネクト」にご相談ください。 また新潟県は、数々の芸術家を輩出したことでも知られています。佐々木象堂や北村四海、土田麦僊、小林古径、佐藤哲三といった新潟県ゆかりの作家たちの作品を所有していらっしゃる方。近代の絵画は美術市場でも現在、値上がり傾向にあります。「骨董品・美術品買取コネクト」ならば経験豊富な査定士が、その価値を見出します。 そして骨董品・美術品といえば、国内のものだけではありません。「骨董品・美術品買取コネクト」は中国や朝鮮、そして西欧のものも大得意。マイセンなどの磁器や、ラリックやガレといったガラス工芸はいずれも美術市場で高い人気です。「骨董品・美術品買取コネクト」なら、これらを最新の市場価値で公正に評価、高価買取でお応えいたします。査定だけでもお気軽にご利用ください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.新潟県に関連する美術作家・人物

名前:会田 誠

出身地:新潟県新潟市

新潟県立新潟南高等学校を経て、1991年に東京芸術大学退学員を修了。活動を開始したころから、センセーショナルな作風で知られ、個展で市民団体からクレームが付けられるなど、トラブルに巻き込まれる一方で、海外のオークションで作品が高額で落札されるなど、高い評価を得ています。村上隆や奈良美智などと並ぶ、日本を代表する現代芸術家といえるでしょう。代表作に「あぜ道」「戦争画RETURNS」「紐育空爆之図」など。

名前:会津 八一

出身地:新潟県新潟市

明治から昭和期にかけて活躍した歌人、書家。 少年期より万葉集などに親しみ、新潟尋常中学校を経て1900年、早稲田大学の前身の東京専門学校に入学。このころより新聞の俳句選者を務めるなどの活動を始め、卒業後は故郷の新潟で教員のかたわら、数多くの俳句を残しました。上京後、早稲田中学などで教鞭をとりつつ、1940年ごろに歌集や書画集を発行、終戦後には活動を新潟に移し、1951年には新潟市名誉市民に。新聞「新潟日報」のタイトルの揮毫でも知られています。

名前:江間 章子

出身地:新潟県上越市

昭和期に活躍した詩人、唱歌の作詞で有名。 新潟で生まれ、岩手や静岡での生活を経て、1930年に駿河台女学院に入学。1936年には詩集を発表するなど、詩人としての活動を開始しました。江間の名前が一躍有名になったのは、子どものころに目にした情景を歌詞にした「夏の思い出」を発表してから。以来「花の街」など今でも愛唱される唱歌の作詞をおこなう一方で、日本各地の校歌の作詞を数多く手がけています。2005年に91歳で死去。

名前:黒井 健

出身地:新潟県新潟市

新潟大学教育学部中等美術科を卒業、学習研究社で絵本の編集にたずさわった後に、絵本作家、イラストレータとして独立、数多くの画集や著作を世に出しています。新美南吉の童話を絵本にした「手袋を買いに」や「ごんぎつね」、そして民話「かさじぞう」は代表作。子どものころの思い出となっている人も多いでしょう。2003年に「黒井健絵本ハウス」をオープン、2010年には「新潟市立中央図書館こどもとしょかん」の名誉館長となっています。

名前:小林 古径

出身地:新潟県上越市

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 1899年に上京し梶田半古のもとで日本画を学んだ後に、大英博物館で目にした中国・古典絵画を学び、当時の線描の技術を習得、晩年まで小林の作品の特徴となりました。1935年には帝国美術院会員、1944年には東京美術学校教授。その功績をたたえて文化勲章や死後に勲二等旭日重光章を受章しています。現在、小林が東京で過ごした住宅は、新潟県上越市の高田公園に移築され、国の登録有形文化財となっています。

