明治通宝(めいじつうほう )を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 明治通宝を売りたいお客様へ

通宝という名前ですが、それまでにあった銭貨ではなく紙幣です。日本で初めて西洋式印刷術を取り入れた初めての紙幣です。ドイツのナウマン社が製造したことから「ゲルマン札」とよばれ、こちらの名前でご存知の方もいるかもしれません。非常に希少価値が高く簡単には手に入れることができない貴重な紙幣です。

2. 明治通宝についての解説

1872年、明治5年に発行された紙幣で、それまでのいかにも日本的な紙幣とはデザインが大きく変わり、竜や鳳凰などの細かい絵が描かれ地模様も入った凝ったデザインで、新しい時代の到来を感じさせるものとして好意的に人々に受け入れられました。100円、50円、10円、5円、2円、1円、半円、20銭、10銭の9種類、発行されています。デザインもサイズもどれも同じということが特徴ですが、これは後に不評を買う原因になっていきます。

3. 明治通宝の歴史

明治の新政府が成立したものの戊辰戦争のために大量の軍事費の出費の必要があり、大量の紙幣が発行されていました。しかし太政官札、藩札など多種多様な紙幣が存在し、偽造も多く行われていました。近代国家へと変わることを熱望していた新政府にとって共通通貨「円」の導入、近代的紙幣の導入が必要という背景があって造られたのが明治通宝です。 近代的な方法でということで当初の計画ではイギリスに発注予定でしたが、技術提供を含めて製造したいという強い売り込みがあり、ドイツ・ナウマン社に発行を依頼しました。その印刷技術がより偽造防止に効果的との判断もあっての選択でした。こうして1870年、明治3年に9種、額面5000万円分の発注をしたのです。しかし後には、この9種がサイズもデザインもほとんど同じで使いにくかったこと、紙幣の材料である紙が日本の高温多湿の気候のためか傷みやすかったことなどが不満として挙がるようになりました。

4. 明治通宝の希少価値

もともと紙幣は傷みやすく保存状態をよく保つことは難しいものですが、明治通宝については紙が和紙ではなく洋紙だったため高温多湿の気候に合わず、明治通宝については良い状態で見つかる可能性は少ないものになっています。結果、希少価値は当然高いものです。中でも100円札と50円札はいまだマーケットに出回っていません。

5. 明治通宝の買取査定ポイント

紙幣ゆえに、状態のいいものであるかどうかは非常に重要です。加えて9種類という多さからそれぞれの希少価値は異なるので、種類がどれかということも大きな査定ポイントになります。
  • 保存状態がよく、美品であるか
  • 9種類のうちのどの紙幣か

6. 明治通宝の取引相場価格

最低でも5万円から取引されるという非常に価値ある紙幣です。マーケットに出回っていない100円札と50円札であれば数千万円にもなると噂されているほどのコレクター注目の紙幣といえるでしょう。 yahooオークションだと、入札はないですが25万円や79万円のものがありました。

7. 明治通宝の買取についてのまとめ

よりよい状態で取引できるかどうかが大事なポイントですが、紙なので経年劣化による傷みは避けられません。保存状態に気を遣うのはもちろんですが、もし売却をお考えであれば、変色などで価値を下げてしまう前に買取を依頼することをおすすめします。