安政一朱銀(あんせいいっしゅぎん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 安政一朱銀を売りたいお客様へ

一朱銀は江戸時代末期から明治時代に流通した銀貨の一種で、一両小判の16分の1の価値です。大きく分けて3種といわれますが、その中でも字体によってさらに細かく分かれ、中には希少性の高いものもあります。値段も手ごろなので、その違いを楽しむコレクターもいます。

2. 安政一朱銀二朱銀についての解説

文政7年(1824年)から明治時代まで通用していた銀貨で、形は長方形短冊形、表面には「一朱銀」と書かれたものと「16枚で一両と交換」と書かれたものがあります。裏面は共通して「定」という刻印と「銀座常是」と書かれているのが特徴です。また縁には丸い点が飾られています。新に造られるにつれて重量が軽くなっていく傾向にあります。

3. 安政一朱銀の歴史

文政12年(1829年)に始まった「文政南鐐一朱銀」、嘉永6年(1853年)に始まった「嘉永一朱銀」、明治元年(1868年)に始まった「貨幣司一朱銀(川常)」の3種ですが、嘉永一朱銀については二種の系統があるとされ、天保一分銀派ともいえる字体と安政一分銀派ともいえる字体とに分類されています。前者を嘉永一朱銀と呼び、後者を安政一朱銀と呼ぶこともあります。前者は35種、後者は63種に分類されるなど研究が進んでいます。

4. 安政一朱銀の希少価値

「一朱銀」と書かれている「銀」の字や「朱」の字の差異によって、表面9種、裏面7種の計63種も分類がされており、中には非常に希少性の高いものも含まれます。

5.安政一朱銀の査定ポイント

状態のよいものであることはもちろん大切ですが、分類の中の希少性によっては非常に高い査定になるものもありますので、字体の差異がより重要になります。
  • 状態のよいものかどうか
  • 希少性の高い字体であるか

6. 安政一朱銀の取引相場価格

相場価格は1000円からですが、状態がよく希少性の高い字体であれば1万円近くになることもあります。希少性の特に高くないものと合わせセットで買取りや売却されることもよくあります。 yahooオークションだと、入札はないですが数千円のものが数多くありました。

7. 安政一朱銀についてのまとめ

明治時代にまで使われた古銭としては新しい部類の銀貨です。品位もあまり高くないので希少性の高いもの以外は高い査定額にはなりません。しかし値段も手ごろで、ひとつひとつの差異を自らが楽しむという意味ではコレクターの間でも人気があります。もし売却をお考えで、かつ複数枚お持ちであればセットとして持ち込むのも一案でしょう。そのときには必ず古銭専門の業者で希少性のあるなしを判断してもらうことをおすすめします。