名前:佐藤 哲三

出身地:新潟県長岡市

大正から昭和期に活躍した洋画家。 新潟県長岡市に生まれ、間もなく新発田市へと移住。少年期より油彩画に親しみ、16歳のころには仲間たちと展覧会を開催するなど精力的に活動。1928年には国展に初入選するなど、中央でも名前を知られる存在となり、数々の賞を受賞するようになりました。しかし佐藤は生涯、育った新発田市を離れることなく、郷土に根ざした活動を展開。蒲原平野や農民をモチーフにした作品を発表し続けました。

名前:相馬 御風

出身地:新潟県糸魚川市

明治から昭和期にかけて活躍した詩人、歌人。 高田中学を経て、1906年に早稲田大学文学部哲学科を卒業。口語自由詩運動を展開しつつ、早稲田大学で教鞭をとりました。しかし、1916年には故郷へと活躍の場を移し、越後出身の江戸時代の僧・良寛や沼河比売伝説など郷土にまつわる研究や、童謡や校歌の作詞に取り組みました。相馬の作詞の中で知られているものとして童謡「春よこい」「かたつむり」、そして早稲田大学校歌があげられます。

名前:土田 麦僊

出身地:新潟県佐渡市

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 1904年に竹内栖鳳の門弟となり、1911年に京都市立絵画専門学校を卒業。文展などに出品するも、旧態依然とした日本画壇に不満を持ち仲間らと「国画創作協会」を1918に立ち上げ、日本画の革新に尽力しました。土田の画風の特徴は、日本画に西洋絵画の要素を取り入れたこと。影響を受けたルノワールやセザンヌら西洋絵画のコレクターとしても有名です。代表作は重要文化財となっている「湯女図」など。

名前:西脇 順三郎

出身地:新潟県小千谷市

大正から昭和期に活躍した詩人。 1912年、新潟県立小千谷中学校を経て慶應義塾大学に入学、西欧の文学について学び研究成果を発表。1922年に渡英し、現地でモダニズム文学やシュルレアリスムなどの洗礼を浴びました。帰国後、慶應義塾大学で教鞭をとりつつ、批評や長編詩に取り組み、戦前の日本のモダニズムといった芸術運動の中心人物となりました。その後も活発に詩作をおこない、海外でも高い評価を受けるなどして名声を確立。一方で、水墨画の作品も数多く残しています。

名前:蕗谷 虹児

出身地:新潟県阿賀野市

大正から昭和期にかけて活躍した挿絵作家。 幼いころより絵に親しむも1911年、蕗谷が12歳のときに一家は離散。丁稚奉公中に絵の才能を見出され日本画を学び、挿絵家として成功を収めました。その後フランスへ留学、現地の画壇で活躍する藤田嗣治らと交わり影響を受け帰国。しばらくは挿絵作家として活躍しましたが、1954年にアニメ制作会社・東映動画スタジオに参加、アニメ映画の監督も務めました。1987年、新潟県新発田市には「蕗谷虹児記念館」がオープンしています。

5.新潟県で買取されたお客様の感想

お客様住所:新潟県糸魚川市

品名:土田麦僊 「真筆書簡」掛け軸

曽祖父が新潟県ゆかりの土田麦僊の書簡を古書店で手に入れ、掛け軸に仕立てたものを「骨董品・美術品買取コネクト」に買取してもらいました。当方で仕立てたものだけに、価値が下がっているのではないか? と心配でしたが、充分な評価をしてもらい満足しています。また、査定士の方が郷土の偉人・土田先生のことをよくご存知だったのも買取ってもらう決め手にもなりました。やっぱり知識が豊富な方にお願いするのが、間違いがないですからね。

お客様住所:新潟県阿賀野市

品名:ドームナンシー 「香水瓶」3点

フランスへ新婚旅行にいった際に買い求めたドームナンシーの香水瓶を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。思い入れもあり大切な品物なのですが、次に託す人もいないので思い切ってお願いした次第です。少々、表面の絵付けにキズがありましたが、それでも充分な査定額だったと思っています。連絡をしてから一番に駆けつけてくれたのが「骨董品・美術品買取コネクト」さん、やっぱり信頼を集める業者さんだけに仕事も早いのですね。

