岡山県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.岡山県で骨董品を売りたいお客様へ

日本画の巨人・雪舟、金重陶陽によって、再興された「備前焼」や「虫明焼」、そして数多く排出される洋画家たち、岡山県は優れた芸術と深い縁で結ばれているところです。これは芸術作品に理解を見せる県民性が大きく関わっているに違いありません。それだけに、掛け軸や茶碗、絵画などお家に岡山県ゆかりの芸術家の作品を所持しているという方も多いはず。それらを探しているのが「骨董品・美術品買取コネクト」。高価買取いたしております。
また、江戸期や明治期の備前焼や虫明焼、「津山ねり天神」「郷原漆器」など工芸品や骨董も「骨董品・美術品買取コネクト」に買取らせてください。例えば蔵を壊したとか、リフォームしたとか、そんな機会に出てきた古道具の数々。これらも驚くほど価値があるというケースは多いもの。銀瓶や鉄瓶、刀剣や鎧、馬具などの骨董品や古民具も「骨董品・美術品買取コネクト」にお問い合わせください。
そして忘れてはならないのが日本以外、西洋や東洋のアンティークたち。新しいものを取り入れる気質が豊富な岡山県だけに、明治期に購入された西洋骨董なども数多く残っている物。それらの査定・買取りも「骨董品・美術品買取コネクト」は大得意。岡山県全域におうかがいします、お気軽にご利用ください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.岡山県に関連する美術作家・人物

名前:金重 陶陽

出身地:岡山県備前市

明治から昭和期にかけて活躍した陶芸家。
陶芸が身近な環境に生まれ、一生を窯や製法の革新・工夫につぎ込んだ人物。当時、他の産地の焼物におされていた備前焼の、地位と人気を回復させることに成功したので「中興の祖」と称されています。備前焼は伊勢崎淳や山本陶秀、藤原啓、藤原雄など多数の人間国宝を生み出していますが、金重が第1号。弟や長男、三男も陶芸家であり、北大路魯山人やイサム・ノグチら大勢の文化人との交流も知られています。

名前:浦上 玉堂

出身地:岡山県浅口市

江戸時代の文人画家。
武士の家系に生まれましたが、若いころより学問や詩文に凝り、35歳のころ中国伝来の琴を手入れ自身にて「玉堂琴士」と号しました。風流が過ぎたのか50歳のころに脱藩。京都へ移り住み琴詩書画にふける毎日を送りました。それ以降の作品が現在、高く評価されており、川端康成が愛蔵したという「凍雲篩雪図」は国宝に指定されています。重要文化財として「秋色半分図」「酔雲醒月図」「山水図」「五言絶句」など。

名前:堀 和平

出身地:岡山県総社市

江戸末期から明治の洋画家。
備中松山藩の御用商人「志保屋」の家に生まれ、実業家として家業を拡大。その一方で、商売のために訪れた神戸で外国人から油絵の技法を学び、画家としても活動しました。油彩とは何たるかもわかっていなかった時代だけに、作品としては未熟なものが多かったものの、岡山県に洋画をもたらした人物であることは間違いなく、後に洋画家として大成する吉富朝次郎や満谷国四郎は、堀のアトリエへしばしば通ったことで知られています。

名前:吉富 朝次郎

出身地:岡山県総社市

明治から昭和期にかけて活躍した洋画家。
岡山県洋画界の先駆けとされる堀和平の影響を受け自身も洋画の道へ進み、1890年に京都市画学校を卒業。教師として日本各地で過ごすも、1907年に帰郷。岡山県男子師範学校で美術教育に尽力しました。1931年、教員を退職した後は洋画だけでなく、南画などにも挑戦していたといわれます。1941年、74歳で死去。代表作に「牛のいる川原の風景」や「読書」など。兄の六橋は彫刻・漆芸家として知られています。

