盛岡銀判 八匁(もりおかぎんばん はちもんめ)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 盛岡銀判 八匁を売りたいお客様へ

銀判は簡単にいえば、地方で使用される地方通貨です。小判のような形の銀色の板もあれば、もっと切れ端的な形の銀の板もあります。形が一定でないので価値があるものとは思われにくいですが、銀判は思った以上の査定価格がつく価値ある貨幣です。

2. 盛岡銀判 八匁についての解説

中央に「八匁」の文字、その右肩には丸枠の「改」の極印、周囲には表裏と丸枠の「融」極印がそれぞれ六箇所打たれています。これは「融通」の融を意味するといわれています。また裏面の右下には「山」の極印が打たれており、「山形銀判」と呼ばれていたこともあります。表面は平らで滑らかです。重さは書かれている通りの八匁、つまり30.0gで、縦は85mm、横は54mmで、形は楕円形です。やや角張った肩の張った形であるのが特徴です。

3. 盛岡銀判 八匁の歴史

慶応4年(1868年)に発行された盛岡銀判 八匁は、花降銀とよばれる当時としては最高位の99.5%の純度だったといわれています。これはより軍事調達を有利にするためのことだといわれています。材料である銀は小坂鉱山からの銀で、盛岡呉服町の平野家で一日150枚程度生産されたのではといわれています。発行目的は盛岡藩が朝廷から会津藩追討の命を受け、仙台藩援護のための軍資金調達のためと記録には残っています。しかし明治維新直前のことであり、現存する銀判は状態の良好なものが圧倒的に多いことから、ほとんど流通しなかったものと考えられています。

4. 盛岡銀判 八匁の希少価値

銀判は多くの場合、高純度の銀であり、きれいな形で残っていることが珍しいので非常に希少性があります。現在もよい状態で残ることは非常に稀なことといえるでしょう。それだけに状態のよいものであれば高値で買取されることも多く、価値あるものとなります。

5. 盛岡銀判 八匁の買取査定ポイント

状態のよいものであるか、が一番の査定ポイントです。また大正時代から昭和の初期にかけて研究用に模造品がつくられたといわれており、まずは本物であるかの鑑定を受ける必要があります。
  • 変色や傷みのないよい保存状態か
  • 本物か

6. 盛岡銀判 八匁の取引相場価格

品位の高さから貴金属としての価値があり、さらに骨董としての価値で、高い価格が見込めます。10万円前後から中には50万円近い査定価格になるものもあります。 yahooオークションにはありませんでした。

7. 盛岡銀判 八匁についてのまとめ

幸運にも盛岡銀判 八匁がきれいな状態で銀判が見つかった場合は、それ以降の保存状態には気をつけて変色などさせないように保っておくようにしてください。自信がない場合は早々に売却を考えるのもよいでしょう。その際は、貴金属としての価値だけではなく古銭にも詳しい専門の業者にまずは鑑定依頼をすることをおすすめします。