お客様住所:新潟県小千谷市

品名:玉川堂、開化堂など 「茶道具」一式

お茶の教室を開いていた叔母が残した茶道具一式を「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いしました。茶碗は別の骨董商に頼んだのですが、今ひとつ査定価格には満足できませんでした。そこでWebで調べたところ「骨董品・美術品買取コネクト」を発見、残りの茶道具をまとめてお願いしたのです。なぜこの価格になったのか? という明確な説明のおかげでスッキリした気分になりました。どうせなら、全部「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いすればよかったです。

6.北海道の人気の美術館

名前:新潟市美術館

場所:新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9

2015年にリニューアルオープンした「新潟市立美術館」に収蔵されている作品は4,700点あまり。中でも注目はピカソやマグリット、エルンストら西洋美術のコレクション、中でもフランス象徴主義の代表的作家・カリエールの作品は30点と充実しており、国内有数の規模を誇ります。また、国内作家のコレクションで際立つのが草間彌生の作品85点。これらを目当てに県外から足を運ぶ人も多いことで知られる美術館です。 忘れてはならないのが横山操や阿部展也ら新潟県ゆかりの作家たち。彼らの作品を目にすることで、新潟県の別の魅力を発見することができるに違いありません。そして建物も新潟県出身の建築家・前川國男の設計によるもの、こちらも要注目です。

名前:ガラスのメルヘン美術館

場所:新潟県新潟市西蒲区角田浜1668

日本海、そして佐渡を見渡す絶好のロケーションに位置するのが「ガラスのメルヘン美術館」。繊細なバーナーワークで知られるガラス作家・松田尚子が主催し、彼女の作品を一同に集めている美術館なのですが、その魅力は作品をただ鑑賞するだけではないところ。 体験講座では30分からという短い時間で、世界にただ一つというオリジナルのアクセサリーやフィギュアなどを実際に作ることができますし、カフェテラス「ソフィア」では雄大な景色を眺めながらランチやお茶を楽しむことも可能。ショップでは、手頃な価格からそろった、ガラス工芸作品の購入までできてしまうのです。 音楽の生演奏が楽しめるなど、様々なイベントも企画される体験型の美術館。人気が高いのもうなずけますね。

名前:新潟県立近代美術館

場所:新潟県長岡市千秋3丁目278-14

信濃川のほとりにあり、花々や芝生に囲まれた長岡市民の憩いの場所「千秋が原ふるさとの森」。ここに位置する「新潟県立近代美術館」は、国内外6,000点を越えるという膨大なコレクションが見逃せないもの。国内作家では菱田春草、竹内栖鳳、下村観山、岸田劉生。海外作家ではロダンやコルヴィッツ、デューラー、モネといった、近代美術史に残る作品が、ずらりと並んだ様は壮観の一言。収蔵品は様々なテーマに沿って定期的に入れ替えられるので、何度足を運んでも飽きることはありません。 そして、見逃せないのが佐々木象堂や北村四海、土田麦僊、小林古径といった新潟県ゆかりの作家たちの作品たち。いずれ劣らぬ名品ぞろいで、時がたつのを忘れてしまいそうになる美術館です。

7.新潟県の出張買取エリア

新潟市 / 長岡市 / 三条市 / 柏崎市 / 新発田市 / 小千谷市 / 加茂市 / 十日町市 / 見附市 / 村上市 / 燕市 / 糸魚川市 / 妙高市 / 五泉市 / 上越市 / 阿賀野市 / 佐渡市 / 魚沼市 / 南魚沼市 / 胎内市 / 聖籠町 / 弥彦村 / 田上町 / 阿賀町 / 出雲崎町 / 湯沢町 / 津南町 / 刈羽村 / 関川村 / 粟島浦村 /