名前:満谷 国四郎

出身地:岡山県総社市

明治から昭和期にかけて活躍した洋画家。
岡山県で洋画にいち早く取り組んでいた叔父・堀和平の影響を受け、同じく堀の影響下にある吉冨朝次郎に絵を習いました。絵をこころざして17歳のころ岡山中学を中退、上京し五姓田芳柳の下で修行に取組み、名声が高まりだしたのは1900年ごろでした。1910年ごろからフランスで再び絵を学び、東洋と西洋が融和した独自の画風を完成させました。1925年には帝国美術院会員。1936年、63歳で死去。

名前:原 撫松

出身地:岡山県岡山市

明治期に活躍した洋画家。
1879年に化成小学校を卒業し、多賀清光と平野雄也の下で水彩画を学び、1881年に京都画学校に入学。1884年に苦労して卒業する図画の教員としてしばらく過ごします。1887年に岡山に戻り創作に打ち込み肖像画を習得、1896年に上京すると、伊藤博文や西園寺公望ら各界の要人の肖像画を手がけたことで知られています。後に絵の修行のためにイギリスに渡り伝統的な油彩の技法を身につけますが、1912年、47歳で死去。

名前:坂田 一男

出身地:岡山県岡山市

昭和期に活躍した洋画家。
本郷絵画研究所・川端画学校で学び、30歳を過ぎたころパリへ渡り、キュビズムの代表的な画家であるフェルナン・レジェの下で絵を学び大きな影響を受けました。1933年からは故郷の岡山にもどり抽象絵画の制作に取り組みました。ただ、中央の画壇では無名の人物だったこともあり、その業績が知られるようになったのは近年のこと。坂田の作品は、岡山県立美術館や倉敷市立美術館で目にすることができます。

名前:正宗 得三郎

出身地:岡山県備前市

明治から昭和期にかけて活躍した洋画家。
1907年、東京美術学校に入学、1909年に文展に初入選すると、1914年から渡欧しフォーヴィズムの代表的画家・アンリ・マティスらの下で本場の西洋画について学びました。後に二科会の重鎮となりましたが、戦後は自ら第二紀会を結成し活躍しました。正宗の作品の多くはアトリエが空襲にあったため、失われてしまっていますが、代表作として「河港」「チューリップ」「秋林」があげられるでしょう。

名前:赤松 麟作

出身地:岡山県津山市

明治から昭和にかけて活躍した洋画家。
看板屋を営んでいた家業を手伝ううちに油彩に目覚め1897年、東京美術学校に入学。在学中より白馬会に出品するなど早熟な所を見せ、1899年には繰り上げ卒業。展覧会への出品を続けつつ1903年まで教員として過ごしました。1904年には新聞社に挿絵画家として入社、一方で大阪に自身の画塾・赤松洋画研究所を開き、新聞社退社後は大阪市立工芸学校や関西女子美術学校などで教鞭をとりました。1953年、75歳で死去。

名前:児島 虎次郎

出身地:岡山県高梁市

明治から大正期にかけて活躍した洋画家。
1902年、東京美術学校に入学する一方で、倉敷市の実業家・大原家の奨学生となりました。1904年、繰上げ卒業をするとヨーロッパに渡り、ベルギーの美術学校を首席で卒業しています。数々の作品を残す一方で、大原家の依頼で絵の買い付けのために度々渡欧。モネやゴーギャン、ロダンといった作品を購入したことでも知られており、後の大原美術館へと発展していきます。1929年、47歳で死去。

5.岡山県で買取されたお客様の感想

お客様住所:岡山県笠岡市

品名:江戸期 「古備前偏徳利」

大阪で暮らしていた若いころに、無理をして購入した古い備前焼の徳利。素朴で飾り気がないところが大のお気に入りだったのですが、手放すかどうしようか迷っていました。そこで「骨董品・美術品買取コネクト」さんに査定をしてもらったところ、意外な高値に驚かされ、買取ってもらうことに決めまたのです。やっぱり見る人が見れば価値がわかるのだと嬉しくなった反面、少々惜しくもなったのですが、査定担当者の人柄に負けて手放すことに決めました。

