[日華事変軍票]丙号1円(にっかじへんぐんひょう へいごう1えん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 丙号1円を売りたいお客様へ

昭和12年の日華事変のときに発行された軍用手票である丙号1円は、乙号と同じく日本銀行兌換券を補正し発行したものです。占領地でのみ効力を発揮する軍票は、敗戦となった場合は紙幣として価値がなくなりますが、歴史的には貴重な資料ともいえます。

2. 丙号1円についての解説

日華事変関係の軍票は昭和20年までの約8年間に発行された甲号、乙号、丙号、丁号、戊号など多種多様なものが発行され、その中のひとつに丙号1円があります。今でいう手形のようなものですが、敗戦となった場合は価値がなくなるものにもかかわらず、かなりの流通量がありました。占領地での駐留時、軍の物資調達や給料の支払いなどの経費を補うために使われていました。 丙号1円は日本銀行兌換券に補正を入れ使用しました。サイズは縦85mm、横145mmです。

3. 丙号1円の歴史

昭和6年(1931年)の満州事変を契機に独走し始めた軍部は治安の維持を口実に中国へと兵を進め、昭和12年に日華事変が勃発しました。丙号1円はその戦争の際に物資調達や給料支払いの補助紙幣として使われたと考えられています。本国の貨幣経済とは別に発行可能な軍票の流通量はかなり多く、乙号1円と丙号1円の流通量だけでも2200万枚ありました。

4. 丙号1円の希少価値

流通量が多かったことため、残念ながら希少性はあまり高くありません。

5. 丙号1円の買取査定ポイント

状態がよいものであれば1000円以上になる可能性があり、未使用であれば3000円ほどになる可能性があります。歴史的観点からみれば貴重で価値あるものですが流通量が多かったためか高値での査定は期待できないでしょう。
  • 保存状態のよいものかどうか
  • 未使用のものであるか

6. 丙号1円の取引相場価格

美品で1000円を超えるか超えないか程度で、未使用でも5000円にまでいくのも困難といった相場価格です。状態のよくないものであれば、売却するのも難しいかもしれません。この相場は他の丙号5円、丙号10円であればさらに低いものになります。 yahooオークションだと、まとめての取引が多くみられますが、1枚のものは5000円のものがありました。

7. 丙号1円についてのまとめ

歴史的な観点からみれば、日華事変の際の経済状況を知る貴重な資料なのですが、古紙幣と言う意味では流通量が多かったため高い相場で売却するのは難しいものです。が、戦争を肌で感じることができる資料として大事に保管されるとよいでしょう。もし売却をお考えであれば、状態のよいものに限って、古銭専門の業者に持ち込まれることをおすすめします。