[日本銀行券A号]二宮1円(にほんぎんこうけんえーごう にのみや1円)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 二宮1円を売りたいお客様へ

薪を背負い勉学に励んでいる像で有名な二宮尊徳が描かれた1円札はA号券とよばれる日本銀行券です。戦争が終わってすぐに造られたものですが、今現在も使用可能です。発行期間は約12年ですが、非常に流通量の多かった紙幣になります。

2. 二宮1円についての解説

昭和21年(1946年)に発行された紙幣です。表には二宮尊徳の肖像と朝を告げる雄鶏が描かれています。裏には青いインクで模様が描かれていますが、透かしはほどこされていません。サイズは縦68mm、横124mmです。

3. 二宮1円の歴史

1円札にはついては4種類あり、明治18年に発行された通称「大黒札」、明治22年に発行された「改造1円券」、昭和18年に発行された「い号券」、そしてこの二宮1円券です。大黒札は強度のために用いられたこんにゃく粉のためにネズミや虫の食害がひどく不評で、それが改造された1円券とともに銀との交換ができる兌換券でした。い号券は戦時中に造られたのでコスト削減から粗い造りになっており、二宮1円については戦後に造られたもので、デザインも民間によるもの、印刷も大日本印刷や凸版印刷などの民間企業がしました。

4. 二宮1円の希少価値

流通量が多かったため、希少価値は決して高くありません。が、俗にいうエラーのものや通し番号が特殊なものについては、査定価格が上がることもあります。

5. 二宮1円の買取査定ポイント

未使用もしくはかなり状態のよいものであること、番号に特殊性があること、製造過程でのエラーがあるかどうかが高額査定のポイントになります。
  • 保存状態がよいものであるか
  • 珍しい番号であるか
  • 製造上のエラーがみられるか

6. 岩倉旧500円の取引相場価格

未使用であれば千円で取引されますが、通常は数百円といったところです。あとは一桁台の番号であったり、エラーがあったりすれば思いがけない価格になることもありますが、印刷ミスの場合はただのゴミなのかどうか素人での判断は難しいものです。 yahooオークションだと、束で出ていることが多く、1000枚で95万円というものがありました。100枚束で5万円もあります。

7. 二宮1円についてのまとめ

新しめの紙幣であること、流通量が多かったことから、高い査定価格は望めませんが、番号が特殊であったり、印刷のずれがあったりということであれば、通常よりも高い価格で取引できる場合もあります。お持ちの方はぜひ確認してみてください。もし売却をお考えであれば、古銭の取引がより多い専門の業者に、他のものとあわせてもち込まれてはいかがでしょうか。