お客様住所:岡山県倉敷市

品名:江戸期 総桐 「衣装箪笥」

ずいぶん昔に蔵を壊した際に出てきたものの一部です。金具には透かし彫りが入っていますし、しっかりとしたものだけに捨てられずにいましたが、家をリフォームするに当たり「骨董品・美術品買取コネクト」さんに査定をしてもらったところ、びっくりするような価格が付きました。蔵と一緒に処分した他の家具たちも、ひょっとするといい値段が就いたのではないか? と、今になって悔しい思いをしています。処分する前に「骨董品・美術品買取コネクト」さんみたいな方に見てもらうべきですね。

お客様住所:岡山県岡山市

品名:クリスチャン・ラッセン 「エンドレスドリーム」

昔、ローンを組んでまで購入したラッセンのシルクスクリーンを「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。引っ越しをして、飾るところもなくなったのがその理由。そして高値など期待していなかったにも関わらず、充分な値段をつけてくれましたから、即断で手放すことにしました。かなり無理をして購入したのですが、あんな値段がつくのですから、報われた気分はあります。シルクスクリーン1枚で家まで来てくださって、ありがとうございました。

6.岡山県の人気の美術館

名前:大原美術館

場所:岡山県倉敷市中央1丁目1-15

倉敷の実業家・大原孫三郎は、事業で得た収益を社会に還元することを考え、倉敷中央病院や労働科学研究所などを次々と設立しましたが、その一環として建てた私立の美術館が「大原美術館」。その創立は1930年、美術館自体が日本にまだ珍しい時代に、岡山県の倉敷という地方都市に、西洋美術を中心とするコレクションを目にできる施設ができたということ自体が、驚くべきことと考えることができるでしょう。
本館は岡山県出身の建築家・薬師寺主計の手による、ギリシャの古代建築を思わせるもの。他に現代美術を展示する分館や、陶芸や染色を展示する工芸館など、複数の建物で展示がおこなわれていますから、そのボリュームに圧倒されるに違いありません。

名前:いがらしゆみこ美術館

場所:岡山県倉敷市9-30

1970年代、日本の女の子の間で爆発的な人気を誇った「キャンディ・キャンディ」。人気漫画家・いがらしゆみこの代表作ですが、原画や当時のグッズなどを展示しているのが「いがらしゆみこ美術館」です。
グッズを販売するコーナーや、美術館が立地する「美観地区」を一望にできるテラス、いがらしの世界観をそのままカフェにした「カフェ・プリンセス」など、どれも話題となっていますが、70年代当時のブームを知らない子どもたちにも大人気なのが「お姫さま体験」。100着以上と豊富に用意されたドレスやウィッグ、アクセサリーを身につけて、いがらし作品の登場人物の気分を味わえる上に、予約不要という気軽さで、多くの人々を楽しませています。

名前:岡山県立美術館

場所:岡山県岡山市北区天神町8-48

岡山県にゆかりがある芸術家の作品を中心に、中世から現代までの国内外のアート作品を数多く展示しているのが「岡山県立美術館」。何といっても雪舟「山水図」や宮本武蔵「布袋図」といった、あまりにも有名な作品の実物を間近にできるというのが、うれしいところ。他にも浦上玉堂や松岡寿、原撫松らの作品が常時展示されています。
また、岡山城の天守閣を模したという、美術館の外観も注目したいところ。磁器タイルと花崗岩のコントラストが美しい対比を見せており、設計者・岡田新一の才能の一端をうかがい知ることができるでしょう。
後楽園など他の観光名所にも近い立地となっており、アクセスも便利。岡山県を訪れたならば、必ずたずねたい美術館です。

7.岡山県の出張買取エリア

岡山市 / 倉敷市 / 津山市 / 玉野市 / 笠岡市 / 井原市 / 総社市 / 高梁市 / 新見市 / 備前市 / 瀬戸内市 / 赤磐市 / 真庭市 / 美作市 / 浅口市 / 和気町 / 早島町 / 里庄町 / 矢掛町 / 新庄村 / 鏡野町 / 勝央町 / 奈義町 / 西粟倉村 / 久米南町 / 美咲町 / 吉備中央町 /