[甲号兌換銀行券] 裏猪十円(こうごうだかんぎんこうけん うらいのしし10えん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 裏猪十円を売りたいお客様へ

日本銀行券のひとつである十円紙幣の中の1種類です。肖像画と建物の絵、裏には猪の絵がある印象的で、非常に貴重で人気がある古紙幣です。状態がきれいなままで見つかったのであれば、数十万円という価格になることもあります。

2. 裏猪十円についての解説

明治32年(1899年)に発行された10円札です。表面には和気清麻呂と護王神社の絵、裏円には猪の絵があります。この猪の絵から通称「裏猪」といわれていますが、なぜ猪かといえば、和気清麻呂は猪によって危ないところ助けられたという伝説があるからです。また停滞していた景気を勢いづかせるため猪が描かれたともいわれています。裏面には製造された年や記号が描かれており、記号によってまたさまざまな分類があります。

3. 裏猪十円の歴史

明治政府は、明治4年(1871年)に新貨条例を公布し、全国統一の通貨制度を定めました。それまでは藩内でだけ流通する藩札があり、通貨は地域によって独自のものを持っていたからです。続いて新貨条例によって全国の通貨統一を図り、それまでの両から円、銭、厘という単位にしました。このときに発行された兌換紙幣は金貨を紙幣発行の担保としています。そのひとつが裏猪十円です。

4. 裏猪十円の希少価値

1939年に通用が停止されるまで、さまざまな10円紙幣が発行され、それぞれに希少価値があります。裏猪十円については、記号が変体仮名のものと変体仮名を使い尽くした後のアラビア数字のものという書体変わりがありますが、どちらも希少価値があります。

5. 裏猪十円の買取査定ポイント

裏猪十円であるだけで十分希少性があり価値あるものですが、状態のよりよいものであれば査定額は高くなります。
  • 破れや折り目の少ない美品か

6. 裏猪十円の取引相場価格

状態によって大きく変わってきますが、最低でも5万円は期待できる取引相場となっており、状態が並程度であっても10万円ほどになる可能性があります。さらに折り目もないような非常に美しい状態のものであれば、数十万といった価格がつくこともある非常に人気の紙幣です。 yahooオークションだと、入札はないですが8万円のものがありました。

7. 太政官札についてのまとめ

高額査定がおおいに期待できる紙幣なので、もし売却をお考えであれば、適正な価格で取引ができるよう慎重に進めましょう。古銭の知識が十分な鑑定士による鑑定を受けるのはもちろんのこと、信頼のおける古銭専門の業者を選ぶのが重要です。